トップ > 東海・北陸 > 名古屋・愛知 > 名古屋・瀬戸・犬山 > 名古屋 > 

この記事の目次

【雨の名古屋×おすすめデートスポット】名古屋陶磁器会館

【雨の名古屋×おすすめデートスポット】名古屋陶磁器会館

思わず見とれる芸術的な陶磁器が並ぶ

海外向け陶磁器の生産が盛んだったという東区にあるスポット。現在では珍しい日本未流通の陶磁器が展示されています。陶磁器の上絵付け教室、転写紙体験(要予約)も実施中。

名古屋陶磁器会館

住所
愛知県名古屋市東区徳川1丁目10-3
交通
地下鉄栄駅から名古屋市バス引山行きで9分、赤塚白壁下車、徒歩3分
料金
無料

【雨の名古屋×おすすめデートスポット】名古屋能楽堂

【雨の名古屋×おすすめデートスポット】名古屋能楽堂

国内最大級の規模を誇る能楽堂

能舞台は総木曾檜造りで伝統的な日本建築。併設の展示室では年6回企画展が開催され、能楽に関する資料を展示しています。定例公演ではイヤホンガイドの解説があるので、初めての人も安心して楽しめます。

名古屋能楽堂

住所
愛知県名古屋市中区三の丸1丁目1-1
交通
地下鉄浅間町駅から徒歩10分
料金
展示室=無料、催事時は別料金/舞台利用=93000円~/会議室利用=13100円~/けい古室利用=9800円~/楽屋利用=3700円~/(施設利用は曜日・時間帯・利用時間数等の利用区分により異なる)

【雨の名古屋×おすすめデートスポット】文化のみち二葉館・【名古屋市旧川上貞奴邸】

【雨の名古屋×おすすめデートスポット】文化のみち二葉館・【名古屋市旧川上貞奴邸】

財政界人の社交の舞台となった建物

日本の近代女優第一号といわれた川上貞奴の邸宅を移築復元。政財界人や文化人が集ったという豪華な建物内には、貞奴に関する資料のほか、郷土ゆかりの文学資料などが展示されています。

文化のみち二葉館・【名古屋市旧川上貞奴邸】

住所
愛知県名古屋市東区橦木町3丁目23
交通
地下鉄高岳駅から徒歩10分
料金
入館料=大人200円、小・中学生無料/橦木館との共通観覧券=大人320円/(20名以上は団体割引で160円、名古屋市敬老手帳持参で100円、障がい者手帳持参で無料)

【雨の名古屋×おすすめデートスポット】センチュリーシネマ

【雨の名古屋×おすすめデートスポット】センチュリーシネマ

単館系の名画を観られるミニシアター

名古屋パルコ東館8Fにあるミニシアターでは、洋画邦画を問わず、単館系の映画を上映中。併設したカフェではコーヒー、GURUMAN(グルマン)のパンが楽しめます。カフェのみの利用もOK。

センチュリーシネマ

住所
愛知県名古屋市中区栄3丁目29-1名古屋パルコ東館 8階
交通
地下鉄矢場町駅からすぐ
料金
情報なし(映画料金60歳以上1200円、障がい者1000円、留学生1200円、シネクラブ会員1000円、PARCOカード持参で200円引)

【雨の名古屋×おすすめデートスポット】東谷山フルーツパーク

【雨の名古屋×おすすめデートスポット】東谷山フルーツパーク

果物をテーマにした農業公園。季節ごとにイベントや収穫体験も

世界のフルーツが勢ぞろいするユニークな公園。熱帯果樹温室やくだもの館、フィッシングコーナー、レストランなどがあり、東谷山への散策路も整備されています。

東谷山フルーツパーク

住所
愛知県名古屋市守山区愛知県名古屋市守山区上志段味東谷2110
交通
JR中央本線高蔵寺駅からタクシーで7分
料金
入園料=無料/温室=大人300円、中学生以下無料/

【雨の名古屋×おすすめデートスポット】天然温泉露天風呂と美肌の湯 宮の湯

【雨の名古屋×おすすめデートスポット】天然温泉露天風呂と美肌の湯 宮の湯

月替わりの温泉露天風呂と美肌の湯を楽しむ

源泉湧出地から直送の天然温泉露天風呂に加え、各浴槽やシャワーで使われている高濃度軟化水も評判。ボディケアや韓国アロマエステなど、癒やしのメニューも充実したスポットです。

天然温泉露天風呂と美肌の湯 宮の湯

住所
愛知県名古屋市熱田区桜田町20-7
交通
JR東海道本線金山駅から市バス高辻方面行きで5分、池内町下車、徒歩3分
料金
入浴料=大人620円、小学生200円、幼児(0歳~)100円/入浴料(土・日曜、祝日)=大人720円、小学生250円、幼児100円/

雨の日でも、名古屋には楽しいデートスポットがたくさん!

1日ずっと家の中、気がつけば夜になっていた雨模様の休日。
せっかく立てたデートの予定も、次に会える日までおあずけの状態。
これまではそうでした。

これからは「雨の日だから遊びに行けない」と思い込むことはありません。
次の雨の休日には、雨だからこその楽しい場所へ、あの人と一緒におでかけしてみてはいかがでしょうか!

1 2 3
筆者
渡辺拓海

村上春樹が好きな編集者。好きな言葉は「やれやれ」です。旅やおでかけの楽しさ、その土地ならではの魅力を、オールジャンルでお届けしますね!

エリア

トップ > 東海・北陸 > 名古屋・愛知 > 名古屋・瀬戸・犬山 > 名古屋 > 

この記事に関連するタグ

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください