>  >  >  >  >  >  函館朝市を楽しもう! 海鮮丼、食べ歩き、おみやげ探し、いろいろできる!

函館朝市を楽しもう! 海鮮丼、食べ歩き、おみやげ探し、いろいろできる!

函館朝市を楽しもう! 海鮮丼、食べ歩き、おみやげ探し、いろいろできる!

新鮮な魚介を使った海鮮丼を味わうなら函館朝市がいちばん!
イカ釣りやおみやげ探し、食べ歩きも楽しめます。
JR函館駅の西側、徒歩すぐでアクセスも抜群です。
しっかりチェックしてからでかけましょう!

函館朝市ってどんなところ?

鮮魚店を中心に農産物や乾物を扱う店など約250軒が集結。気軽に試食をしながら買い物を楽しめます。海鮮丼の店も多数。

【函館朝市MAP】※拡大できます

塩干市場
塩蔵した紅鮭やホッケの開きなど、干物製品中心の店舗が軒を連ねる。

函館朝市ひろば
朝市の原点であり、函館近郊でとれた野菜や果物、海産物の直売が行なわれている。フードコートも併設。

えきに市場
海産物や日用品など、取り扱う商品は幅広い。名物のイカ釣りが楽しめるのもココ。

どんぶり横丁市場
海鮮丼を中心としたメニューを掲げる十数軒の食堂のほか、ラーメン店や寿司店、おみやげ店が並ぶ。

◆さくっとナビ◆
どれくらいかかる? 2時間
いつ行く? 通年
雨の日はどうなる? 施設間移動時のみ傘が必要

多くの店が昼過ぎぐらいまでの営業。品物が豊富にそろっているのは早朝だ。

函館朝市ってどんなところ?

函館朝市

住所
北海道函館市若松町9-19
交通
JR函館本線函館駅からすぐ
営業期間
通年
営業時間
5:00~14:00過ぎ(時期、店舗により異なる)
休業日
店舗により異なる
料金
海鮮丼=1500円前後/たいやき=130円/メロンジュース=700円(L)/リンゴ&小松菜ジュース=650円(L)/かにまん=360円(1個)/イカ釣り体験=1000円前後/

海鮮丼を味わう!

函館はイカをはじめとした海の幸が充実している街。なかでも函館朝市では、バラエティに富んだ海鮮丼が思いのほか手ごろな価格で満喫できます。

おいしい海鮮丼を食べるには

1.ランチタイム前後は行列ができたり品切れが出てくることも…。早朝が狙い目!
2.お目当てのネタが食べられる時期か、旬をチェックして!
3.店頭にはメニューの写真やサンプルが置かれているので気になる丼を吟味して入店!

味処 きくよ食堂 本店

ふっくらご飯の上にほたて、イクラ、ウニがたっぷり

昭和31(1956)年創業で、50年以上前、お客さんのひと言から生まれたウニ、イクラ、ほたてがのる巴丼発祥の店だ。「海鮮丼を食べるならここ」と地元民の評価も高い。【朝市仲通り】

味処 きくよ食堂 本店

巴丼 1628円〜
特製のイクラ醤油漬、無添加の塩水生ウニ、ほたてがのる。昔ながらのファンに人気の丼

<食べたいワケ>
炭炊き蒸し釜戸で粘り艶、甘みあるご飯を炊き上げている

味処 きくよ食堂 本店

味処 きくよ食堂 本店

住所
北海道函館市若松町11-15 桟ばし小路内
交通
JR函館本線函館駅からすぐ
営業期間
通年
営業時間
5:00~14:00(L.O.、12~翌4月中旬は6:00~)
休業日
無休(1月1日休)
料金
巴丼=1923円・1599円(ミニ丼)/イカソーメン定食=1242円/お好み丼=1599円~/うに・いくら丼=2052円~/紅鮭親子丼=1167円~/サーモン親子ユッケぶっかけ丼=1707円/海鮮パスタ=1815円/ 平均予算(昼):1600円

朝市食堂 函館ぶっかけ

水産加工会社直営でこだわりの鮮度

地元の水産会社「弥生水産」直営の食堂なので、食材はいつも鮮度抜群。丼には特製ダレに漬けた無添加のイクラなど、手間ひまかけた具材を使用。【どんぶり横丁市場】

朝市食堂 函館ぶっかけ

まっぷる特選 ぶっかけ丼 2200円
津軽海峡産のマグロ、自家製イクラ、塩水ウニがたっぷりとのる

<食べたいワケ>
函館朝市に店を構える水産店ならではの鮮度、コスパのよさがある!

朝市食堂 函館ぶっかけ

朝市食堂 函館ぶっかけ

住所
北海道函館市若松町9-15 どんぶり横丁市場内
交通
JR函館本線函館駅からすぐ
営業期間
通年
営業時間
7:00~14:00(閉店)、5月中旬~9月上旬は~21:00(閉店)
休業日
不定休(GW・盆時期は営業、年末年始は要問合せ)
料金
まっぷる特選ぶっかけ=1728円/ぶっかけ定食(A)=1166円/大名盛=1620円/自家製いくらぶっかけ=1512円/津軽海峡産本マグロ・活ホタテぶっかけ=1706円/お好み三色ぶっかけ(生うに入)=2376円/ 平均予算(昼):1500円, 平均予算(夜):要問合せ円

味鮮 まえかわ

一人では食べきれない!驚きのメガサイズ丼

TVで放映され、一躍話題となった超特大丼・味鮮 ま・い・う〜丼が名物。タレントの「石ちゃん」こと石塚英彦さんから、お墨付きをもらった丼だ。【どんぶり横丁市場】

味鮮 まえかわ

味鮮ま・い・う〜丼 4950円
直径21cmもの大きさの器に、ご飯はなんと茶碗4膳分!

<食べたいワケ>
通常サイズの丼と比べると大きさは一目瞭然! グループでシェアしたい

味鮮 まえかわ

味鮮 まえかわ

住所
北海道函館市若松町9-15 どんぶり横丁市場内
交通
JR函館本線函館駅からすぐ
営業期間
通年
営業時間
5:30~15:00(L.O.)
休業日
木曜(GW・盆時期・年末年始は営業)
料金
7色丼=2376円/開港丼=2138円/鮭トロ親子丼=1512円/朝イカ丼=1404円/味鮮ま・い・う~丼(イカ・イクラ・ウニ・カニ・ホタテ・ボタンエビ)=4536円/朝定食=734円/銀だら定食=1242円/静御膳(ミニ丼、サラダなど)=1922円/ 平均予算(昼):1500円

恵比寿屋食堂

7種類のネタがのるお得で豪華な丼

昭和23(1948)年創業、函館朝市で最も歴史のある老舗食堂。丼は50種以上、一品料理を加えると70種以上のメニューがそろう。各種丼や定食には味噌汁、お新香が付く。【どんぶり横丁市場】

恵比寿屋食堂

GOGOキャンペーン丼 1815円
ラッキーセブンにちなみ、7つの具材がのるお得な丼。このメニューの支払いは現金のみ

<食べたいワケ>
イクラや数の子、ズワイガニなどいいネタを少しずつ味わえる

恵比寿屋食堂

恵比寿屋食堂

住所
北海道函館市若松町9-16 どんぶり横丁市場内
交通
JR函館本線函館駅からすぐ
営業期間
通年
営業時間
6:00~16:30(L.O.、1月中旬~4月中旬は~15:00<L.O.>)
休業日
不定休
料金
GOGOキャンペーン丼(イクラ・カズノコ・ズワイガニ・タラバガニなど)=1620円/朝市丼=2797円/うに丼(中サイズ)=2268円/いかさし定食=1188円/うにトロサーモン丼(中サイズ)=2052円/えびす丼=3110円/五色丼(中サイズ)=16200円/ 平均予算(昼):1800円, 平均予算(夜):2500円

一花亭 たびじ

活きがいいからできる函館らしいスペシャル丼

名物は生きたイカをまるごと1杯使用した「活いか踊り丼」。醤油をかけたときにイカの足が動く、ユニークな丼は、6〜12月にはイカゴロが付く。【どんぶり横丁市場】

一花亭 たびじ

活いか踊り丼 2079円
イカゴロは潰しながら身と一緒に食べるとおいしい

<食べたいワケ>
生けすから取り出した新鮮な活イカを使う

一花亭 たびじ

一花亭 たびじ

住所
北海道函館市若松町9-15 どんぶり横丁市場内
交通
JR函館本線函館駅からすぐ
営業期間
通年
営業時間
5:00~15:00(閉店、11~翌4月は6:00~14:00<閉店>)
休業日
無休
料金
ほっけ定食=950円/活イカ踊り丼=1890円/たびじのうに丼=4800円/うに・かに・ぼたんえび丼=2300円/かに丼=1430円/蓮華丼=5800円/福ふくセット=1980円/かにたっぷりグラタン=680円/自家製カニクリームコロッケ=680円/ 平均予算(昼):1500円

