コツまでわかる国内観光旅行情報サイト|マップルトラベルガイドコツまでわかる国内観光旅行情報サイト

×

 >  >  >  >  >  >  宮崎【霧島神宮】南九州随一のパワースポット!

宮崎【霧島神宮】南九州随一のパワースポット!

by mapple

更新日:2018年2月15日

天孫降臨神話に登場する神々を祀る霧島神宮は、千数百年の歴史をもつ、南九州随一の強力パワースポット。聖なる地の参拝は、心身ともにご利益のある活力を得ることができると評判が高い。

国づくりの神、瓊瓊杵尊が降り立った地

霧島神宮は、天照大神から国づくりの命を受けた瓊瓊杵尊を祀る由緒ある古社。かつては瓊瓊杵尊が天上界の高天原から降り立った「天孫降臨」の地とされる高千穂峰と御鉢(噴火口)の間に鎮座していたが、霧島山の噴火による焼失と再建を繰り返したすえ、文明16(1484)年に現在地に移った。通常は一柱、二柱の神様を祀ることが多いが、霧島神宮は瓊瓊杵尊を主祭神に、七柱の神様を祀ることから、より強力なスピリチュアルパワーが期待できそうだ。

こんなご利益あり
●国家安泰●家内安全●商売繁盛●道開き●縁結び●恋愛成就●交通安全●心願成就

境内の一角に立つ、徳富蘇峰による「神聖降臨之詩碑」

七柱の神様を祀っているだけにご利益も多彩

ここでパワーチャージ

さざれ石
日本の国家『君が代』で歌われるさざれ石。長い年月をかけて小石が一つの大きな岩の塊に変化したもので、神霊が宿るといわれる。

オガタマの木
巫女が持つ神楽鈴の原型になったといわれる木。古くから神霊を招く木とされ、一部のスピリチュアリストは、強烈なパワースポットと公言している。

ご神木
社殿のすぐそばにある杉のご神木は、この地に霧島神宮が移ってくるよりはるか昔の800年ほど前から立つ老木。高さ38m、幹まわり7.3mで、南九州の杉の祖先といわれる。

亀石
境内の裏手の急な下り坂の途中にある。霧島七不思議の一つに数えられるカメにそっくりな石で、神との約束を破ったカメが石にされたとの言い伝えが残る。

アイテム

九面守
霧島神宮の宝物である九つの面にちなむお守り。赤い面は道開きや旅行安全、白い面は厄よけ、開運、出世、青の面は心身健全や学業成就、緑の面は病気平癒、家内安全、芸術優秀にご利益があるとされる。1個800円。

アクション

大鳥居
一の鳥居は、高さ22.4m、柱間16mの西日本一の大きさを誇る「大鳥居」。ここから霧島神宮の神域となる。神様の通り道である中央(正中)を避け、脱帽、一礼してくぐろう。

勅使殿
参拝は、拝殿手前の勅使殿にて。高千穂峰山頂に向かって手前から、勅使殿、登廊下、拝殿、幣殿、本殿と配され、社殿から少し離れて眺めると、背景の山並みと調和して壮麗で、格調高い。

霧島市観光案内所

霧島の観光情報はここで!
霧島神宮の大鳥居のすぐ横に、観光案内所がある。観光案内はもちろん、レンタル和服、観光音声ガイドシステムの貸し出し、クロスバイクのレンタルなども受け付けている。駐車場の中には足湯もあり、幅広く利用することができる。

足湯の利用は無料。タオルが必要な場合は1枚150円で販売している

筆者:mapple

まっぷる宮崎 高千穂 日南・霧島’18

発売日:2017年11月13日

Amazonで購入する

この記事の出典元は「まっぷる宮崎 高千穂 日南・霧島’18」です。掲載した内容は、2017年5~9月の取材・調査によるものです。飲食店メニュー、商品内容や料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される可能性があります。ご利用の際には、改めて事前にご確認ください。

エリア

 >  >  >  >  >  > 

オススメの記事

×
×