コツまでわかる国内観光旅行情報サイト|マップルトラベルガイドコツまでわかる国内観光旅行情報サイト

×

 >  >  >  >  >  >  【那智勝浦・太地】人気おすすめスポット!見る、食べる、遊ぶ!

【那智勝浦・太地】人気おすすめスポット!見る、食べる、遊ぶ!

by mapple

更新日:2018年10月19日

勝浦漁港の近くではマグロ三昧と太平洋の絶景が楽しめる名物湯を。くじらの町太地では、海の生きものとのふれあいも楽しめる。

紀の松島めぐり

風光明媚な勝浦湾口を巡る
大小の島々が点在する勝浦湾口は紀の松島と呼ばれ、定期観光船で巡ることができる。15時20分発の便のみイルカショー見学も楽しめる(土・日曜のみ)。【見る】【観光船】

ダイナミックなイルカショーが繰り広げられる

補陀洛山寺

補陀落渡海で名高い世界遺産
平安時代にこの寺の僧が、観音菩薩が住む補陀落山に向け那智の浜を船出。これが補陀落渡海で、渡海僧は渡海上人とあがめられた。【見る】【寺院】

1990年に再建された本堂

境内の渡海船の復元船

那智海水浴場(ブルービーチ那智)

JR那智駅からすぐの快適な海水浴場
かつて多くの僧侶が観音浄土を目指して船出した浜と知られる。長さ800mに渡って続く白砂の浜は今では県下最大級の海水浴場。【遊ぶ】【海岸】

環境省選定の快水浴場100選に選ばれた

南紀マリンレジャーサービス

迫力のホエールウォッチングツアー
春から初秋にかけて子育てのためにやってくるクジラを間近に見られるツアーが人気。ゴールデンウィーク前後が出会えるベストシーズン。【遊ぶ】【観光船】

ホエールウォッチングツアーは6500円、小学生5000円、3歳~小学生未満2000円(2歳未満と妊婦は乗船不可)

中国料理 龍

ふかひれラーメンが評判
高級食材のふかひれがたっぷりのったふかひれラーメン(1100円)はあっさりとおいしく、地元だけでなく遠方からの客も多い人気の店だ。【食べる】【中国料理】

予算:昼900円、夜1500円

ふかひれは那智勝浦の隠れ名物

ステーキハウス ひのき

リーズナブルに熊野牛が味わえる
那智勝浦で創業し40年以上。熊野牛100%のハンバーグステーキやアワビ、マグロなど、選りすぐりの地元の幸を目の前の鉄板で焼き上げてくれる。レトロな雰囲気の店内も落ち着ける。【食べる】【肉料理】

予算:昼1400円〜、夜2400円〜

コース料理は4000円(税別)から

吾作

魚介にこだわる地元客が集う
カウンターにずらりと並んだ大皿料理、新鮮な地魚を使った料理が自慢の庶民的な居酒屋。毎日替わるおすすめ料理も要チェック。【食べる】【居酒屋】

予算:夜3000円〜

鮮度抜群の地魚を盛ったお造り盛り合わせ1200円〜

お食事処二代目

めはりずしとマグロ丼を併せて賞味
勝浦観光桟橋からすぐの場所にある。名物のめはりずしはもちろん、勝浦漁港に揚がった新鮮なマグロを使う工夫を凝らした料理も食べられる。南紀名物の代表をダブルで楽しもう。【食べる】【魚料理】

予算:昼1000円〜、夜1000円〜

名物のめはり寿司520円と、めはり寿司の特製タレをたっぷり使ったまぐろ丼 1000円

丸正酢醸造元

那智山の伏流水を使う古式醸造酢
那智山の伏流水と地元産もち米の玄米を使った伝統の完全手造り。「那智黒米寿」は500日かけて醸造熟成、モンドセレクション最高金賞を受賞。【買う】【酢醸造所】

那智黒米寿720㎖ 3780円。那智山の伏流水と地元産もち米の玄米を使った古式醸造酢

最高の酢はこもかむりの木樽で醸造・熟成される

焼きたてのパンサンタ

じゃばらを使ったパンやケーキ
北山村特産の柑橘類じゃばらを使ったパンやケーキが人気。じゃばらの風味を生かしながら工夫を重ねて作り上げた品々はみやげにも最適だ。【買う】【パン】

じゃばらペーストを使ったじゃばらチーズケーキ 1800円

藤野醤油

昔ながらの手作り醤油
老舗醤油醸造元。良質の国産丸大豆と那智山の伏流水を使った手作り醤油は大豆の香りが生きた逸品。【買う】【醤油】

食材の味が生きる丸大豆しょうゆ(薄口) 900㎖ 918円

刺身をよりおいしくいただけるさしみかけしょうゆ 900㎖ 1361円

燈明崎

捕鯨の歴史を語り継ぐ岬
燈明崎の名は江戸時代に燈明灯台が置かれたことに由来する。岬には古式捕鯨山見台や狼煙場跡などが再現され、捕鯨の歴史をしのばせる。【見る】【岬】

再現された燈明灯台の向こうは太平洋

くじら家

森浦湾が目の前の鯨料理専門店
太地くじら浜公園からすぐの場所にある。日本一おいしい鯨料理をめざして、刺身や竜田揚げ、カツカレーをはじめメニューにはバラエティ豊かな鯨料理が並ぶ。鯨の缶詰などの鯨製品も販売。【食べる】【鯨料理】

予算:昼1680円〜、夜4000円〜

新鮮な鯨のおいしさを堪能する刺身定食 2690円

いさなの宿 白鯨(レストラン漁火)

鯨料理を手軽にランチで楽しめる
全室オーシャンビューの温泉宿。ランチは宿泊者以外も楽しめ、鯨料理やいるか料理、熊野牛、新鮮な海鮮料理の数々が揃う。本格的な鯨の御膳(2300円)、ミニコース(3800円~)もある。【食べる】【魚料理】

予算:昼1200円

看板メニューの鯨スタミナ丼 1200円

とれピチの魚介が楽しめる太地海鮮丼 1800円

ピザハウスくじら

鯨の街・太地らしいピザ
鯨肉をトッピングした太地ならではのピザが人気の店。鯨肉は野菜スープでボイルしていてクセもなく、生地のおいしさも特筆ものだ。【食べる】【ピザ】

予算:昼夜1000円

これが人気のくじらピザM800円、L1500円

那智黒総本舗

こだわり続けた飴造り
和歌山みやげで名高い「那智黒」を製造、販売する明治10(1877)年創業の老舗。事前に予約をすれば、隣接の工場を見学することができる。【買う】【和菓子】

那智黒200g618円(紙箱入り個包装)。奄美群島産の黒糖を使った、甘さひかえめで喉と体にやさしい黒あめ

亀八屋

売り切れ御免の「てつめん餅」
熊野詣の途中、太地に立ち寄った僧に製法を教えられたという「てつめん餅」が名物。米粉と北海道産小豆を使ってていねいに手作りする。【買う】【和菓子】

素朴な味わいのてつめん餅(1個)110円

抱壺庵

鯨の民芸品に絵付けしよう
ぷっくりふくれたお腹がユーモラスな鯨土鈴は太地の人気民芸品。さまざまな鯨の民芸品を手がける抱壺庵では絵付け体験もできる。【買う】【工芸体験】

鯨土鈴486〜1944円。鯨の街ならではの人気みやげ

【CLOSE UP】隠れ湯 湯川温泉へ

かつては熊野詣での湯垢離場として知られた温泉地。現在は閑静な穴場の温泉地として有名。

きよもん湯

熊野詣の人々を癒してきた名湯
約1500年前に発見されたといわれる熊野詣の湯垢離場だった歴史ある名湯・湯川温泉を代表する入浴施設。

源泉100%掛け流しの湯を堪能

四季の郷温泉

良質な湯を心ゆくまで楽しむ
地下430mから湧く温泉水は、軟水・アルカリ性で源泉100%掛け流し。ぬるめの湯にゆったりと浸かって疲労回復したら、温泉水も買い求めたい。

温泉水の持ち帰りは1ℓ10円

筆者:mapple

まっぷる和歌山 白浜・高野山・熊野古道’19

発売日:2018年04月10日

Amazonで購入する

エリア

 >  >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

×
×