>  >  >  >  >  >  【御岳山】奥多摩のパワースポットへハイキング!

【御岳山】奥多摩のパワースポットへハイキング!

【御岳山】奥多摩のパワースポットへハイキング!

関東有数の霊山・御岳山をめぐる全長約5kmのコース。山頂にたたずむ武蔵御嶽神社や岩と清流が美しいロックガーデンなど見どころが多く、ケーブルカーで気軽に登れることから、一年を通して登山客が絶えることがない。

アクセス

御岳登山鉄道ケーブルカー滝本駅

鉄道
新宿駅からJR中央線・青梅線快速で青梅駅まで1時間。奥多摩行きに乗り換え、御嶽駅まで18分。御嶽駅から西東京バスでケーブル下バス停まで10分。下車後、滝本駅へは徒歩5分。


八王子ICから国道16号・新青海街道・国道411号などを経由して28km。駐車場は滝本駅に隣接してあるほか、JR御嶽駅の周辺でも利用できる。

御岳登山鉄道ケーブルカー

ふもとから山腹へ、6分で結ぶ

滝本駅~御岳山駅を運行。山頂には武蔵御嶽神社が鎮座し、登山者には沢歩きができるロックガーデンが人気。御岳山駅の展望広場からは関東平野を一望。

御岳登山鉄道ケーブルカー

スタートは急勾配を上るケーブルカーから

御岳登山鉄道

住所
東京都青梅市御岳2丁目483
交通
JR青梅線御嶽駅から西東京バスケーブル下行きで10分、終点下車、徒歩5分
営業期間
通年
営業時間
7:30~18:30(閉館)
休業日
無休
料金
片道=大人590円、小人300円/往復=大人1110円、小人560円/(障がい者手帳持参で大人往復570円、片道300円、小人往復290円、片道150円)

コースガイド

滝本駅から御岳山駅へはケーブルカーで約5分。1時間に2〜4本が運行している。御岳山駅からは、参道を歩いて武蔵御嶽神社へ。参拝を済ませたらロックガーデンを歩き、清流と奇岩がつくる自然のアートを観賞。さらに、日の出山まで足を延ばし、つるつる温泉で疲れを癒すのもおすすめ。

コースマップ (「山と高原地図ホーダイ」で作成)

御岳ビジターセンター

まずは登山情報を入手しておこう

登山や自然の情報などが入手できる。ムササビ観察会など定期的に自然教室を開催。

御岳ビジターセンター

御岳ビジターセンター

住所
東京都青梅市御岳山38-5
交通
JR青梅線御嶽駅から西東京バスケーブル下行きで10分、終点で御岳登山鉄道ケーブルカーに乗り換えて6分、終点下車、徒歩10分
営業期間
通年
営業時間
9:00~16:30
休業日
月曜、祝日の場合は翌日休(12月29日~翌1月3日休)
料金
無料

神代ケヤキ

推定樹齢は1000年!

ビジターセンターから15分ほど進んだところにそびえる樹高30m、幹回り8.5mの国の天然記念物。

神代ケヤキ

根本部分には洞ができている

神代ケヤキ

住所
東京都青梅市御岳山145
交通
JR青梅線御嶽駅から西東京バスケーブル下行きで10分、終点で御岳登山鉄道ケーブルカーに乗り換えて6分、終点下車、徒歩25分
営業期間
通年
営業時間
見学自由
休業日
情報なし
料金
情報なし

武蔵御嶽神社

関東平野を一望する古社

御岳山の山頂にある神社で、山岳信仰有数の聖地として知られる。狼(おいぬ様)がさまざまな災いから人々を守るとされ、犬連れの参拝者も多い。

武蔵御嶽神社

厄除け、延命などのご利益あり

武蔵御嶽神社

社務所に立ち寄りおみくじも忘れずに

武蔵御嶽神社

check!
関東屈指のパワースポット

武蔵御嶽神社宝物殿

住所
東京都青梅市御岳山176
交通
JR青梅線御嶽駅から西東京バスケーブル下行きで10分、終点で御岳登山鉄道ケーブルカーに乗り換えて6分、終点下車、徒歩25分
営業期間
通年
営業時間
9:30~15:30(閉館16:00)
休業日
月~金曜、祝日の場合は開館(盆時期・紅葉時期・年始は開館、要問合せ)
料金
宝物殿=大人500円、小人300円/(10名以上の団体は割引あり)

長尾平

多摩地域を一望

武蔵御嶽神社から10分ほどの長尾平は休憩スポットに最適。眺めのいいテーブルとベンチでお弁当にもぴったり。

長尾平

晴れていれば、美しい山並みが一望できる

長尾平

check!
ビューポイントはココ!!

七代の滝

マイナスイオンたっぷり

長尾平から急坂を30分ほど下ったところにある、落差50mの大小8つの滝の集まり。下から4段目の滝がここで見られる。

七代の滝

目の前に小さな滝が

天狗岩

鎖を頼りに岩の上へ

鉄のはしごとロープがかかる急坂を上った先にある天狗岩。木の根に覆われた巨岩には鎖を伝って登ることができる。

天狗岩

クライミング気分が味わえる岩。岩の上には天狗の銅像が鎮座

筆者:まっぷるマガジン

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。

この記事に関連するタグ

エリア

 >  >  >  >  >  > 
×