九州・沖縄のおすすめの墓・古墳スポット

九州・沖縄のおすすめの墓・古墳スポットをご紹介します。玉陵、アマミチューの墓、吾平山上陵など情報満載。

玉陵 (タマウドゥン) 歴代の国王が眠る巨大墓に目を見張る

文亀元(1501)年、自然の岩山を削って造られた陵墓。沖縄に今も受け継がれる破風墓(三角形の屋根を持つ家形の墓)のルーツになっている。3室に分かれた内部について、併設の資料館で紹介。

玉陵
玉陵
玉陵
玉陵

玉陵の詳細情報

住所
沖縄県那覇市首里金城町1丁目3
電話
098-885-2861
交通
ゆいレール首里駅から徒歩15分
営業期間
通年
営業時間
9:00~17:30(閉館18:00)
休業日
無休

アマミチューの墓 (アマミチューノハカ) 琉球神話が残る神秘的な拝所

浜比嘉島は琉球国造りの始祖、女神アマミキヨ(アマミチュー)と男神シネリキヨ(シルミチュー)の伝説が残る島。島の東側にある岩屋の小島アマンジにはアマミチューの墓といわれる洞窟がある。

アマミチューの墓
アマミチューの墓
アマミチューの墓
アマミチューの墓

アマミチューの墓の詳細情報

住所
沖縄県うるま市勝連比嘉
電話
098-923-7634(うるま市商工観光課)
交通
沖縄自動車道沖縄北ICから県道36・10・238号を浜比嘉方面へ車で20km
営業期間
通年
営業時間
見学自由
休業日
無休

吾平山上陵 (アイラサンリョウ) 全国でもめずらしい岩屋の陵で、県下の神代三山陵の一つ

県下の神代三山陵の一つ。全国でもめずらしい岩屋の陵で、神武天皇の父ウガヤフキアエズノミコトと、母玉依姫命の御陵。鵜戸山、窟を鵜戸窟とも呼ばれている。

吾平山上陵

吾平山上陵の詳細情報

住所
鹿児島県鹿屋市吾平町上名
電話
0994-58-7257(鹿屋市吾平総合支所産業建設課)
交通
垂水港から鹿児島交通志布志港入口行きバスで45分、鹿屋で鹿児島交通吾平・高山方面行きバスに乗り換えて25分、吾平下車、タクシーで10分
営業期間
通年
営業時間
8:30~17:00(閉園)
休業日
無休

岩戸山古墳 (イワトヤマコフン) 豪族筑紫君磐井の墓といわれる。北部九州最大規模の前方後円墳

北部九州最大規模の前方後円墳。規模は全長約170m以上、墳丘長約135m、高さ約18m。6世紀初めころの北部九州に非常に大きな影響力を有していた豪族筑紫君磐井の墓といわれる。

岩戸山古墳
岩戸山古墳
岩戸山古墳

岩戸山古墳の詳細情報

住所
福岡県八女市吉田1554ほか
電話
0943-24-3200(岩戸山歴史文化交流館)
交通
JR九州新幹線久留米駅から西鉄バス八女行きで50分、福島高校前下車、徒歩5分
営業期間
通年
営業時間
見学自由、岩戸山歴史文化交流館は9:00~17:00(閉館17:15)
休業日
無休、岩戸山歴史文化交流館は月曜、祝日の場合は翌日休(年末年始休)

仲宗根豊見親の墓 (ナカソネトゥユミャノハカ) 平良港の近く。かつて支配者だった人物が父を弔うために建てた墓

15世紀から16世紀にかけて宮古島を支配した仲宗根豊見親が、父を弔うために建造した墓。宮古独特の「ミャーカ」と呼ばれる巨石墓の様式と沖縄本島の横穴式の設計を併せ持つ。

仲宗根豊見親の墓

仲宗根豊見親の墓の詳細情報

住所
沖縄県宮古島市平良西仲宗根3-4
電話
0980-77-4947(宮古島市教育委員会生涯学習振興課)
交通
宮古空港からタクシーで10分
営業期間
通年
営業時間
見学自由
休業日
情報なし
×