トップ > 全国 x とんかつ > 関東・甲信越 x とんかつ > 首都圏 x とんかつ

首都圏 x とんかつ

首都圏のおすすめのとんかつスポット

首都圏のおすすめのとんかつスポットをご紹介します。海を眺めながら海鮮ととんかつが堪能できる「浜料理 あら珠」、「串カツ勝」、二度揚げが生み出す究極のとんかつ「あげづき コレド室町テラス店」など情報満載。

首都圏のおすすめのとんかつスポット

  • スポット:32 件
  • 記事:6 件

1~20 件を表示 / 全 32 件

浜料理 あら珠

海を眺めながら海鮮ととんかつが堪能できる

イタリアンレストラン「アマルフィイ」の系列店。七里ヶ浜を見渡す最高の場所にあり、海を眺めながら揚げたてのとんかつと海鮮料理が味わえる。テラスでは炭火のバーベキュー「浜焼き」も人気だ。

浜料理 あら珠
浜料理 あら珠

浜料理 あら珠

住所
神奈川県鎌倉市七里ガ浜1丁目3-18
交通
江ノ島電鉄七里ヶ浜駅からすぐ
料金
海鮮七里丼=1650円/桶盛り刺身定食=1890円/やまゆりポークのロースかつ定食=1490円/浜焼き(1人前、テラス席のみ)=2480円/

串カツ勝

串カツ勝

住所
東京都港区新橋1丁目13-3新橋ガード下横丁内

あげづき コレド室町テラス店

二度揚げが生み出す究極のとんかつ

神楽坂で名を馳せる名店。宮崎県産の希少な豚肉「南の島豚」を使用し、じっくり二度揚げしている。とろけるような肉のうまみに舌鼓を。

あげづき コレド室町テラス店
あげづき コレド室町テラス店

あげづき コレド室町テラス店

住所
東京都中央区日本橋室町3丁目2-1COREDO室町テラス 1階
交通
地下鉄三越前駅からすぐ
料金
南の島豚ロースかつ定食=1630円(昼)・2290円(夜)/

井泉 本店

お箸で切れるやわらかいとんかつ

キャッチフレーズは「お箸できれるとんかつ」。肉はもちろんのこと、揚げ油からパン粉や野菜、米まで、吟味した食材を使用している。昭和5(1930)年創業。かつサンド発祥の店としても有名。

井泉 本店
井泉 本店

井泉 本店

住所
東京都文京区湯島3丁目40-3
交通
地下鉄上野広小路駅からすぐ
料金
ヒレかつ定食=1850円/ロース定食=1350円/ヒレかつサンド(6切入)=900円/エビフライ=1300円/エビコロッケ=900円/かにときゅうりのサラダ=750円/

とんかつ きたき

素材にこだわる極上とんかつ

契約農家から仕入れるコシヒカリをはじめ素材にこだわる。とんかつの味とボリュームには定評があり、料金も納得。鹿島アントラーズの選手も訪れる。

とんかつ きたき
とんかつ きたき

とんかつ きたき

住所
茨城県鹿嶋市鉢形1518-4
交通
JR鹿島線鹿島神宮駅から鹿嶋コミュニティバス中央線鹿島(高松緑地公園)行きで20分、鉢形入口下車すぐ
料金
ランチ=935円/ひと口ヒレ定食=1210円/上ヒレカツ定食=2200円/ロースカツ定食=1155円/ミックス定食=1250円/

