トップ > 北海道 > 札幌・函館・旭川 > 

【札幌】インテリアに癒される!札幌のおすすめおしゃれカフェ5選  <画像提供:チョコレート・ラウンジ・オックスフォード>

まっぷるトラベルガイド編集部

更新日:2021年9月17日

この記事をシェアしよう!

【札幌】インテリアに癒される!札幌のおすすめおしゃれカフェ5選

北海道のおしゃれ発信地・札幌には、5,000冊が店内を彩るブックカフェや、大自然が望めるラウンジカフェなど、心ときめく素敵なおしゃれカフェがたくさんあります。

また、おしゃれなだけでなく、北海道産の新鮮な食材がふんだんに使われているのも、札幌のカフェの魅力。

今回は、札幌をこよなく愛するライターが、個性が光る札幌のおすすめおしゃれカフェを5店ご紹介します。「新型コロナウイルスが落ち着いたら北海道に行きたい」と考えている方は、ぜひ札幌おしゃれカフェ巡りの参考にしてみてください!

おしゃれなインテリアが重なるアート空間「MORIHICO.藝術劇場」(大通駅)

おしゃれなインテリアが重なるアート空間「MORIHICO.藝術劇場」(大通駅)
大きなガラス窓が目を引く外観

まず初めにご紹介したいのは、観光名所・札幌時計台、さっぽろテレビ塔から徒歩4分の場所にある「MORIHICO.藝術劇場(モリヒコ げいじゅつげきじょう)」です。

北海道のコーヒーカンパニー「MORIHICO.(モリヒコ)」が手がけるカフェで、天井まで伸びる大きなガラス窓はインパクトがあり、洗練された佇まいに吸い込まれそうになります。

球体のライトとネオンの光が幻想的な店内

お店の天井には、ロマンチックな球体アーチのデコレーションが。店内奥はオープンカウンターになっており、広々とした空間で心地よくくつろげます。

ソファは革製のものが並び、肌触りも座り心地もバツグン!日常を忘れ、気分が上がること間違いなしです。

見た目もかわいい「苺のフルーツサンド」(880円・税込)

一番人気のメニューは、「苺のフルーツサンド」。サイコロ型のコロンとしたフォルムがかわいらしく、食べるのがもったいないほどです!薄切りパンからはたっぷりのクリームと大きな苺が顔を出し、あっさり系のクリームと甘い苺のハーモニーが口いっぱいに広がります。

「MORIHICO.」自慢のコーヒーは深みがあり、こちらもファンが多い定番メニュー。
店内にある本や雑誌を自由に読みながら、洗練された空間で時間を忘れてくつろいでみてくださいね。

※新型コロナウイルス感染症対策
マスク着用、アルコール消毒、隣客との距離確保または間仕切り設置、定期的な換気など

■MORIHICO.藝術劇場
①住所
北海道札幌市中央区北一条西1丁目
札幌市民交流プラザ 1階
②電話
011-590-6540
③交通
地下鉄大通駅30番出口直結
④営業期間
通年
⑤営業時間
平日:8:00〜22:00(L.O. 21:30)
土日祝日:9:00〜22:00(L.O. 21:30)
⑥休業日
1/1、2
⑦料金
苺のフルーツサンド(880円)、ハンドドリップコーヒー(638円〜)全税込
⑧カード
利用可能
⑨駐車場
さっぽろ創世スクエアの地下の「タイムズステーション 」(有料)を利用
総台数379台(うち時間貸286台)
▼最大料金(繰り返し適用)
駐車後24時間1,800円
▼通常料金
08:00 – 20:00 60分 440円
20:00 – 08:00 60分 110円
>>公式サイトはこちら

5,000冊の書籍がずらり!おしゃれに旅行気分を満喫「WORLD BOOK CAFE」(大通駅)

5,000冊の書籍がずらり!おしゃれに旅行気分を満喫「WORLD BOOK CAFE」(大通駅)
5,000冊超の本や雑誌が並ぶ店内

続いては、さっぽろテレビ塔から徒歩2分、旅行や本好きの方から愛される人気のおしゃれカフェ「WORLD BOOK CAFE(ワールドブックカフェ)」をご紹介します。

店内には5,000冊超えの旅雑誌と海外の本がそろい、旅好きでなくてもワクワクする空間です!

気球のオブジェが飾られた天井

店内は「旅行」「海外」をテーマにしたインテリアで飾られていて、自然と気持ちが高まります。客席に目を向けると、トランクを模したテーブルと気球型のオブジェを発見!

店内の壁をポップな肖像画が彩ります <画像提供:WORLD BOOK CAFE>

ソファ席後ろの壁には、海外アーティストや偉人の肖像画が並び、好奇心がくすぐられます。

お一人でゆったりしたいときには窓際のカウンター席、ご友人や大切な方とゆったりお話したいときはテーブル席がおすすめです。

ベイクドチーズケーキ(ドリンク付き900円・税込)

おすすめメニューは、ファンの多いベイクドチーズケーキ。しっとりと濃厚で、チーズの甘さを存分に感じられる逸品。おいしいスイーツを楽しみながら、おしゃれカフェで妄想旅に出かけてみませんか?

