トップ >  東海・北陸 > 北陸 > 立山・富山 > 富山 > 富山市街 > 

富山のお土産おすすめを一挙ご紹介!お菓子から雑貨まで定番も最新もまとめてチェックしよう

まっぷるマガジン編集部

更新日: 2024年6月6日

富山のお土産おすすめを一挙ご紹介!お菓子から雑貨まで定番も最新もまとめてチェックしよう

富山には、大自然の恵みが詰まったお土産がたくさんあります。
定番のスイーツは、昔ながらの越中売薬の反魂旦にちなんだ焼饅頭「反魂旦」などが人気ですが、新感覚のイマドキスイーツも見逃せません。
また、おかず系みやげも海の幸・山の幸ともに豊富ですよ。

味で選ぶもよし、パッケージで選ぶもよし。
おいしい旅の思い出をお持ち帰りしましょう。

そのほか、富山の伝統工芸の技や作家のセンスが光る雑貨も要チェックです!

目次

【富山みやげ×お菓子】甘金丹

8個 1922円 (ボン・リブラン)

濃厚なクリームがあふれだす

ふわふわスポンジの中にとろりとカスタードクリームが詰まった定番みやげ。

ココで買える:きときと市場とやマルシェ【富山駅周辺】ととやま【富山駅周辺】

【富山みやげ×お菓子】甘金丹
【富山みやげ×お菓子】甘金丹

【富山みやげ×お菓子】反魂旦

20個 1350円(美都家)

薬都ならでは!

全国的に知られた越中売薬、反魂丹にちなんだ焼饅頭。紙風船のおまけ付きがうれしい。

ココで買える:きときと市場とやマルシェ【富山駅周辺】ととやま【富山駅周辺】

【富山みやげ×お菓子】反魂旦
【富山みやげ×お菓子】反魂旦

【富山みやげ×お菓子】くろみつ玉天

10個 1300円(菓子司 林昌堂)

ふわふわと軽い食感!

卵、砂糖、寒天で作った淡雪羹の表面に卵黄を塗り、黄金色に焼き上げた銘菓。淡泊で軽くまろやかな味。

ココで買える:きときと市場とやマルシェ【富山駅周辺】

【富山みやげ×お菓子】くろみつ玉天
【富山みやげ×お菓子】くろみつ玉天

【富山みやげ×お菓子】中餅

5袋 810円( 中尾清月堂)

もちもちの生地とつぶ餡が相性抜群

富山県産の餅粉と米粉、里芋でもちもち食感を実現。餡はあっさりとした甘さで、いくつでも食べられる美味しさ。

ココで買える:きときと市場とやマルシェ【富山駅周辺】

【富山みやげ×お菓子】中餅

【富山みやげ×お菓子】大人のどら焼

248円(野村屋)

ラム酒が香る大人の味わい

白あんに自家製のラムレーズンを加えた上品な甘さのどら焼き。コーヒーや紅茶にもよく合う。

【富山みやげ×お菓子】大人のどら焼
【富山みやげ×お菓子】大人のどら焼

【富山みやげ×お菓子】最中の皮屋のもなか

810円(髙野もなか屋)

サクサク食感の皮が主役

もなかの皮の味と食感を楽しめるよう、あんは食べる時にのせる。皮はプレーンとごまの2種類が味わえる。

ココで買える:ととやま【富山駅周辺】D&DEPARTMENTTOYAMA【富山市街】

【富山みやげ×お菓子】最中の皮屋のもなか
【富山みやげ×お菓子】最中の皮屋のもなか
【富山みやげ×お菓子】最中の皮屋のもなか

【富山みやげ×お菓子】しろえび紀行

2枚×16袋 918円(富山柿山)

「富山湾の宝石 しろえび」がせんべいに

富山米100%と富山湾産しろえびを使ったせんべい。絶妙な塩加減がたまらない。(2023年にパッケージ変更され、現在はデザインが異なります)

ココで買える:きときと市場とやマルシェ【富山駅周辺】ととやま【富山駅周辺】、黒部市地域観光ギャラリー のわまーと 所在地/黒部市若栗3212-1【黒部市】

【富山みやげ×お菓子】しろえび紀行
【富山みやげ×お菓子】しろえび紀行
1 2 3 4 5

北陸の新着記事

記事の一覧を見る

記事をシェア

※掲載の情報は取材時点のものです。お出かけの際は事前に最新の情報をご確認ください。

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。

ランキング