おでかけ情報満載!「まっぷる」の観光旅行メディア|まっぷるトラベルガイド国内おでかけ情報満載!「まっぷる」の観光旅行メディア

×

 >  >  >  >  >  >  松江グルメ【和菓子とお抹茶】ほっこり体験♪

松江グルメ【和菓子とお抹茶】ほっこり体験♪

松江グルメ【和菓子とお抹茶】ほっこり体験♪

by mapple

更新日:2018年9月14日

不昧公が茶の湯文化を育んだ松江は、京都・金沢と並ぶ茶どころ。日本庭園を眺めながら抹茶や、不昧公ゆかりの和菓子をゆったりと楽しんでみよう。

不昧公と茶の湯文化

松江藩松平家七代目藩主・松平治郷は江戸時代を代表する茶人。号が不昧であったことから、親しみを込めて不昧公と呼ばれている。藩主としての務めを果たしながら茶道をきわめ、不昧流茶道の祖となった。

不昧公と茶の湯文化

不昧公の像

明々庵

高台に建つ不昧公好みの茶室
松江藩家老の有澤家本邸に、不昧公好みとして建てられた入母屋造りの茅葺きの茶室。不昧公150年忌を記念して現在の場所に移築。入母屋には不昧公筆の「明々庵」の扁額が掲げられている。敷地内にある百草亭で、庭園と茶室を眺めながら抹茶をいただける。

明々庵

四季折々の景観を楽しみながら一服できる

明々庵

茶室の随所に定石に頓着しない不昧公好みが現れている

明々庵

入り口の展望台からは国宝松江城が望める

明々庵

抹茶(菓子付)410円。お菓子は「若草」とオリジナルの「菜種の里」の2種が付く

明々庵の詳細情報


住所
島根県松江市北堀町278
交通
JR松江駅から市営バスぐるっと松江レイクラインで15分、塩見縄手下車、徒歩4分
営業期間
通年
営業時間
8:30~18:30(10~翌3月は~17:00)、呈茶は9:50~16:30(10~翌3月は~16:00)
休業日
無休

月照寺

あじさい寺として知られる松平家の菩提寺
松江城にほど近い月照寺は、松江藩主松平家の菩提寺。境内には、九代までの各廟所のほか、唐門、巨大亀形の寿蔵碑、不昧公ゆかりの茶室大円庵などがある。約3万本のあじさいが咲く名所としても有名。

風情ある庭園は小泉八雲も絶賛したという

月照寺

入り口近くの唐門から正面に不昧公の廟が見える

月照寺

頭をなでると長生きすると伝わる大亀の石像がある

月照寺

山陰の“あじさい寺”は6月中旬に見ごろを迎える

月照寺

抹茶(菓子付)400円。お菓子は白ごまが香ばしい風流堂の「路芝」

月照寺の詳細情報


住所
島根県松江市外中原町179
交通
JR松江駅から市営バスぐるっと松江レイクラインで21分、月照寺前下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
9:00~17:00(12~翌3月は9:30~16:30)
休業日
無休

普門院(観月庵)

不昧公が月を愛でた茶室が残る
享和元(1801)年建立の細川三斎流の茶室で、不昧公も城中から舟で訪れては茶事を催していた。茶室東側には観月のための丸窓がある。小泉八雲もここで茶の手ほどきを受けたと伝わり、門前の橋は著書『怪談・小豆とぎ橋』のモデルにも。

普門院(観月庵)

抹茶(菓子付、拝観料込)700円。四季折々の生菓子を楽しめる

普門院(観月庵)

不昧公が月を眺めた美しい茶室で一服

普門院(観月庵)

建立から200年を超える茶室は市の指定文化財

普門院の詳細情報


住所
島根県松江市北田町27
交通
JR松江駅から市営バスぐるっと松江レイクラインで15分、塩見縄手下車、徒歩7分
営業期間
通年
営業時間
境内自由(観月庵は10:00~16:00、1・2月は要予約)
休業日
火曜、祝日の場合は開門、荒天時臨時休あり

中村茶舗

明治17(1884)年創業の老舗茶舗。店頭で無料の抹茶を提供するほか、併設する茶室「松吟庵」で、抹茶体験も行う。抹茶の点て方や作法を教わり、自分で点てたお茶は格別。

中村茶舗
中村茶舗

抹茶体験1000円(和菓子は持ち込み)1週間前までの予約制(所要時間約60分)

中村茶舗の詳細情報


住所
島根県松江市天神町6
交通
JR松江駅から徒歩12分
営業期間
通年
営業時間
9:00~18:00
休業日
無休1月1~4日休

筆者:mapple

この記事の出典元は「まっぷる松江・出雲 石見銀山’19」です。掲載した内容は、2017年12月~2018年2月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には改めて事前にご確認ください。

エリア

 >  >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

×