キムカツ亭

ふわっとした食感の「肉のミルフィーユ」

25層のミルフィーユカツで有名な「恵比寿キムカツ」が手がける丼専門店。やわらかでジューシーなキムカツを堪能しよう。

キムカツ亭

キムカツ亭

住所
東京都江東区青海1丁目1-10ダイバーシティ東京 プラザ 2階
交通
りんかい線東京テレポート駅から徒歩3分
料金
キムカツ丼=980円/

おかやま食堂

味に量に大満足のとんかつの名店

昼時には行列ができる人気ぶりで、遠方からわざわざ訪れる客もいるほど。とんかつなどのフライはもちろん、鮮魚を使った刺身や海鮮丼も好評だ。

おかやま食堂

おかやま食堂

住所
千葉県佐倉市新町105
交通
京成本線京成佐倉駅から徒歩15分
料金
日替わりランチ=1100円/ロースカツ定食=1050円/刺身盛り=1400円/

フレンチ串揚げ BEIGNET

フレンチ串揚げ BEIGNET

住所
東京都千代田区大手町2丁目6-4TOKYO TORCH Terrace 1階

とんかつ新宿さぼてん ソラマチ店

とんかつ新宿さぼてん ソラマチ店

住所
東京都墨田区押上1丁目1-2東京スカイツリータウン・ソラマチ イーストヤード 6階

小田保

厚切りチャーシューと半熟卵の最強コンビ

昔ながらのアットホームな定食店。人気は、看板メニューの「チャーシューエッグ定食」。季節限定「カキミックス定食」も評判で、その時期を心待ちにすファンも多い。

小田保
小田保

小田保

住所
東京都江東区豊洲6丁目豊洲市場 水産仲卸売場棟 3階
交通
ゆりかもめ市場前駅から徒歩5分
料金
チャーシューエッグ定食=1400円/

勝烈庵 馬車道総本店

肉汁溢れるとんかつにファンも多い

厳選された良質の柔らかい肉を使ったとんかつが名物。自家製生パン粉、野菜や果物をじっくりと時間をかけて熟成させた秘伝のソースも、老舗のこだわりの味だ。

勝烈庵 馬車道総本店
勝烈庵 馬車道総本店

勝烈庵 馬車道総本店

住所
神奈川県横浜市中区常盤町5丁目58-2
交通
JR根岸線関内駅から徒歩5分
料金
勝烈定食=1760円/神奈川の銘柄豚やまゆりポーク(限定品)ロースかつ定食=2200円/お好み定食=2420円/特製ヒレカツサンド=1210円/

勝漫

特大なのに後味があっさりのとんかつ

きめが細かくもっちりとしていて、脂身に甘みがあるもち豚を使用。特ロースかつは180g、ロースかつや大かつ丼は160g以上、厚さ2cmもの肉を20分かけてじっくり揚げる。

勝漫
勝漫

勝漫

住所
東京都千代田区神田須田町1丁目6-1堀谷ビル 1階
交通
地下鉄淡路町駅からすぐ
料金
大かつ丼=1700円/特ロースかつ定食=2200円(昼)・2200円(夜)/特ヒレかつ=2400円(昼)・2400円(夜)/

蓬莱屋

肉も油も新鮮な最高級ヒレかつ

大正時代に初めてヒレかつを売り出した店。メニューはヒレ肉を使ったヒレかつ定食と一口かつ定食の2品。高温の油で表面を固め、低温でじっくりと中まで火を通して揚げる。

蓬莱屋
蓬莱屋

蓬莱屋

住所
東京都台東区上野3丁目28-5
交通
JR山手線御徒町駅からすぐ
料金
ヒレかつ定食=3300円/一口カツ定食=3300円/

東京串カツかっちゃん

東京串カツかっちゃん

住所
東京都新宿区歌舞伎町1丁目3-7新宿センター街思い出の抜け道内

とんき

愛される味とサービスで行列のできるとんかつ屋

とんかつは国内産の肉を低温でじっくりと揚げ、香ばしい衣とジューシーな肉がぴったり合う。脂の乗ったロースや上質のヒレはもちろん、ご飯も味噌汁も美味しいとファンが多い。

とんき
とんき

とんき

住所
東京都目黒区下目黒1丁目1-2
交通
JR山手線目黒駅からすぐ
料金
ロースかつ定食=1900円/ヒレかつ定食=1900円/串かつ定食=1400円/

とんかつ亭有家

巨大なわらじとんかつが絶品

肉の卸業を営む主人が開いたとんかつ店。ヒレ肉を使った「大名とんかつ」が人気だ。りんご、梅しそ、チーズ、みそしそ入りなど、変わり種のとんかつもある。

とんかつ亭有家

とんかつ亭有家

住所
千葉県夷隅郡大多喜町久保135
交通
いすみ鉄道大多喜駅から徒歩3分
料金
大名とんかつ=1380~1950円/博多とんかつ=1380円/津軽とんかつ=1100円/家老とんかつ(ロース肉)=1100~1580円/わらじとんかつ=1100円/

大島屋

大島屋

住所
埼玉県秩父市三峰297-2

多津美

手間をかけたこだわりのメニューがそろう

サンライズ通り沿いで44年続くとんかつ屋。やわらかく甘みが強い北海道産阿寒ポークを使ったとんかつのほか、じっくり煮込んでコクを出した本格カレーも隠れた逸品。

多津美
多津美

多津美

住所
東京都大田区西蒲田7丁目48-8ルミエール光 1階
交通
JR京浜東北線蒲田駅からすぐ
料金
かつ煮カレー(ランチ)=1112円/ロースかつ定食=1566円(150g)・3186円(300g)/ヒレかつ定食=1782円(150g)・3402円(300g)/

毘利軒

気さくな夫婦がきりもりする串かつ店

気さくな夫婦がきりもりする、カウンターのみのこぢんまりした串かつ店。独自ブレンドのソースが、薄めの衣で揚げた串かつにマッチ。ソースの二度づけはNG。

毘利軒
毘利軒

毘利軒

住所
東京都葛飾区立石1丁目22-6
交通
京成押上線京成立石駅からすぐ
料金
串かつ=65円~/チューハイ=250円~/

新世界串や 新橋店

大阪通天閣の本場流串かつが楽しめる専門店

本場大阪通天閣の揚げたてアツアツの串かつが楽しめる専門店。お得な食べ放題や、名物の牛スジ入りのどて焼きがおすすめだ。ソースの二度漬けは厳禁。本場流で味わおう。

新世界串や 新橋店

住所
東京都港区新橋3丁目5-2新橋OWKビル 1階
交通
JR山手線新橋駅から徒歩3分
料金
牛串=96円/生ビール=409円/ランチ=500円~/

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください