>  >  >  >  > 

【和歌山】万葉集にも詠まれた絶景! 和歌の浦

まっぷるマガジン

更新日:2021年2月23日

この記事をシェアしよう!

【和歌山】万葉集にも詠まれた絶景! 和歌の浦

和歌山市中心部から30分ほどの位置にある、和歌の浦。
市街地からひと足延ばすだけで、はるか昔から人々を魅了してきた心安らぐ海辺の景色が広がります。
ゆったりと散策しながら、歌に詠まれた時代に思いを馳せるのも楽しいですよ。

和歌の浦

万葉歌碑をたどる

和歌川の河口に広がる干潟を中心に、熊野古道・藤白坂から雑賀崎あたりまでを指す。潮の満ち引きによってさまざまな表情を見せる干潟の美しさは、万葉集や新古今和歌集にも詠まれている。

和歌の浦
和歌の浦
和歌の浦

紀州10代藩主徳川治宝が建造した不老橋は、和歌の浦の象徴でもある

和歌の浦

和歌浦天満宮の楼門から見下ろす風景はSNSでも人気

和歌の浦

住所
和歌山県和歌山市和歌浦
交通
JR和歌山駅から和歌山バス新和歌浦行きで25分、不老橋下車すぐ
料金
情報なし

【和歌の浦の見どころ】紀州東照宮

江戸初期の文化を垣間見る

紀州徳川家の初代藩主頼宣公が父・家康公を祀るため、元和7(1621)年に建立。極彩色の彫刻を施した権現造の社殿や左甚五郎の彫刻などは必見。

【和歌の浦の見どころ】紀州東照宮

1時間に1度、神職や巫女が社殿の彫刻や壁画について説明しながら案内してくれる(15分)

東照宮

住所
和歌山県和歌山市和歌浦西2丁目1-20
交通
JR和歌山駅から和歌山バス新和歌浦行きで25分、権現前下車すぐ
料金
境内参拝料=無料/社殿拝観料=500円/(30名以上の団体は450円)

【和歌の浦の見どころ】雑賀崎

海と坂道のある漁村の風景

織田信長に抵抗した雑賀党衆の拠点と伝わる場所。近年では、雑賀崎漁港に面した断崖に家々が密集して並ぶ独特の景観の美しさが話題となっている。

【和歌の浦の見どころ】雑賀崎

雑賀崎漁港の集落の風景は、イタリアのアマルフィ海岸のようだともいわれる

【和歌の浦の見どころ】雑賀崎

岬の高台にある雑賀埼灯台。紀伊水道を一望できる展望広場も完成した

Le Vogue 1008

迷路みたいな漁村の中におしゃれなカフェを発見!

古民家を改装したカフェで、フランス菓子を中心にオリジナルレシピのケーキが楽しめる。アンティークを配した店内は、ヨーロッパ調でまとめられている。

Le Vogue 1008

(手前)サンマルク 495円
(奥)チーズケーキ 440円

Le Vogue 1008

異国情緒あふれる店内のほか、海の見えるテラス席もある

Le Vogue 1008

大胆に描かれた壁画が目印。奥にある階段を上って店へ

Le Vogue 1008

住所
和歌山県和歌山市雑賀崎1008

雑賀崎

住所
和歌山県和歌山市雑賀崎
交通
JR和歌山駅から和歌山バス雑賀崎循環線で35分、雑賀崎遊園下車、徒歩15分
料金
情報なし

【和歌の浦の見どころ】養翠園

松の緑が広大な池に映える

大浦湾に臨む徳川末期を代表する大名庭園。池泉回遊式の庭園で、池は海水を取り入れた汐入式の独特のもの。カキツバタの咲く5月が特に美しい。

【和歌の浦の見どころ】養翠園

約1100本の松は、下から上に持ち上げるように仕立てられている

養翠園

住所
和歌山県和歌山市西浜1164
交通
JR和歌山駅から和歌山バス雑賀崎循環線で20分、養翠園下車、徒歩10分
料金
入場料=大人(中学生以上)600円、小人(小学生以下)300円/

【和歌の浦の見どころ】番所庭園

海に長く突き出た岬にある公園

「番所の鼻」と呼ばれる特徴的な地形で、江戸時代には海の防備見張りの番所が設置されていた。ペリー来航の際にも黒船を見張っていたという。

【和歌の浦の見どころ】番所庭園

園内には芝生広場が広がり、バーべキューも楽しめる

番所庭園

住所
和歌山県和歌山市雑賀崎番所ノ鼻629
交通
JR和歌山駅から和歌山バス雑賀崎循環線で35分、雑賀崎遊園下車、徒歩15分
料金
大人600円、小学生300円

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください