>  >  >  >  > 

【奥多摩】で人気!おすすめの観光・グルメスポット

まっぷるマガジン

更新日:2019年3月16日

この記事をシェアしよう!

【奥多摩】で人気!おすすめの観光・グルメスポット

JR青梅線の終着駅、奥多摩駅から奥多摩湖、日原鍾乳洞にかけて広がる東京の北西端エリア。

奥多摩ビジターセンター

奥多摩の魅力を知る

奥多摩の自然や動植物について、ジオラマやパネル、スライドの上映などでわかりやすく展示している。また、周辺のハイキング・登山ルートの最新情報の提供やアドバイスもしてくれる。

奥多摩ビジターセンター

自然観察のアドバイスなども受けることができる

奥多摩ビジターセンター

住所
東京都西多摩郡奥多摩町氷川171-1
交通
JR青梅線奥多摩駅からすぐ
料金
無料

日原鍾乳洞

幻想的で美麗な大自然の神秘を見る

日原川の支流、小川谷の左岸にある全長約1270mの鍾乳洞。白衣観音、金剛杖、地獄谷などと名付けられた数々の奇岩をはじめ、数十万年の歳月が形づくった自然の造形美を楽しめる。見学時間は歩いて40分ほど。

日原鍾乳洞

関東最大級の鍾乳洞。ひんやりとした洞内の平均気温は11度ほど

日原鍾乳洞

住所
東京都西多摩郡奥多摩町日原1052
交通
JR青梅線奥多摩駅から西東京バス鍾乳洞行きで35分、終点下車、徒歩5分(土・日曜、祝日は東日原行きで30分、終点下車、徒歩25分)
料金
大人700円、中学生500円、小学生400円(団体割引あり)

奥多摩水と緑のふれあい館

奥多摩の自然や歴史が学べる

水と緑をテーマにした展示や3Dシアターがある見学施設。奥多摩の歴史民俗資料も展示されている。奥多摩の名産品を販売するショップ、レストランもある。

奥多摩水と緑のふれあい館

奥多摩の自然が丸わかり

奥多摩水と緑のふれあい館

住所
東京都西多摩郡奥多摩町原5
交通
JR青梅線奥多摩駅から西東京バス奥多摩湖方面行きで16分、奥多摩湖下車すぐ
料金
無料

陣屋

湖畔で地元の味覚を味わう

手打ちそばはもちろん、つゆも自家製で味わい深い。刺身こんにゃくや山菜料理などは、すべて自然の素材にこだわったもの。そば定食や、やまめの塩焼きなども味わえる。

陣屋

香り高いそばをたっぷり楽しめる

陣屋

住所
東京都西多摩郡奥多摩町川野709
交通
中央自動車道八王子ICから国道411号を奥多摩方面へ車で80km
料金
そば定食=1450円/ヤマメ山菜定食=1600円/ざるそば=800円/

百尋の滝

奥多摩を代表する迫力ある滝

川苔谷沿いの川苔林道の奥に位置する、奥多摩を代表する名瀑のひとつ。水量も豊富で迫力があり、滝の落差は約40m。水のしぶきを受けて輝く緑が美しい。

百尋の滝

周辺は「水源の森百選」に選定

百尋ノ滝

住所
東京都西多摩郡奥多摩町
交通
JR青梅線奥多摩駅から西東京バス鍾乳洞行きまたは東日原行きで15分、川乗橋下車、徒歩1時間30分
料金
情報なし

農家へムロック

自慢の創作カレーなどがランチで人気

山登りが趣味の主人が切り盛りする、ロッジ風の店。7種類のスパイスと隠し味にココアとバナナを使ったカレー、半熟玉子で包むオムライスはランチにのみ登場。夜は居酒屋に切り替わる。

農家へムロック

奥多摩むかしみちの近くに建つ

農家ヘムロック

住所
東京都西多摩郡奥多摩町氷川1389
交通
JR青梅線奥多摩駅から徒歩4分
料金
とろとろオムライス=750円/じっくり煮込んだカレー=700円/日替わりランチ(月~金曜、11:30~13:30のみ)=700円/新潟地酒(八海山、久保田、雪中梅、越乃景虎、〆張鶴等、各1合)=500~700円/

Cafe Kuala

氷川キャンプ場にある人気カフェ

奥多摩駅すぐそばのキャンプ場内にある一軒家カフェ。奥多摩でしか採れない幻のじゃがいも「治助」など地元食材を使ったこだわりメニューがそろう。

Cafe Kuala

治助芋の野菜カレー900円。スタッフ自ら畑で育てたじゃがいもを使用

森のカフェ クアラ

住所
東京都西多摩郡奥多摩町氷川702氷川キャンプ場内
交通
JR青梅線奥多摩駅からすぐ
料金
治助芋の野菜カレー=900円/コーヒー=500円/

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください