エリア・ジャンルからさがす

トップ > 全国 > 東海・北陸 > 伊勢志摩・三重 > 伊勢志摩 > 伊勢・二見浦 > 伊勢うどんのまめや

イセウドンノマメヤ

伊勢うどんのまめや

伊勢・二見浦 / うどん

大正から続く老舗

大正12(1923)年の創業。その日の温度や湿度に合わせて打つ自家製の麺と、宗田節、ムロアジ節、たまり醤油が一体となったタレが絶妙の調和を生み出している。セットメニューが豊富。

伊勢うどんのまめやの画像 1枚目
伊勢うどんのまめやの画像 2枚目
伊勢うどんのまめやの画像 3枚目
伊勢うどんのまめやの画像 4枚目
伊勢うどんのまめやの詳細情報
住所
三重県伊勢市宮後2丁目19-11 (大きな地図で場所を見る)
電話
0596-23-2425
交通
近鉄山田線伊勢市駅から徒歩5分
営業期間
通年
営業時間
10:00~19:30(L.O.、時期により異なる)
休業日
月1日水曜不定休、火曜、祝日の場合は翌日休(1月1日休)
料金
伊勢うどん=510円/デラックス伊勢うどん=1300円/伊勢うどんと揚げ餅セット=950円/伊勢うどんとミニ丼=1150円/伊勢風めひびうどん=630円/カレーうどん=810円/伊勢エビうどん=3000円/
駐車場
あり | 台数:10台 | 無料
ID
24000203

※掲載の情報は取材時点のものです。お出かけの際は事前に最新の情報をご確認ください。

伊勢うどんのまめやと同じエリアの記事

豊受大神宮お参りナビ 伊勢神宮外宮のお宮へ行こう

正式名称は「豊受大神宮」といい、御祭神の豊受大御神は、天照大御神の食事を司る神として、天照大御神の鎮座の約500年後に丹波の国から迎えられたとされる。外宮にある御饌殿では、外宮創建以後、天照大御神に毎...

伊勢神宮【別宮】行ってみたいところは?

神宮には125社があり、伊勢神宮内宮・外宮の2つの正宮、別宮、摂社、末社、所管社からなる。別宮は内宮・外宮の宮域内に5宮、宮域外に9宮ある。伊勢市内だけでなく、少し離れた場所にも及ぶ。

伊勢神宮の参拝ルートはこれでばっちり!参拝前に知っておきたい基本情報も♪

一生に一度はお参りしたい憧れの聖地、伊勢神宮。参拝ルートや基本情報をご紹介します。外宮、内宮、おはらい町・おかげ横丁をめぐるプランの紹介や、外宮、内宮の参拝ルート、知っておきたい基本情報はこちらの記事...

【松阪】で人気!おすすめの観光・グルメスポット

伊勢の名物グルメ!人気店の看板ランチをご紹介!

観光客が多数訪れる伊勢市内は、飲食店の競争率も激しい。そのなかでもハイレベルな実力派店のとっておきランチを一挙紹介!

【伊勢神宮外宮】お参りモデルコースをチェック!

神々の食事を司る神様である豊受大御神を祀っている。内宮へ参拝する前に外宮へおまいりするのが習わし。参拝後はせんぐう館で「式年遷宮」について学ぼう。

三重グルメ【伊勢えび】プリプリの食感に極上の甘み!

三重の代表する食材の筆頭が、伊勢えび。旬の時季に水揚げされたものは格別で、引き締まった身の食感と、奥深い風味を堪能できる。

【朝熊山】伊勢神宮の鬼門を守る寺へ行ってみよう!

緑に包まれた朝熊岳金剛證寺の境内を歩く穏やかな時間。展望台からは感動的な絶景に遭遇。伊勢志摩の大自然に癒される。

【伊勢志摩】旅の限定みやげをチェック!

三重【伊勢市駅周辺】河崎観光! レトロで懐かしい蔵の街をさんぽしよう

江戸時代、水運を利用して物資を運ぶ問屋街として発展した河崎。現在は、町家や蔵を利用した店舗が点在し、おさんぽスポットとしても楽しめる。
もっと見る

伊勢うどんのまめやのエリア × テーマ

トップ > 全国 > 東海・北陸 > 伊勢志摩・三重 > 伊勢志摩 > 伊勢・二見浦
トップ > グルメ > 和食 > うどん
トップ > 全国 x うどん > 東海・北陸 x うどん > 伊勢志摩・三重 x うどん > 伊勢志摩 x うどん > 伊勢・二見浦 x うどん