いくら亭

店名のとおり!自家製イクラの丼が自慢

店名のとおり、自家製タレに漬け込んだイクラを使った丼が人気。また、店内の水槽にいるアワビやホッキなどを使った一品料理もおすすめだ。【どんぶり横丁市場】

いくら亭

<食べたいワケ>
店内の生けすから取り出したばかりの海鮮をさばいてくれる

いくら亭

いくら亭

住所
北海道函館市若松町9-15 どんぶり横丁市場内
交通
JR函館本線函館駅からすぐ
営業期間
通年
営業時間
6:00~19:30(閉店19:50、11~翌4月は7:00~17:00<閉店17:30>)
休業日
無休
料金
函館大漁丼ぼたん海老スペシャル=2650円/いくら丼=1400円~/いか刺し定食=1240円/函館大漁丼=2430円/朝市天丼=1350円/カニラーメン=1400円/銀だら定食=1290円/ 平均予算(昼):1500円, 平均予算(夜):1500円

すずや食堂

味も見た目もインパクト大!

昭和27(1952)年に創業した水産会社「船岡商店」直営の食堂。海鮮丼以外にイカソーメンなど一品料理も充実している。【巴通り】

すずや食堂

土方丼 2200円
函館ゆかりの偉人・土方歳三をイメージして作った丼

<食べたいワケ>
“誠”の字はイカスミマヨネーズで書かれており、細部にも函館らしさが

すずや食堂

すずや食堂

住所
北海道函館市若松町10-4
交通
JR函館本線函館駅からすぐ
営業期間
通年
営業時間
6:00~14:00(閉店)
休業日
無休
料金
土方丼=1944円/お好み三色丼=2376円/元祖朝市丼=2160円/イカソーメン=1620円/ 平均予算(昼):2000円

イカ釣り体験にチャレンジ!

釣ったイカはその場で味わえる

水槽にいるイカを自分で釣り、その場でイカ刺しとして味わえる人気の体験。イカがたくさんいる早朝がおすすめです。

元祖活いか釣り堀

元祖活いか釣り堀

1 受付&釣り道具を借りる
釣りの所要時間は5分ほどなので待ち時間は少ない。先に精算を済ませ、釣り道具を借りよう。

元祖活いか釣り堀

2 釣り糸をたらす
せっかくやるのだから、大きくて元気のいいイカを釣り上げたい。どのイカにするか狙いを定めてから釣り糸をたらそう。

元祖活いか釣り堀

3 イカを釣り上げる
上手にイカの耳に針をひっかけたら、躊躇せず一気に釣り上げよう。イカが水を吐き出すこともあるがそこはご愛敬。釣り上げたら店員さんにイカを渡そう。

元祖活いか釣り堀

ポイント! イカの耳に針をかける
釣り針をイカの耳にもっていこう。胴体にかけて釣り上げるとスミや水を吐くよ。

元祖活いか釣り堀

注意! 水を激しく吐き出すことも
防衛行動からか、イカを水から出した直後に水を吐くことがある。イカの足が自分に向いていたら気をつけよう。

元祖活いか釣り堀

4 イカをさばいてもらう
釣ったイカはスタッフがその場でさばいてくれる。スタッフのイカをさばくスピードにも注目してみよう。

元祖活いか釣り堀

5 イカ刺しを味わう
ゴロ、ゲソなどまるごと1杯のイカを刺身に。透明でコリコリとした食感がたまらない。しょうが醤油につけて食べよう。自分で釣ったイカはおいしさもひとしお!

元祖活いか釣り堀

住所
北海道函館市若松町9-19 函館朝市えきに市場
交通
JR函館本線函館駅からすぐ
営業期間
通年
営業時間
6:00~13:30(イカがなくなり次第閉店)
休業日
無休、1~6・10・11月は第3水曜(イカ漁が中止の場合は臨時休あり)
料金
時価

市場内の食べあるきグルメはこれ

函館朝市は海鮮丼だけでなく、おみやげ探しを楽しみながらチョイ食べできるようなワンハンドフード、スイーツ・ドリンクも充実しています。ホッとひと息つける休憩スポットもご紹介します!

