トップ >  九州・沖縄 > 阿蘇・熊本・大分 > 阿蘇・くじゅう > 阿蘇・内牧 > 

熊本【阿蘇神社】パワースポット観光! お参り&門前町グルメ!

まっぷるマガジン編集部

更新日: 2021年5月20日

この記事をシェアしよう!

熊本【阿蘇神社】パワースポット観光! お参り&門前町グルメ!

阿蘇神社は、阿蘇を開拓したといわれる神様が祀られるパワースポット。神社の門前町は、そこかしこに名水が湧き、食事処やみやげ店が軒を連ねる。神社で運気アップを祈願したら、美味しいご当地グルメやスイーツでさらに元気をチャージしちゃおう!

【熊本】阿蘇の神様にごあいさつ「阿蘇神社(旧官幣大社)」

阿蘇開拓の祖神である健磐龍命(たけいわたつのみこと)をはじめ、12神を祀る神社。日本三大楼門のひとつであった巨大な楼門が熊本地震で倒壊、7年後の再建を目指して工事が進められている。

【熊本】阿蘇の神様にごあいさつ「阿蘇神社(旧官幣大社)」

木製の鳥居をくぐって右手に手舎水、左手に社殿がある

【熊本】阿蘇の神様にごあいさつ「阿蘇神社(旧官幣大社)」

おみくじ
境内には幸福おみくじのほかに、糸みくじや扇子おみくじなどがある。
初穂料は100〜300円

【熊本】阿蘇の神様にごあいさつ「阿蘇神社(旧官幣大社)」

仮拝殿
地震で拝殿が倒壊してしまったため、現在は仮拝殿で祈祷などを行っている。
2016年7月に完成した

【熊本】阿蘇の神様にごあいさつ「阿蘇神社(旧官幣大社)」

神の泉
神社の入り口に湧き出る手水。不老長寿の水とされ、持ち帰る人も多い。
勢いよく湧き水が出る

阿蘇の神様

阿蘇を開拓したといわれる神様が祀られている。旅の前にあいさつをと祈願に訪れる人も多い。

阿蘇の神様

珍しい横参道

参道の南に阿蘇山火口、北には国造神社が位置するといわれる、全国でも珍しい横参道も特徴のひとつ。

珍しい横参道

日本三大楼門

茨城県の鹿島神宮、福岡県の筥崎宮とともに日本三大楼門といわれていた。7年後の復旧を目指している。

日本三大楼門

阿蘇神社(旧官幣大社)

住所
熊本県阿蘇市一の宮町宮地3083-1
交通
JR豊肥本線宮地駅から徒歩15分
料金
参拝料=無料/幸福おみくじ=100円/恋みくじ(初穂料)=300円/勝守(初穂料)=500円/えんむすび御守(初穂料)=500円/

【熊本】女学院跡

阿蘇神社から徒歩5分ほどにある、明治初期に創設された洋裁女学院の跡地。近年、その建物をリノベーションしたカフェや雑貨店が人気を集めている。

【熊本・女学院跡】明治期の校舎が欧風カフェに変身「Café Tien Tien」

店内にはオーナーがフランスで仕入れた雑貨や家具などが並ぶ。メニューは野菜を中心としたプレートランチやスイーツ。カフェオレボウルで飲むコーヒーも人気だ。

【熊本・女学院跡】明治期の校舎が欧風カフェに変身「Café Tien Tien」

店内はオーナーが自ら改装したもの

【熊本・女学院跡】明治期の校舎が欧風カフェに変身「Café Tien Tien」

カフェメニューでも登場するカフェオレボウル(7200円)

Cafe Tien Tien

住所
熊本県阿蘇市一の宮町宮地3204
交通
JR豊肥本線宮地駅から産交バス道尻・内牧経由阿蘇駅前行きで7分、宮地中央下車、徒歩5分
料金
カフェオレボウル=7200円/

【熊本・女学院跡】ファニーなキャラクターたちがお出迎え「北風商店」

木彫り人形や手彫りのハンコなど、キタカゼパンチの作品を中心に販売。手書きのイラストをモチーフにした作品は、味わいがあるものばかり。

【熊本・女学院跡】ファニーなキャラクターたちがお出迎え「北風商店」

オリジナルの作品は、季節ごとに変化する

【熊本・女学院跡】ファニーなキャラクターたちがお出迎え「北風商店」

手作り感あふれる木彫り人形(5000円〜)

【熊本・女学院跡】ファニーなキャラクターたちがお出迎え「北風商店」

動物や人が描かれた手ぬぐい(1100円〜)

北風商店

住所
熊本県阿蘇市一の宮町宮地3204旧女学校跡
交通
JR豊肥本線宮地駅から徒歩15分
料金
木彫り人形=5500円~/手ぬぐい=1300円~/ポストカード=170円/ハンコでひと言集=800円/ハンコ=800円~/ポチ袋=450円/Tシャツ=3500円~/

【熊本】門前町

【熊本・門前町】名物の揚げたて"馬ロッケ"「阿蘇とり宮」

ホクホクのジャガイモで馬肉を包んだ馬ロッケと、鶏肉とおから、野菜が入る畑のメンチカツが名物。

【熊本・門前町】名物の揚げたて

店の前にあるベンチや店内で食べられる

【熊本・門前町】名物の揚げたて

(左)畑のメンチカツ(180円)
(右)馬ロッケ(180円)は約3時間煮込んだ馬肉が入る

阿蘇とり宮

住所
熊本県阿蘇市一の宮町宮地3092-2
交通
JR豊肥本線宮地駅から徒歩10分
料金
馬ロッケ=180円/畑のメンチカツ=180円/

【熊本・門前町】素材の持ち味を生かしたスイーツ「阿蘇お菓子工房たのや」

厳選した素材で作る洋菓子が並ぶ。素材に応じて食感を計算して作られたスイーツは、絶妙な口どけ。

【熊本・門前町】素材の持ち味を生かしたスイーツ「阿蘇お菓子工房たのや」

名物のたのシューが看板の目印

【熊本・門前町】素材の持ち味を生かしたスイーツ「阿蘇お菓子工房たのや」

イチゴの甘さを生かした適度な甘さのいちごタルト(389円)

