観光旅行メディア|まっぷるトラベルガイド国内おでかけ情報満載!「まっぷる」の観光旅行メディア

 >  >  寒い日は鍋で体の芯からあたたまろう!全国のご当地鍋30&ご当地鍋が食べられるお店30

寒い日は鍋で体の芯からあたたまろう!全国のご当地鍋30&ご当地鍋が食べられるお店30

目次

  • 石狩鍋 【北海道】
  • 青森の桜鍋 【青森県】
  • きりたんぽ鍋 【秋田県】
  • しょっつる鍋 【秋田県】
  • だまこ鍋 【秋田県】
  • 山形の芋煮(鍋)【山形県】
  • いわきのアンコウ鍋 【福島県】
  • 茨城のアンコウ鍋 【茨城県】
  • おきりこみ鍋 【群馬県】
  • ちゃんこ鍋 【東京都】
  • 東京下町の鶏鍋 【東京都】
  • 東京下町の桜鍋 【東京都】
  • 横浜の牛鍋 【神奈川県】
  • ほうとう鍋 【山梨県】
  • みみ鍋 【山梨県】
  • 富山のベニズワイガニ鍋 【富山県】
  • とり野菜鍋【石川県】
  • 天城湯ヶ島の猪鍋 【静岡県】
  • 長浜の鴨料理鍋 【滋賀県】
  • ちりとり鍋 【大阪府】
  • てっちり鍋 【大阪府】
  • 大阪のハリハリ鍋 【大阪府】
  • 丹波のボタン鍋 【兵庫県】
  • 飛鳥鍋 【奈良県】
  • 下関のフク鍋 【山口県】
  • 鍋焼きラーメン 【高知県】
  • モツ鍋 【福岡県】
  • 水炊き鍋 【福岡県】
  • 田川ホルモン鍋 【福岡県】
  • 竹崎カニ鍋 【佐賀県】

ほうとう鍋 【山梨県】

ほうとう鍋 【山梨県】

スープがしみ込む平打ち麺が美味

ほうとうは小麦粉で練った太めの平打ち麺で、カボチャなど季節の野菜を味噌仕立ての汁で煮込んだ山梨の郷土料理。腹持ちも良いので、武田信玄公が陣中食にしたことでも有名。

【おすすめの一軒!】甲州ほうとう 小作 甲府駅前店

【おすすめの一軒!】甲州ほうとう 小作 甲府駅前店

10種以上が揃う豊富なほうとうの味
ほうとうと郷土料理の店。めん、味噌、ダシすべてが自家製でボリュームたっぷりだ。カボチャほうとうや豚肉ほうとう、猪肉ほうとう、麦とろ飯、馬刺膳などが人気メニュー。

【料金】小作ほうとう生めん(3人前)750円、カレーほうとう1500円、あずきほうとう1150円、カボチャほうとう1150円、豚肉ほうとう1400円、猪肉ほうとう2100円、 平均予算(昼):1100円、平均予算(夜):2200円

甲州ほうとう 小作 甲府駅前店

住所
山梨県甲府市丸の内1丁目7-2
交通
JR甲府駅から徒歩3分
営業期間
通年
営業時間
11:00~21:00(閉店21:30)
休業日
無休

》》ほうとう鍋が食べられるお店

みみ鍋 【山梨県】

みみ鍋 【山梨県】

農具をかたどった、福をすくう縁起のよい料理

富士川町鰍沢地区十谷集落に伝わる郷土料理。小麦粉を練って、農具の「箕(み)」の形にして作ったほうとうに似た料理。鍋にゴボウ、大根、里芋、カボチャなどを入れて煮込まれる。

【おすすめの一軒!】つくたべかん

【おすすめの一軒!】つくたべかん

郷土料理十谷風ほうとう「みみ」を味わう
鰍沢に伝わる「みみ」とは、小麦粉をのばして農耕具の箕形にしたもの。みみを作る体験を通して、日本の伝承料理を「つくって」「たべて」「かんじて」ほしいという思いで造られた施設。

【料金】みみ 780円、みみ御膳(要予約)1300円、十谷郷土料理・みみづくりの体験教室 1300円、みみ体験用途材料費(約5食分)648円(1打ち400g)

つくたべかん

住所
山梨県富士川町十谷2294-7
交通
JR身延線鰍沢口駅から山梨交通鰍沢営業所行きバスで5分、終点で富士川町営バス十谷観光駐車場行きに乗り換えて30分、終点下車、徒歩5分
営業期間
通年
営業時間
10:00~16:00(閉店)、レストランは11:00~14:30(L.O.)
休業日
木曜、祝日の場合は翌日休12月29日~翌1月3日休

》》みみ鍋が食べられるお店

富山のベニズワイガニ鍋 【富山県】

富山のベニズワイガニ鍋 【富山県】

鮮度抜群のカニをいろいろな食べ方で

富山湾の海底は谷がいくつもあり、深海に棲むベニズワイガニの恰好のすみかとなっている。美しい赤色が特徴で、刺身や塩茹で、二杯酢、カニ汁、カニ鍋、またサラダや中華など、さまざまな料理法で味わえる。

【おすすめの一軒!】海老源 海遊亭

【おすすめの一軒!】海老源 海遊亭

ズワイガニ鍋と、地酒がすすむ自家製の絶品塩辛
三河湾の恵み、ズワイガニをたっぷり使った鍋がおいしい。春は富山名物のホタルイカ、秋は岩ガキ、冬はカニと、四季折々に富山湾の海の幸が食べられる料理旅館。ホタルイカの季節には漁を見ることができる。

【料金】カニのフルコース 6480円、御膳物 1620円~、海鮮丼 1296円~

海老源 海遊亭

住所
富山県滑川市上小泉2155 海老源 1階
交通
富山地方鉄道本線中滑川駅から徒歩15分
営業期間
通年
営業時間
11:00~13:30(閉店14:00)、17:00~20:30(閉店21:00)、土・日曜、祝日は11:00~20:30(閉店21:00)
休業日
不定休12月28日~翌1月1日休

》》富山のベニズワイガニ鍋を食べられる店

とり野菜鍋 【石川県】

とり野菜鍋 【石川県】

独自ブレンドの味噌が決め手の鍋

かつて北前船の船員たちの食を支えた「とり野菜味噌」。石川県の家庭味噌をベースにした味噌だしがおいしいと評判となり、いまや地元っ子の鍋の必需品だ。

【おすすめの一軒!】まつや 桂店

【おすすめの一軒!】まつや 桂店

オリジナルブレンドの味噌がコクの決め手
新鮮な若鶏のモモ肉とたっぷりの白菜を煮込んだみそ鍋。卵をつけてすき焼き風にしたり、残ったスープでうどん玉やラーメン玉を煮込んだりと楽しみ方もいろいろだ。

【料金】とり野菜 540円、とり野菜みそ 231円~、とり皮煮 190円、豚野菜 590円、だしまき玉子 300円

まつや 桂店

住所
石川県金沢市桂町イ32-4
交通
JR金沢駅から北陸鉄道中央病院方面行きバスで15分、中央病院前で北陸鉄道大野港方面行きバスに乗り換えて15分、桂町下車、徒歩10分
営業期間
通年
営業時間
11:00~14:00(閉店)、17:00~22:00(閉店)
休業日
無休12月30日~翌1月2日休

》》とり野菜鍋が食べられる店

天城湯ヶ島の猪鍋 【静岡県】

天城湯ヶ島の猪鍋 【静岡県】

あっさりした味わいとクセのなさが魅力

天城山は猪の産地として有名で、古くから猪鍋が親しまれてきた。イノシシの肉は煮込むほどに柔らかくなり、クセがなく食べやすい。晩秋からが猪鍋のシーズンとなる。

【おすすめの一軒!】ささの

【おすすめの一軒!】ささの

味わい深い天城の猪を満喫
伊豆の豊富な山の幸が味わえる郷土料理の店。民芸調の造りの店はノスタルジーを感じさせる。地元の猟師が仕留めたイノシシを調理する猪鍋は絶品。くせがなく食べやすい。