カネニのかにまん

450円

ズワイガニのフレークがたっぷり入った名物中華まん。店頭でいつでもアツアツが食べられると大人気。

ココで買える:カネニ藤田水産 かにまん茶屋

カネニのかにまん

北海道メロンのかき氷

550円

一口サイズに切った北海道産赤肉メロンが、ゴロゴロとふんだんにのった贅沢なかき氷。6〜9月の限定販売。

ココで買える:たいやき茶屋 北菓り

北海道メロンのかき氷

りんごとクリームのたい焼き

240円

北海道産のリンゴをコンポートにして、クリームとシナモンを合わせた。立派な羽つき。

ココで買える:たいやき茶屋 北菓り

りんごとクリームのたい焼き

リンゴ&小松菜ジュース・メロンジュース

(L)各 750円

道産の赤肉メロンを使った贅沢なジュースと、リンゴの酸味が飲みやすいフレッシュジュース。

ココで買える:agristand

リンゴ&小松菜ジュース・メロンジュース

イカ墨プリン

1個 275円

風船にピックを刺すとつるんとプリンが出てくる。味は濃厚なミルク味。

ココで買える:朝市食堂 二番館

イカ墨プリン

休憩スポット

十字屋珈琲店

老舗の食料品店によるコーヒースタンド。海鮮丼や定食など和食がメインの朝市での朝食後にコーヒーが飲めると好評。【えきに市場】

十字屋珈琲店

水出しコーヒー 400円

十字屋珈琲店

十字屋珈琲店 函館駅二朝市店

住所
北海道函館市若松町9-19 えきに市場
交通
JR函館本線函館駅からすぐ
営業期間
通年
営業時間
8:00~14:00(L.O.)
休業日
第1・3水曜
料金
ブレンドコーヒー(ホット・アイス)=350円/カフェラテ=350円/トラピストクッキー=100円/

ぜったい買いたい海鮮みやげ

せっかくの朝市、新鮮みやげは欠かせません。持ち帰りに楽な乾物もあるので探してみましょう。

おみやげ探しのコツ

1.おみやげ探しは早朝5時からお昼頃までが勝負!
売り切れを避けるため遅くとも8時にはスタートを。
2.ほとんどの店で試食を実施しているので気軽にお試しを。
3.冷凍品冷蔵品は自宅まで発送してもらおう。

匠の小箱

価格は商品により異なる

19種の珍味の中から好きな種類を選べる(要冷蔵)。

ココで買える:味の匠

匠の小箱

いかすみ塩辛 290円

匠の小箱

いくら醤油漬 1000円

匠の小箱

味噌塩辛 290円

匠の小箱

いかすみまん

3個入り 1200円

イカスミをたっぷりと練りこんだ生地は風味豊か。クワイが入り食べ応えあり。

ココで買える:味の匠

いかすみまん
いかすみまん
いかすみまん

函館名物前浜いかそうめん

3人用 3240円

スルメイカを開いて細く切った姿はまさにソーメン(冷凍)。

ココで買える:丸和すがわら

函館名物前浜いかそうめん

松前漬

648円

素材の色を生かした白造りタイプ(要冷蔵)。

ココで買える:安岡商店

松前漬

手焼きさきいか

1000円

鮮度抜群の真イカをプレス機で焼いてから専用の機械でさいている。店の周りはイカの香ばしい香りが。

ココで買える:カシメ水産

手焼きさきいか
手焼きさきいか
手焼きさきいか

焼きたて、さきたてをその場でパックしてくれる

生鮮魚介や農産物も充実

旬の魚介を自宅でも楽しみたい。多少料金がかかっても自宅への発送を利用すれば、気軽に買い物を楽しむことができる。

ウニ
旬:6~8月
函館のものから利尻・礼文から届くもの、生のタイプや塩漬けされたタイプなど種類さまざま

メロン
旬:6~8月
北海道では赤肉メロンが主流。ジューシーで甘みたっぷりの味わい

カニ
旬:6~8月
タラバガニ、毛ガニとも、殻が硬く身が詰まったものを選ぶようにしよう

スルメイカ
旬:7~11月
イカの表面をよく見て動いていれば鮮度がいい証拠。刺身で食べるのが一番

筆者:まっぷるマガジン

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。

この記事に関連するタグ

エリア

 >  >  >  >  >  > 
×