コツまでわかる国内観光旅行情報サイト|マップルトラベルガイドコツまでわかる国内観光旅行情報サイト

×

 >  >  >  >  宮崎【高千穂・夜神楽】神話を語り継ぎ、舞い踊る

宮崎【高千穂・夜神楽】神話を語り継ぎ、舞い踊る

by mapple

更新日:2018年2月16日

重要無形民俗文化財指定
高千穂に古くから伝わる夜神楽は、1000を超えるといわれる全国神楽のなかでも、数少ない国の重要無形民俗文化財。「天照大神の岩戸隠れ」が描かれた民俗芸能で、この地に舞い継がれる神話劇を通して神々の世界にしばしひたることができる。

高千穂・夜神楽名称解説

採りもの
高千穂の神楽は「採物神楽」の一種とされ、鈴や扇など、何を持って舞うかでその神楽の願いや登場者の性格をあらわす

おもて様
舞い手がつける面のこと。御神体そのものであり、神の魂が宿っているといわれる

彫りもの
神庭を囲む切り絵細工。陰陽五行や十二支などがモチーフ

天岩戸
天照大神が隠れている天岩戸。手力雄尊がいかにして天照大神を外に出そうか考えている

ほしゃどん
神楽の舞い手のことで、すべて男性。「奉仕者」が名の由来という

神庭
一般にしめ縄で仕切られた二間(3.6㎡)ほどの四方の空間をいう。舞い手以外は立ち入り禁止の神聖な場所
※上の写真は「高千穂神社 神楽殿」

夜神楽に登場するおもな神々

手力雄尊

天岩戸の洞窟に隠れた天照大神を探し出し、表へ出すために岩戸を放り投げた力持ち。おもて様が「手力雄の舞」の白から「戸取の舞」で赤に変わるのは、岩戸を持ち上げる際、渾身の力を込めて顔が紅潮した状態を表している。

顔色が赤に変わる

天鈿女尊

天照大神を天岩戸から連れ出そうと、その前でおもしろおかしく踊ったといわれる女神。芸能の神様として知られ、荒立神社の祭神でもある。神楽での見せ場は「鈿女の舞」。愛らしく、優美に、軽やかに、多様な舞いが見られる。

伊邪那岐尊、伊邪那美尊

日本の国土、海、風など三十五柱の神々を生み、築いた国生みの男女神。「御神体の舞」では、秋の収穫を祝うための酒造りの途中、浮気心を出した男神が客席の女性に飛びつくなどのハプニングがあり、会場の人々からいっせいに笑いが起こる。

高千穂に伝わる神話「岩戸隠れ」

神代の昔、高天原を治めていた天照大神という太陽の神様がいました。その弟神、須佐之男尊は大変な乱暴者。いつも悪事を働き、天照大神を困らせていました。あるとき、須佐之男尊は天照大神の田を壊し、神殿を汚し、機織屋で神聖な衣を織っていた織女を死なせてしまいます。

怒った天照大神は、天岩戸の洞窟に隠れてしまい、世の中はすっかり真っ暗闇になりました。

困った八百万の神々は天安河原に集まって審議し、天鈿女尊を岩戸の前でおもしろおかしく踊らせたのです。岩戸の前がにぎやかなのを不思議に思った天照大神は、ほんの少し岩戸を開きます。

その瞬間、脇に隠れていた手力雄尊が岩戸を開き、天照大神を外へ出すと、再び世界は明るさを取り戻したのです。

夜神楽について教えて!

早わかり&まるわかりQ&A

Q. 神楽って何?

神を迎えて行われる鎮魂の神事。宮廷において行われるものを「御神楽」、民間で行われるものを「里神楽」とし、日本の伝統芸能の原点と考えられる。数え方によって異なるが、現在、1000を超える地域で、それぞれの神楽が継承されている。高千穂の夜神楽は、昭和53(1978)年に国の重要無形民俗文化財に指定された。

Q. 高千穂の夜神楽とは?

高千穂の夜神楽は、天照大神の岩戸隠れの際に、その前で踊った天鈿女尊の舞いが起源といわれる。発祥は不詳ながら、平安末期と推定され、秋の収穫に対する感謝と翌年の豊穣を願って行われる神事として、毎年11月下旬から翌2月上旬に開催。各集落の神社から氏神様を神楽宿1※に迎え、全三十三番までの演目を奉納する。

※1)その年、氏神様を迎え入れる当番の民家。現在は公民館など公共施設で行う集落もある

Q. スケジュール、開催場所は?

「里神楽」と呼ばれる本式の夜神楽を希望する場合のスケジュールは、下記の日程表を参考に! 正確な日程、開催時間、担当神楽宿は、2週間ほど前に高千穂町企画観光課に電話または公式HPでの確認が必要。観光客向けには、毎日開催の「高千穂神楽」がおすすめ。くわしくは、下記の「 夜神楽の見物スタイル」を参考に。

高千穂の夜神楽「日程表」
※変更の場合があるため、高千穂町企画観光課に事前確認が必要

00982-73-1212
http://www.town-takachiho.jp/

日程                                           地区           神社
11月16日に近い土曜                     押方           中畑神社
11月16日に近い土曜                     岩戸           天岩戸神社
11月22日                                   上野           上野神社
11月22日                                   下野           下野八幡大神社
11月22日                                   上野           柚木野神社
11月24日                                   上野           黒口神社
11月最終土・日曜                         岩戸           御霊神社
11月30日に近い土曜                     向山           秋元神社
11月下旬または12月上旬の土曜       三田井        逢初天神神社
12月3日に近い土曜                       押方           二上神社
12月3日に近い土曜                       岩戸           歳の宮神社
12月10日に近い土曜                     押方           嶽宮神社
12月14日に近い土曜                     岩戸           石神神社
12月第3土曜                               三田井        磐下大権現神社
1月第2土曜                                 河内           熊野鳴瀧神社
1月第3土曜                                 向山           山中神社
1月第4土曜                                 田原           広福神社
1月最終土曜                                向山           柘ノ滝神社
2月10日に近い土曜                       田原           熊野神社

※夜神楽を奉納する「神楽宿」や開始時間は 各地区により異なるため、事前確認が必要

夜神楽の見物スタイル

チャートで選ぼう!

Ⓐ本式の夜神楽(里神楽)

高千穂への旅行は
a春夏 b秋冬

夜神楽の三十三番すべてを鑑賞したい
Yes No

本式の演舞が見られるなら徹夜だってOK
Yes No

Ⓐ本式の夜神楽(里神楽)

筆者:mapple

まっぷる宮崎 高千穂 日南・霧島’18

発売日:2017年11月13日

Amazonで購入する

この記事の出典元は「まっぷる宮崎 高千穂 日南・霧島’18」です。掲載した内容は、2017年5~9月の取材・調査によるものです。飲食店メニュー、商品内容や料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される可能性があります。ご利用の際には、改めて事前にご確認ください。

エリア

 >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

×
×