【熊本・門前町】素材の持ち味を生かしたスイーツ「阿蘇お菓子工房たのや」

溶けるようにやわらかいマカロン(1個130円)

阿蘇お菓子工房たのや

住所
熊本県阿蘇市一の宮町宮地3094
交通
JR豊肥本線宮地駅から徒歩15分
料金
マカロン=130円/たのシュー=130円/いちごタルト=389円/

【熊本・門前町】懐かしさいっぱいのレトロ雑貨に会える「etu」

阿蘇神社横の通りにある古い建物を利用した店。昭和期の器や家具をはじめ、ギャラリースペースには作家の作品も並ぶ。

【熊本・門前町】懐かしさいっぱいのレトロ雑貨に会える「etu」

昭和40年代のカップ&ソーサ(700円)

【熊本・門前町】懐かしさいっぱいのレトロ雑貨に会える「etu」

ほどよい使用感が味のあるバスケット(1300円)

【熊本・門前町】懐かしさいっぱいのレトロ雑貨に会える「etu」

店内にはレトロ感漂うアイテムが並んでいる

etu

住所
熊本県阿蘇市一の宮町宮地1859
交通
JR豊肥本線宮地駅から徒歩15分
料金
コーヒー=400円/紅茶=400円/バスケット=1300円/カップ&ソーサー=700円/

九州・沖縄の新着記事

2023年「駅弁大会」で楽しむ日本縦断、駅弁の旅!

全国津々浦々から、ふるさとの味が届く『京王百貨店 元祖 有名駅弁と全国うまいもの大会』。300種類以上が集結する駅弁の中から、昨今の物価高騰に負けない1個千円前後の美味しい駅弁をご紹介。現地直送の「輸...

鹿児島のカフェへ!鹿児島中央駅・天文館・城山・仙厳園で、おしゃれで落ちつくカフェ14店

鹿児島のカフェへようこそ!ここにしかない黒酢のカフェ、しろくま進化系、文化財建築のスタバ、桜島の絶景カフェ!鹿児島が誇るすてきなカフェをご紹介しましょう。 天文館のアーケードにあるカフェ・城山で...

沖縄の大宜味村を観光!シークヮーサー&ランチ&道の駅を徹底紹介♪

2021年に世界自然遺産に登録された、沖縄本島北部・やんばる地域にある大宜味村。 「日本一長寿宣言の村」であり、シークヮーサーの産地としても知られています。 シークヮーサーはみかんのように食べたり...

【福岡・日帰り温泉】福岡で評判の日帰り温泉4選!充実の大型温泉にあの名湯も!

福岡市内のおすすめな日帰り温泉施設をご紹介しましょう! まずはご案内したいのは、休暇村志賀島温泉「金印の湯」。爽快な景色の海の中道を通り、玄界灘に沈む夕日を眺めることができます。また、ベイサイド...

『すずめの戸締まり』聖地巡礼!九州~東北までおすすめのスポットをご紹介

『君の名は。』『天気の子』などの新海誠監督による最新の劇場用アニメーション映画『すずめの戸締まり』が、2022年11月11日から公開となりました。 実在する風景を魅力的に切り取り、町や都市の「記...

【福岡市・神社】「開運」「縁結び」「学業成就」などご利益授かり&都会の癒しタイムにも♪ 福岡市でおすすめの神社9選!

福岡県で神社といえば有名な太宰府天満宮は、大宰府市。福岡からは車で1時間ほどの距離です。今回は、福岡市内でおすすめの神社のご案内しましょう。 特におすすめしたいのは、「櫛田さん」の名で親しまれる...

【福岡 天神・居酒屋】天神で行きたい人気屋台&博多名物が出てくる居酒屋12軒!

福岡市の屋台の数はおよそ100軒。そのなかから、天神エリアでにぎわっている屋台をピックアップしました。 屋台といってもとんこつラーメンだけではありません。店主が趣向を凝らしたさまざまなメニューで...

世界遺産の島・徳之島の王道観光プラン! 絶景&ランチを満喫するモデルコースをご紹介

「奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島」として2021年7月に世界遺産に登録された鹿児島県徳之島。 島内には亜熱帯照葉樹林が広がる世界遺産の森、アマミノクロウサギといった貴重な固有生物と出会えるネ...

話題のフルーツバス停から干陸地のフラワーゾーンまで。長崎県諫早市の絶景スポットへ行こう!

諫早市は、縦に長い長崎県のほぼ中央、有明海、大村湾、橘湾の3つの海に面した自然豊かな都市です。 JR諫早駅は2022年9月に開業した西九州新幹線「かもめ」の停車駅でもあり、格段にアプローチしやすくな...

黒島観光でウミガメと出会う旅 石垣島から船で30分のハートアイランドへ!

石垣港離島ターミナルから高速船に乗って20分もすれば、青い海に囲まれた黒島が見えてきます。 上空から見るとハートの形をしているため“ハートアイランド”と呼ばれ、人口の約10倍もの牛がいる牧畜がさかん...
もっと見る

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。