※新型コロナウイルス感染症対策
マスク着用、アルコール消毒、隣客との距離確保または間仕切り設置、定期的な換気など

■WORLD BOOK CAFE (ワールドブックカフェ)
①住所
北海道札幌市中央区南1条西1丁目2 大沢ビル5F
②電話
011-206-7376
③交通
地下鉄大通駅26番出口より徒歩1分
④営業期間
通年
⑤営業時間
12:00〜22:00
カフェタイム(飲み物とデザートのみ)16:00〜17:30
※現在は感染症対策のため、20時閉店。詳細はお店のInstagramを確認
⑥休業日
不定休
⑦料金
デザートセット(900円〜)税込
⑧カード
不可
⑨駐車場
なし
>>Facebookはこちら
>>Instagramはこちら

大窓から光が注ぐおしゃれ空間「きのとや大通公園店・きのとやカフェ」(大通駅)

大窓から光が注ぐおしゃれ空間「きのとや大通公園店・きのとやカフェ」(大通駅)
黄色とホワイトの装いが晴れやかな店内 <画像提供:きのとや>

北海道で有名な洋菓子店「きのとや」が手がけるショップ&カフェが「きのとや大通公園店・きのとやカフェ」です。

地下鉄大通駅直結で大通り沿いにあるこちらのおしゃれカフェ。大きな窓から降り注ぐ自然光の中で、食事やスイーツが楽しめます。

オムパフェ(594円・税込)

人気ナンバーワンスイーツ「オムパフェ」は、しっとりふわっと食感に焼き上げた特製オムレット生地に、たっぷりの生クリームとカスタードクリーム、牛皮、粒あん、バナナを包み、華やかにフルーツを飾ったボリュームあるケーキです。

カラフルな見た目のオムパフェは手土産にも人気

おいしいたまごのプリン(378円・税込)<画像提供:きのとや>

ケーキのほか、北海道産の材料をふんだんに使ったプリンや焼き菓子も勢ぞろい。もちろんテイクアウトもできますので、おうちでのカフェタイムやお土産などにもぴったりですね。

厳選された新鮮素材で作られたスイーツをぜひ味わってみてください。

※新型コロナウイルス感染症対策
マスク着用、アルコール消毒、席数を減らしテーブルの間隔を空けて配置、定期的な換気など

■きのとや大通公園店・きのとやカフェ
①住所
北海道札幌市中央区大通西3丁目
北洋大通センター大通ビッセ1階
②電話
011-233-6161
③交通
地下鉄大通駅7番出口直結
④営業期間
休業日あり
⑤営業時間
10:00〜20:00
※現在は感染症対策のため、10:00〜18:00。詳細はお店の公式サイトを確認
⑥休業日
1月1日
⑦料金
オムパフェ(594円)、オムパフェセット※オムパフェにコーヒーまたはティーつき(935円)、おいしいたまごのプリン(税込378円)全税込
⑧カード
利用可能
⑨駐車場
なし
>>公式サイトはこちら

おしゃれに読書タイムを過ごす「MORIHICO.STAY&COFFEE」(菊水駅)

おしゃれに読書タイムを過ごす「MORIHICO.STAY&COFFEE」(菊水駅)
HOTEL POTMUMにある「MORIHICO.STAY&COFFEE」外観

次にご紹介するおしゃれカフェは札幌駅から車で約10分、札幌のダウンタウンである「菊水」という場所にあります。リノベーションホテル「HOTEL POTMUM(ホテル ポットマム)」の中にある、「MORIHICO.STAY&COFFEE」(モリヒコ・ステイアンドコーヒー)」というカフェです。

上記でご紹介した「MORIHICO.藝術劇場」と同じく、「MORIHICO.」が手がけるカフェで、店内の天井高は5メートルもあり、吹き抜けが気持ちよい空間が広がります。おしゃれなホテルだけあって、カフェでも非日常感が味わえますよ!

2,000冊の本がずらりと並ぶ店内

店内では、約2,000冊の本を自由に読むことができ、宿泊中の方はもちろん、読書を目当てに訪れる方も多くいらっしゃるのだそう。オレンジ色の穏やかな光に包まれながら、しっとり読書タイムを楽しむのもよいですね。

ネオンサインが照らすテーブル&カウンター席

ネオンサインが飾られたスペースは、スタイリッシュな雰囲気が魅力的。フォトジェニックな写真が撮れるので、撮影を楽しむ方にも人気です。

コーヒーを注ぐ様子が見えるオープンカウンター

オープンカウンターでは、間近にコーヒー抽出の様子を見ることができます。目の前で淹れてもらうと、より味わい深く感じられますね。
本やコーヒー、カメラを片手に、充実したひとときを過ごしてください。

※新型コロナウイルス感染症対策
マスク着用、アルコール消毒、隣客との距離確保または間仕切り設置、定期的な換気など

■MORIHICO.STAY&COFFEE(モリヒコ・ステイアンドコーヒー)
①住所
北海道札幌市白石区菊水1条1丁目3−17
②電話
011-826-4501
③交通
地下鉄菊水駅2番出口より徒歩3分
④営業期間
通年
⑤営業時間
7:30~22:00 (フードL.O. 21:00、ドリンクL.O. 21:30)
※現在は感染症対策のため、下記にて時短営業。詳細はお店の公式サイトを確認
7:30〜19:00 (フードL.O. 18:00、ドリンクL.O. 18:30)
ランチメニューは11:30〜14:30
⑥休業日
年中無休
⑦料金
STAY&COFFEEブレンド レギュラー/ラージ(539円/594円)全税込
各税込
⑧カード(利用の可不・可)
利用可能
⑨駐車場
12台(無料)
>>公式サイトはこちら

おしゃれスイーツと大自然に酔いしれる「チョコレートラウンジ・オックスフォード」(宮の沢駅)

おしゃれスイーツと大自然に酔いしれる「チョコレートラウンジ・オックスフォード」(宮の沢駅)
ホテルラウンジを思わせる外観 <画像提供:チョコレート・ラウンジ・オックスフォード

北海道土産の定番と言えば「白い恋人」。お菓子づくりの体験や工場見学ができる「白い恋人パーク」には、「チョコレートラウンジ・オックスフォード」というおしゃれカフェがあります。

札幌駅からは車で約20分。電車の場合は地下鉄・宮の沢駅で下車し、徒歩7分ほどで到着です。

ブラウンカラーの重厚感ある店内 <画像提供:チョコレート・ラウンジ・オックスフォード>

まるでホテルのようなエレガントな雰囲気の中、極上のティータイムが過ごせます。

大自然が一望できる窓際席

人気の席は、大自然が望める窓側のお席。天気がいい日は雄大な山々を遠くまで望むことができ、息を呑むほどの絶景を堪能することができます。

ISHIYA満喫セット(2,200円・税込) <画像提供:チョコレート・ラウンジ・オックスフォード>

気持ちをさらに盛り立ててくれるのが、「ISHIYA満喫セット」。「白い恋人」や「美冬」、「白いロールケーキ」など、白い恋人の製造元である「ISHIYA」ブランドのスイーツが一度に味わえる、贅沢なセットメニューです。

三段重ねの盛り付けは、英国式アフタヌーンティーそのもの!海外にプチトリップしている気持ちになれますよ。

パーク内展示のヨーロッパ製チョコレートカップ

食後には、パーク内を散策してみてください。建物内に散りばめられたレトロな調度品を見学でき、一層気持ちが華やぎます。

景色、空間、スイーツの三拍子が揃うラウンジで、優美な思い出を作ってくださいね。

※新型コロナウイルス感染症対策
マスク着用、検温、アルコール消毒、隣客との距離確保または間仕切り設置、定期的な換気など。公式サイト(https://www.shiroikoibitopark.jp)にリアルタイムでCO2濃度から算出した混雑状況を掲載。

■チョコレートラウンジ・オックスフォード
①住所
北海道札幌市西区宮の沢2条2丁目11−36 白い恋人パーク内
②電話
011-666-1481
③交通
地下鉄東西線「宮の沢駅」 より徒歩約7分
④営業期間
2022年1月1日、2日※年末年始の営業は毎年変更
⑤営業時間
10:00-17:00 (L.O. 16:30)
⑥休業日
年中無休
⑦料金
※利用の際、別途入館料が必要(高校生以上800円、中学生以下400円、3歳以下無料)
ISHIYA満喫セット(2,200円)税込
⑧カード(利用の可不・可)
利用可能
⑨駐車場
あり(無料、予約不可)
※デイサービス等で利用のワンボックスカーは屋外駐車場へ駐車
>>公式サイトはこちら

何度も行きたい札幌のおしゃれカフェ

冬が長い札幌は、長時間くつろげる空間づくりが得意なのかもしれません。
素敵なインテリアのおしゃれカフェでくつろいでいると、自然と気持ちが明るくなるもの。

札幌に来られたら、充実したカフェ時間をぜひ味わってみてくださいね!

まっぷるトラベルガイド編集部は、旅やおでかけが大好きな人間が集まっています。

皆様に旅やおでかけの楽しさ、その土地ならではの魅力をお伝えすることを目標に、スタッフ自らの体験や、旅のプロ・専門家への取材をもとにしたおすすめスポットや旅行プラン、旅行の予備知識など信頼できる情報を発信してまいります!

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください