トップ > 国内 > 

この記事の目次

【GWの過ごし方×おうち時間】20.自宅エクササイズ

【GWの過ごし方×おうち時間】20.自宅エクササイズ
写真:123RF

ふだん、なかなか運動できていないという方は、日常生活に取り入れやすいトレーニングやエクササイズを連休中に見つけてスタートしてみましょう。リングフィットアドベンチャーやWiiフィット、Wiiスポーツなど、トレーニングやエクササイズができるゲームも人気です。

ただし、外出自粛やリモートワーク推奨を反映して、ゲーム本体やソフトが欠品になっている可能性もあります。その場合は「Nike Training Club」などフィットネスをサポートしてくれる無料アプリなどを利用してみましょう。YouTubeの「Marina Takewaki」チャンネルなど、マンションでもできるダンストレーニング動画を見ながら一緒に体を動かすのもおすすめ。

【GWの過ごし方×おうち時間】21.瞑想で心を整える

【GWの過ごし方×おうち時間】21.瞑想で心を整える
写真:123RF

心を整える方法として、密かなブームを見せている瞑想。サッカーの長谷部選手は寝瞑想をルーティーンとしていると自伝で書いています。アスリートは自然に行なっている人が多いようですね。

瞑想はもともと釈迦が弟子たちにすすめたものですが、環境が整っていないと上手にやりにくい側面があるので、アイテムを取り入れると良いかもしれません。例えばキャンドルを使って、揺れる炎をひたすら見つめる瞑想や、アロマを使って香りに集中する瞑想など、五感を使うことをおすすめします。

【GWの過ごし方×おうち時間】22.散歩をする

【GWの過ごし方×おうち時間】22.散歩をする
写真:123RF

散歩なら、ウォーキングほど歩くことだけに集中しなくてよく、歩きやすい靴と服装でさえあれば、わざわざトレーニングウェアを着る必要もありません。日差しや風、花や緑の香りを感じつつ、ゆっくりと風景を眺めながら気の向くまま・足の向くままにブラブラ歩きを楽しむだけです。旅行するときに景色を楽しみながら歩く感覚で、自宅周辺を散歩してみましょう。

ふだん歩かない道を通ってみたり、ふだん利用しないお店をチェックしてみたりすると、意外な発見があるかもしれません。戸建て住宅の多いエリアなら、各戸の庭木や花壇などを眺めながら歩いても楽しめるでしょう。

【GWの過ごし方×おうち時間】23.ジョギングやウォーキング、トレーニングをする

【GWの過ごし方×おうち時間】23.ジョギングやウォーキング、トレーニングをする
写真:123RF

外出自粛といっても、3密を避けられる戸外などで適度な運動はしたほうがよいといわれています。人が多くない早朝などにジョギングやウォーキング、ラジオ体操や太極拳といった軽い運動をすることは体に良く、ストレスも解消できるでしょう。心身を健康に保つことによって、免疫力もアップするかもしれません。

ただし、同じことを考える方は多いようで、外出自粛の要請が出てからは公園に集まる人が増えているともいわれています。新型コロナウィルス感染を予防するには、他人と2m程度のソーシャル・ディスタンスを保つことが大切です。人が多い場合は、場所を変えたほうが安心でしょう。

【GWの過ごし方×おうち時間】24.身近な自然観察をする

【GWの過ごし方×おうち時間】24.身近な自然観察をする
写真:123RF

自宅周辺で見られる野草や野鳥、昆虫や魚などを撮影し、インターネット検索を駆使して名前や生態をリサーチしてみると、なかなか楽しめるのではないでしょうか。

自然が豊かなエリアはもちろん、大都会にも野生の動植物がたくさん生息しています。野鳥なら渡り鳥なのか留鳥なのか、どんな鳴き声なのか、オスとメスの見分け方などを調べてみると面白いでしょう。野草の場合は日本固有種なのか外来種なのか、原産地はどこか、花や実の形などをリサーチしてみましょう。

身近な自然観察は1人でも親子でも楽しむことができ、忙しい日常の中で心のうるおいを発見しやすくなる習慣です。自然から面白いものを見つける視点を養うと、旅行の楽しみも倍増しますよ。

【GWの過ごし方×おうち時間】25.テントを張ってプチキャンプ

【GWの過ごし方×おうち時間】25.テントを張ってプチキャンプ
写真:123RF

本格的なオートキャンプ場は、3密を避けてレジャーが楽しめる場所として、逆に混雑する可能性があります。

また、キャンプ場への移動中にスーパーやコンビニ、日帰り温泉など様々な場所に立ち寄ることで自分が感染する危険、または人に感染させてしまう危険があるため、屋外レジャーと言えども今の時期に遠くのキャンプ場に行くのは控えたほうが良さそうです。

そこでアウトドア気分を楽しみたい!そんな方は自宅の庭やバルコニー、スペースがあるなら室内で小さめのテントを張り、プチキャンプを楽しんでみてはいかがでしょうか。

自宅でテントを張るのが難しい場合、近隣の河川敷や広い公園など、人の少ない場所にテントと寝袋を持っていき、夜だけ野宿してみるのも良いでしょう。

お子さんと一緒にテントを張り、寝袋の中でヒソヒソ話をする。それだけでも子供にとっては特別な体験になるはずです。

【GWの過ごし方×おうち時間】26.オンライン旅行にトライ

【GWの過ごし方×おうち時間】26.オンライン旅行にトライ
写真:123RF

新型コロナウイルスの影響で人の移動が制限されたために始まったサービスの一つに「オンライン旅行」があります。

現地にいるプロのガイドや主婦などとビデオ通話でつなぎ、会話を楽しみながら観光地や街の日常を案内してもらえる体験型旅行サービスで、値段は30分500円など有料のものから無料のものまで。国内外を問わず多種多様な地域と目的別コースが設定されています。

家にいながら海外旅行ができ、家族やカップルで同時に楽しむこともできる「オンライン旅行」は今だからできる新しい体験ともいえます。

1 2 3 4 5

まっぷるトラベルガイド編集部は、旅やおでかけが大好きな人間が集まっています。

皆様に旅やおでかけの楽しさ、その土地ならではの魅力をお伝えすることを目標に、スタッフ自らの体験や、旅のプロ・専門家への取材をもとにしたおすすめスポットや旅行プラン、旅行の予備知識など信頼できる情報を発信してまいります!

エリア

トップ > 国内 > 

この記事に関連するタグ

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください