コツまでわかる国内観光旅行情報サイト|マップルトラベルガイドコツまでわかる国内観光旅行情報サイト

×

 >  >  >  >  >  和歌山【友ヶ島】無人島の遺跡探検へ行ってみよう!

和歌山【友ヶ島】無人島の遺跡探検へ行ってみよう!

by mapple

更新日:2018年10月20日

旧日本帝国軍の砲台跡や弾薬庫などの遺跡が残る友ヶ島。長い年月を経て生まれた遺跡と自然が融合した不思議な光景がまるで「ラピュタの島」のようだと広がり、話題の観光地に!

友ヶ島

紀淡海峡に浮かぶ友ヶ島は地ノ島、沖ノ島、虎島、神島という四つの島の総称。このうち定期船で渡るのは沖ノ島で、虎島とは陸でつながっている。島内は遊歩道が整備され、豊かな自然を楽しんだり、砲台跡でアドベンチャー気分を満喫しながら散策できる。

第2砲台跡

終戦後に爆破された第2砲台跡。崩れ落ちた外壁など、迫力ある景観に圧倒される。内部は立ち入り禁止となっている。

タカノス山展望台

絶景を望む、標高119.90mのタカノス山展望台。海はもちろん、四国や六甲、周辺の美しい島々を眺められる。

友ヶ島灯台

明治5(1872)年にできた真っ白な洋風灯台。今も紀淡海峡を照らしている。近代化産業遺産に認定されている。

第3砲台跡

レンガ造りの弾薬庫や大砲を置くための砲座が残っている。トンネルや弾薬庫の中には入ることもできるので、懐中電灯を忘れずに。

ACCESS

友ヶ島汽船

073-459-1333(友ヶ島汽船乗り場)
定休水曜(祝日は営業、4月28日~5月6日、7月20日~8月31日は無休)、年末・年始
大人往復2000円、小人往復1000円

加太発 9:00、11:00、13:00、16:00
友ヶ島発 9:30、11:30、13:30、16:30
※季節により増便あり http://www.tomogashimakisen.com

加太自慢の一本釣りマダイを味わう!

満幸商店

多彩な料理で加太の魚介を楽しむ

加太の地元漁師さんが一本釣りでその日に釣ってきた真鯛料理が名物の店。料理上手の女将のレパートリーはなんと500種類以上。まずは加太の美味を詰め込んだボリューム満点のおまかせコースを。

おまかせコース(2人前)5500円
朝イチだと、調理前の真鯛を見せてくれる

店頭では友ヶ島海苔などのおみやげも販売

筆者:mapple

まっぷる和歌山 白浜・高野山・熊野古道’19

発売日:2018年04月10日

Amazonで購入する

エリア

 >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

×
×