トップ > カルチャー >  海外 >

パイプラインによってエネルギー資源の武器化を戦略とした大国ロシア 画像:123RF

まっぷるトラベルガイド編集部

更新日: 2024年6月27日

パイプラインによってエネルギー資源の武器化を戦略とした大国ロシア

ロシアは2020年における天然ガス産出量、原油生産量とも世界第2位の資源大国です。
中東の石油大国になぞらえ、「北のサウジアラビア」といわれることさえあります。
近年のロシアは、その豊富なエネルギー資源を〝武器〞にするという外交戦略を展開し、影響力を高めてきました。

ソ連は軍事力、ロシアはパイプラインが資源

冷戦時代のソ連は、圧倒的な軍事力をもって周囲の共産主義国を従え、アメリカ率いる西側の自由主義陣営に対抗していました。そしてアメリカと核開発競争を繰り広げ、1980年代半ばのピーク時には核弾頭の備蓄量が4万発を超えていたとみられています。

しかし、東側陣営の共産主義体制は失敗し、盟主たるソ連は1991年に崩壊してしまいます。後継国のロシアに資本主義が導入されますが、経済は停滞したままで、うまくはいきませんでした。

そうしたなか、2000年にロシアの大統領になったプーチンは超大国ロシアの復活を掲げ、強権を発動。広大な国土に埋蔵されている原油や天然ガスに目をつけ、その武器化を進めたのです。

1 2

記事をシェア

※掲載の情報は取材時点のものです。お出かけの際は事前に最新の情報をご確認ください。

まっぷるトラベルガイド編集部は、旅やおでかけが大好きな人間が集まっています。
皆様に旅やおでかけの楽しさ、その土地ならではの魅力をお伝えすることを目標に、スタッフ自らの体験や、旅のプロ・専門家への取材をもとにしたおすすめスポットや旅行プラン、旅行の予備知識など信頼できる情報を発信してまいります!

エリア

トップ > カルチャー >  海外 >

この記事に関連するタグ