トップ > 九州・沖縄 > 鹿児島・宮崎 > 高千穂・延岡 > 日向・美々津 > 美々津 > 

宮崎【美々津】京風の町並みが旅情を誘う

クロス編集事務所

更新日:2022年2月16日

この記事をシェアしよう!

宮崎【美々津】京風の町並みが旅情を誘う

日向市街地から車で20分! 美々津は、江戸時代から明治、大正時代にかけて京阪神との交易拠点として栄え、廻船問屋や商家が軒を連ねていた港町。「美々津千軒」と称された風情ある建物や資料を見ることができる。

美々津へのアクセス
バス
日向市駅からJR日豊本線で15分、美々津駅下車。美々津駅から市営南部ぷらっとバスで6分、立縫の里下車


東九州自動車道日向ICから国道10号で約9km

日向市歴史民俗資料館

旧廻船問屋の建物と資料を公開
建物は、江戸時代の廻船問屋「河内屋」の家屋を復元したもの。収蔵品は大きく考古、歴史、民俗分野に分かれ、河内屋に伝わる古文書や掛軸、民具類などが並ぶ。

日向市歴史民俗資料館

敷地内には築山に景石を並べた中庭がある

日向市歴史民俗資料館

住所
宮崎県日向市美々津町中町3244
交通
JR日豊本線美々津駅から南部ぷらっとバス日向市駅東口行きで6分、立縫の里下車すぐ
料金
大人210円、小人100円

美々津まちなみセンター

白壁土蔵の商家でひと休み
明治時代の小売商「藤屋」を利用した休憩施設。館内では郷土菓子の「お船出だんご」をはじめ菓子や特産品を販売する。

美々津まちなみセンター

神武天皇のお船出
およそ2700年前、神武天皇の船出の際に献上したと伝えられる「お船出だんご」は、美々津の名物として現在も親しまれている

美々津まちなみセンター

住所
宮崎県日向市美々津町3331
交通
JR日豊本線美々津駅から南部ぷらっとバス日向市駅東口行きで6分、立縫の里下車すぐ
料金
入館料=無料/お船出だんご=550円(8個入り)/

立磐神社

神武天皇伝説が残る古社
美々津は、神武天皇が東征に出港されたと伝わる地。境内には神武天皇が腰かけ軍の指揮をとったといわれる「神武天皇御腰掛之磐」や樹齢300年から400年の楠のご神木がある。

立磐神社

御朱印などは神社から歩いて5 分ほどの橋口氏庭園で受け付けている

立磐神社

玉垣がめぐらされた「神武天皇御腰掛之磐」

立磐神社

住所
宮崎県日向市美々津町3419

会社創立は平成元年。以来、『まっぷるマガジン』『ことりっぷ』などなど、福岡市の編集プロダクションとしての立地を生かし、見どころ、グルメ、温泉、宿など九州一円の観光情報誌の制作にかかわってきました。
これからも、これまで培ってきたノウハウを存分に発揮して、個性あふれる九州の魅力と元気のよさを多くの方々に伝えていきたいと思います!

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください