コツまでわかる国内観光旅行情報サイト|マップルトラベルガイドコツまでわかる国内観光旅行情報サイト

×

 >  >  >  >  >  【阿蘇神社】パワースポット!お参り&門前町グルメ!

【阿蘇神社】パワースポット!お参り&門前町グルメ!

by mapple

更新日:2018年10月15日

阿蘇神社は、阿蘇を開拓したといわれる神様が祀られるパワースポット。神社の門前町は、そこかしこに名水が湧き、食事処やみやげ店が軒を連ねる。神社で運気アップを祈願したら、美味しいご当地グルメやスイーツでさらに元気をチャージしちゃおう!

阿蘇神社(旧官幣大社)

阿蘇の神様にごあいさつ

阿蘇開拓の祖神である健磐龍命(たけいわたつのみこと)をはじめ、12神を祀る神社。日本三大楼門のひとつであった巨大な楼門が熊本地震で倒壊、7年後の再建を目指して工事が進められている。

木製の鳥居をくぐって右手に手舎水、左手に社殿がある

おみくじ
境内には幸福おみくじのほかに、糸みくじや扇子おみくじなどがある。
初穂料は100〜300円

仮拝殿
地震で拝殿が倒壊してしまったため、現在は仮拝殿で祈祷などを行っている。
2016年7月に完成した

神の泉
神社の入り口に湧き出る手水。不老長寿の水とされ、持ち帰る人も多い。
勢いよく湧き水が出る

阿蘇の神様

阿蘇を開拓したといわれる神様が祀られている。旅の前にあいさつをと祈願に訪れる人も多い。

珍しい横参道

参道の南に阿蘇山火口、北には国造神社が位置するといわれる、全国でも珍しい横参道も特徴のひとつ。

日本三大楼門

茨城県の鹿島神宮、福岡県の筥崎宮とともに日本三大楼門といわれていた。7年後の復旧を目指している。

女学院跡

阿蘇神社から徒歩5分ほどにある、明治初期に創設された洋裁女学院の跡地。近年、その建物をリノベーションしたカフェや雑貨店が人気を集めている。

Café Tien Tien

明治期の校舎が欧風カフェに変身

店内にはオーナーがフランスで仕入れた雑貨や家具などが並ぶ。メニューは野菜を中心としたプレートランチやスイーツ。カフェオレボウルで飲むコーヒーも人気だ。

店内はオーナーが自ら改装したもの

カフェメニューでも登場するカフェオレボウル(7200円)

北風商店

ファニーなキャラクターたちがお出迎え

木彫り人形や手彫りのハンコなど、キタカゼパンチの作品を中心に販売。手書きのイラストをモチーフにした作品は、味わいがあるものばかり。

オリジナルの作品は、季節ごとに変化する

手作り感あふれる木彫り人形(5000円〜)

動物や人が描かれた手ぬぐい(1100円〜)

門前町

阿蘇とり宮

名物の揚げたて”馬ロッケ”

ホクホクのジャガイモで馬肉を包んだ馬ロッケと、鶏肉とおから、野菜が入る畑のメンチカツが名物。

店の前にあるベンチや店内で食べられる

(左)畑のメンチカツ(180円)
(右)馬ロッケ(180円)は約3時間煮込んだ馬肉が入る

阿蘇お菓子工房たのや

素材の持ち味を生かしたスイーツ

厳選した素材で作る洋菓子が並ぶ。素材に応じて食感を計算して作られたスイーツは、絶妙な口どけ。

名物のたのシューが看板の目印

イチゴの甘さを生かした適度な甘さのいちごタルト(389円)

溶けるようにやわらかいマカロン(1個130円)

etu

懐かしさいっぱいのレトロ雑貨に会える

阿蘇神社横の通りにある古い建物を利用した店。昭和期の器や家具をはじめ、ギャラリースペースには作家の作品も並ぶ。

昭和40年代のカップ&ソーサ(700円)

ほどよい使用感が味のあるバスケット(1300円)

店内にはレトロ感漂うアイテムが並んでいる

筆者:mapple

まっぷる熊本・阿蘇 黒川温泉・天草’19

発売日:2018年04月19日

Amazonで購入する

エリア

 >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

×
×