【料金】猪鍋 1944円、猪丼 1296円、きじ鍋 2160円、きじ串 1296円、きじ串焼定食 1728円

ささの

住所
静岡県伊豆市月ケ瀬128-1
交通
伊豆箱根鉄道駿豆線修善寺駅から東海バス湯ヶ島方面行きで20分、篠原下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
11:00~19:30(閉店20:00)
休業日
不定休

》》天城湯ヶ島の猪鍋が食べられるお店

長浜の鴨料理鍋 【滋賀県】

長浜の鴨料理鍋 【滋賀県】

独特の歯ごたえとまろやかな味を楽しむ

長浜の冬を代表するのが鴨料理。脂ののった冬の天然鴨を鍋やすき焼き、しゃぶしゃぶなどにして豪快に食べることができる。鴨の骨からとれるだしには旨み成分がたっぷり含まれている。

【おすすめの一軒!】郷土料理 住茂登

【おすすめの一軒!】郷土料理 住茂登

湖北の冬の恵みを堪能する
長浜の冬の名物、天然の真鴨を使った「鴨鍋」。ロースはしゃぶしゃぶで、だき身と骨つくねは炊いて、肝は焼いて、鴨の肉を余すことなく堪能できる。地元のこだわりの食材も素晴らしく、粘りのある青ネギ、山の麓で作られる香ばしい豆腐などを使用。

【料金】天然の鴨料理(11~翌3月上旬)1944~12960円、近江牛のしゃぶしゃぶ一人鍋 2700円、琵琶湖の四季コース 2700円~、自家製鮒ずし 2160円~

郷土料理 住茂登

住所
滋賀県長浜市大宮町10-1
交通
JR北陸本線長浜駅から徒歩10分
営業期間
通年
営業時間
11:30~21:00(L.O.)
休業日
不定休

》》長浜の鴨料理が食べられるお店

ちりとり鍋 【大阪府】

ちりとり鍋 【大阪府】

四角く薄い鍋で味わうホルモン料理

鉄板鍋やてっちゃん鍋のルーツともいわれる。ホルモンや野菜をピリ辛な味噌ベースのだしで煮込む。四角いステンレスの鍋が「ちりとり」に似ていたのが名前の由来だ。

【おすすめの一軒!】まつりや

【おすすめの一軒!】まつりや

ちりとり鍋で知られる生野の名店
ちりとり鍋で知られる生野の「万才橋」の弟が経営する店。まつり盛(醤油味)とヘルシー盛(味噌味)をミックスすれば甘辛さが楽しめる。残った肉汁はうどんかごはんとともに楽しめる。

【料金】まつり盛 864円、ヘルシー盛 594円、キモ焼 702円

まつりや

住所
大阪府大阪市中央区心斎橋筋1丁目3-12 田毎プラザビル 1階
交通
地下鉄心斎橋駅からすぐ
営業期間
通年
営業時間
18:00~23:00(閉店24:00)、日曜、祝日は17:00~22:00(閉店23:00)
休業日
火曜盆時期休、年末年始休

》》ちりとり鍋が食べられる店

筆者:まっぷるトラベルガイド編集部

まっぷるトラベルガイド編集部は、旅やおでかけが大好きな人間が集まっています。

皆様に旅やおでかけの楽しさ、その土地ならではの魅力をお伝えすることを目標に、スタッフ自らの体験や、旅のプロ・専門家への取材をもとにしたおすすめスポットや旅行プラン、旅行の予備知識など信頼できる情報を発信してまいります!

この記事に関連するタグ

エリア

 >  > 
×