コツまでわかる国内観光旅行情報サイト|マップルトラベルガイドコツまでわかる国内観光旅行情報サイト

×

 >  >  >  >  >  高野山の玄関口【九度山】真田幸村ゆかりの地さんぽ!

高野山の玄関口【九度山】真田幸村ゆかりの地さんぽ!

by mapple

更新日:2018年10月15日

真田幸村が暮らした屋敷があり、数々の幸村伝説が残る九度山は、高野山参詣の玄関口としても有名。さまざまな歴史を刻むノスタルジックな町を散策しよう。

九度山駅

町の玄関口の駅舎も六文銭と赤備えでお出迎え

2016年のNHK大河ドラマ「真田丸」放映を契機にリニューアル。駅舎やホームには六文銭をあしらった真っ赤な暖簾や幕がかかる。駅前トイレの壁もぜひチェックしてみて。

人気だった真田赤備え列車も延長して運行中

真田古墳

大阪城まで続いている!?真田の抜け穴

地元では「発掘の抜け穴」とよばれ、この穴から大阪城まで続いていて、幸村(信繁)はここから千畳に出向いたと伝えられていた。発掘調査の結果、古墳時代後期の古墳と判明。

幸村ゆかりの地にあることから真田古墳の名に

真田庵(善名称院)

幸村が家族と暮らした屋敷跡で当時をしのぶ

真田家三代が住んでいた屋敷跡に建てられた高野山真言宗の寺で、本尊は延命子安地蔵菩薩。武家屋敷風の長屋門には、真田の家紋である六文銭が刻まれていて、昔をしのばせる。昌幸はこの地で亡くなっていて、境内には墓もある。

門には真田家の家紋である六文銭が

珍しい城郭風の八棟造りの本堂

幸村の槍先や赤備えの兜などが見られる!

幸村伝説

真田信繁(幸村)が屋敷に落ちた雷をこの井戸に封じて、村人を救ったと伝わっている。

雷封じの井
分厚い石のふたでしっかりと閉じられた井戸。境内にあり自由に見学できる。

九度山・真田ミュージアム

真田家三代が九度山で過ごした十四年間を中心に紹介!!

真田昌幸、信繁(幸村)、大助の真田家三代の軌跡や九度山での様子をパネル展示やドラマ仕立ての映像で紹介。また、企画展も開催(詳細は問い合わせ)する。

6六文銭や赤備えなどが随所にデザインされている。映像資料なども見ごたえあり

慈尊院

女人高野と呼ばれる弘法大師の母ゆかりの寺

弘法大師空海が、庶務を司る政所として建立。当時は今の場所より北にあり、天文9(1540)年の大洪水で流失してしまった。しかし、弥勒堂は事前に現在の地に移してあったので難を逃れ、重要文化財に指定されている。

弘法大師が創立し寛永年間に再建された多宝塔。平成24年に改修が完成し色鮮やかな姿を見ることができる

女人高野として、子授け、安産、乳がん平癒などを願って、乳房形の絵馬を奉納する女性が多く訪れる

弥勒堂には、21年に一度開帳される木造弥勒仏坐像(国宝)が安置されている

丹生官省符神社 世界遺産

空海を高野山に導いた地主神を祀る空海創建の社

狩場明神に姿を変え、空海を高野山へ導いたとされる高野御子大神とその母神丹生都比売大神を主祭神とする。国からの不干渉と免税が認められた官省符荘(荘園)の総本社として栄えた。木造一間社春日造りの社殿3棟は国の重要文化財。

拝殿から見る室町時代後期再建の本殿

慈尊院から丹生官省符神社へと続く119段の石段

高野山町石道 世界遺産

弘法大師が高野山を開創した際に表参道とした道で、慈尊院から壇上伽藍まで、一町ごとに石の道標(卒塔婆形町石)が建てられている。

真田まつり

真田三代の武者行列が登場

真田家三代をしのぶ祭で、武者行列や鉄砲隊などの行進が最大の見どころ。甲冑をまとった真田昌幸、信繁(幸村)、大助を中心に、真田十勇士も登場。クライマックスは真田庵へのお参りや餅まきで盛り上がる。

事前に武者行列参加者の募集も行われるので、チャレンジしてみては

真田昌幸も堂々とした姿をみせる

ランチはココで

おやつの時間 cafe style

レトロな古民家カフェで健康ランチとスイーツを

築90年の旅館だった建物を改装した店内は、大正ロマンの趣がある。新鮮な野菜を使った週替わりの健康ランチや九度山産のイチゴやブルーベリーを使った創作スイーツが人気。1日1組限定で宿泊もできる。

週替わり九度山ランチ…1180円(白米ご飯の場合は980円)
野菜たっぷりのメインと小鉢、味噌汁に酵素玄米ご飯がセットに。

少しわかりにくい場所にあるので、手書きの看板を目印に

そば処 幸村庵

真田庵のお隣にあり店内には赤備えの具足が!

紀州九度山真田そばの店で、メニューには幸村御膳、大助御膳などが並ぶ。信繁(幸村)が生まれた上田市で修業したという店主が打つそばはのど越しの良い本格派。古民家を改装した風情ある建物の壁には、六文銭が刻まれている。

幸村御膳…2100円
ざるそばに天ぷら盛り合わせ、柿の葉ずし、蕎麦豆腐にデザート、コーヒーなどが付く

重厚な造りの店内は、落ち着く雰囲気

ひと足のばしてココにも行ってみよう

九度山町の隣のかつらぎ町にある2つの神社にも注目。山中にある天野の里の丹生都比売神社に加え、麓にある丹生酒殿神社も平成28年、世界遺産に登録された。

丹生都比売神社 世界遺産

高野山の守護神日本書記にも記されている古社

1700年以上前に創建された紀伊国一之宮。全国の丹生都比売大神を祀る総本社にあたる。本殿は日本最大級の一間社春日造で、壮麗な楼門とともに重要文化財に指定されている。高野山参詣の前に参拝することが古くからの習わしとされている。

この神社の祭神が空海に高野山を授け、その地に導いたと伝わる

鏡池に架かる、淀君が寄進したと伝わる輪橋

丹生都比売大神など四神が祀られている本殿

丹生酒殿神社 世界遺産

秋にはイチョウの巨木が一面を黄金に染める

丹生都比売命が最初に下り立った地に建つ神社で、境内に巨大なイチョウや華岡青洲が寄進した燈籠がある。神社名は紀の川の水で酒を醸造したことに由来するといわれている。この神社を起点とする「高野参詣道三谷坂」が世界遺産に追加登録された。

裏手にある鎌八幡宮では、諸願成就のためご神木に打ち込まれた鎌が今も残っている

筆者:mapple

まっぷる和歌山 白浜・高野山・熊野古道’19

発売日:2018年04月10日

Amazonで購入する

エリア

 >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

×
×