フリーワード検索

トップ > カルチャー > 

ルイス・ソテロについて

スペイン人宣教師。日本におけるフランシスコ会宣教活動の中心人物。1603年に来日し、徳川家康・秀忠に謁見。日本での布教に従事し、伊達政宗の知遇を得る。秀忠による江戸のキリシタン迫害で死刑を宣告されるが、政宗の嘆願で刑を免れた。政宗の慶長遣欧使節として、支倉常長に同行。日本に戻る際、日本はすでにキリスト教禁制下にあったが、薩摩に潜入。ただちに逮捕され、2年後長崎で火刑により殉教。

ルイス・ソテロの文化、歴史、地理に関する記事

1件を表示 / 全 1件

慶長遣欧使節団を派遣した伊達政宗はスペインとの貿易を目論む

徳川幕府の統治体制が整ったころ、伊達政宗はまたも動き出しました。 目指した先は国内ではなく、ヨーロッパ。 遣欧使節団を編成してイスパニアへ送ったのです。...