コツまでわかる国内観光旅行情報サイト|マップルトラベルガイドコツまでわかる国内観光旅行情報サイト

×

 >  >  >  >  >  【沖永良部島】どんなトコ?見どころ&基本情報をチェック!

【沖永良部島】どんなトコ?見どころ&基本情報をチェック!

by mapple

更新日:2018年12月15日

エラブユリで彩られた南国リゾートアイランド

沖永良部島ってどんな島?

喜界島と同じくサンゴ礁の隆起によってできた島で、海岸線には奇岩が切り立つウジジ浜や、強風と荒波の浸食により断崖が形成されたフーチャといった景勝地が連続。島内には大小300あまりの鍾乳洞が点在し、なかでも昇竜洞は東洋一の景観を誇り、全長3500m。また、明治32(1899)年から栽培が始まったエラブユリは、島のシンボルとしてその名が広まっている。豊かな自然美が残る島だけにカメラを持参してシャッターチャンスを狙いたい。エラブユリやブーゲンビリアをはじめとする可憐な花々や、朝夕で表情を変える海岸線の景勝地もすばらしい。

田皆岬灯台

圧倒的なスケールが展開する昇竜洞

島へのアクセス

鹿児島空港
⬇ 所要:1時間15分 1日3便 JAC(日本エアコミューター)
沖永良部空港

奄美空港
⬇ 所要:40分 週3〜4便 JAC(日本エアコミューター)
沖永良部空港

鹿児島新港
⬇ 所要:17時間30分 1日1便 マルエーフェリー・マリックスライン
和泊港

鹿児島本港
⬇ 所要:21時間20分 週2便 奄美海運
知名港

島データ

面積:93.6㎢/周囲:55.8㎞
標高:240m
構成市町村:和泊町・知名町
人口:約1万3000人
世帯数:約6400世帯
イベント・祭:知名町ふるさと夏まつり
特産品:黒糖焼酎、パパイヤ漬け

島内の移動手段

空港は島東端にあり、和泊、知名とは路線バスが結ぶ。そのほか島中央部を走る路線もあるが、観光地からは少し離れるので、レンタカーの利用が便利だ。

<バス>
空港〜和泊〜知名は1日6便、その他途中の国頭から2便ある。空港〜和泊15分、380円。知名までは50分、850円。また和泊港〜和泊には予約制のバスがある。

<タクシー>
各町に営業所がある。空港〜和泊までは約1800円。

<レンタカー>
空港周辺に各社が集まるほか、和泊、知名にもある。

便利帳

銀行…和泊町に鹿児島銀行があり、奄美大島信金と奄美信組は両町にある。

コンビニ…知名町にアイショップ和泊町にリックマートがある。

観光問い合わせ

和泊町企画課 0997-84-3512
知名町企画振興課 0997-84-3162
沖永良部バス企業団(知名町) 0997-93-2054
沖洲タクシー(和泊町) 0997-92-1135
国頭タクシー(和泊町) 0997-92-0325
えらぶ観光タクシー(知名町) 0997-93-2043
トヨタレンタリース(沖永良部空港店) 0997-92-2100
ユーレンタカー(知名町) 0997-93-0533

モデルコース

東部から西部へおもな見どころをレンタカーで巡るコース。島の自然や文化をたっぷりと満喫できる。

沖永良部空港
⬇ 車で10分
フーチャ
⬇ 車で12分
西郷南洲記念館
⬇ 車で30分
田皆岬
⬇ 車で25分
昇竜洞
⬇ 車で25分
ウジジ浜

エラブユリ

沖永良部島を代表する花
エラブユリとは沖永良部島で栽培が進むテッポウユリのこと。100年以上前に栽培が始まり、今では日本一の球根栽培地となった。島の民謡「永良部百合の花」では、大正初期のアメリカへの大量輸出を歌詞にしている。観賞は笠石海浜公園がおすすめ。開花時期は4月下旬から5月上旬。

純白の花を咲かせるエラブユリ

ウジジ浜

自然がつくりあげた芸術品
海岸線に傘のような奇岩がいくつも切り立つ景勝地。長い年月にわたり、石灰質のような岩が海水によって浸食されたもの。

生き物のようにも見える奇岩

フーチャ

ダイナミックな水柱がたつ
サンゴ礁が東シナ海の荒海で浸食されてできた洞窟。荒天時に海水が数十m以上吹き上がった様子は迫力満点だ。波が穏やかなときはウミガメも見られる。

荒天時は見学に注意しよう

田皆岬

目前に広がる大海原
サンゴ礁の海に臨む断崖の岬。目前の海は海中が透き通ってみえるほど透明度が高く、運がよければウミガメの遊泳が見られる。奄美十景に数えられる。

歴史を物語る水面の自然絵巻

昇竜洞

島一番の規模を誇る鍾乳洞
島内にある300あまりの鍾乳洞のなかで最大規模を誇る。鍾乳石や石筍には、クリスマスツリーや音楽室などさまざまな名前が付く。県の天然記念物に指定。

個性豊かな名前が付く鍾乳石

西郷南洲記念館

西郷隆盛の遺徳を偲ぶ
西郷隆盛の流罪時の資料等を展示する記念館。文久2(1862)年から1年7ヶ月、牢居した西郷はこの間に「敬天愛人」の悟りを開いたといわれる。

屋外には当時の牢獄が再現されている

南洲神社

西郷隆盛を祀る神社
明治35(1902)年創建の神社。沖永良部島へ流罪後、島民に飢饉の備えを教えたといわれる西郷隆盛を祀る。

西郷隆盛の像が立つ

大山植物公園

与論島や沖縄を一望する公園
島の最高地点付近にある公園で、与論島や沖縄を望む。園内はハイビスカスなどの熱帯植物が咲き誇る。

園内には南国の花が咲きそろう

和泊町歴史民俗資料館

テーマは島特産のエラブユリ
3つのコーナーに分かれた館内。「ユリの世界」ではエラブユリの歴史や生態を大画面、パネルなどで解説する。

ユニークな形の外観が目を引く

タラソおきのえらぶ

タラソテラピーを満喫
海水を用いた海洋療法施設。リラックス効果のある33℃から36℃に設定した温海水プール、トリートメントがある。

広々とした温海水多目的プール

創作島料理 とうぐら

島の味を凝縮した創作料理
島の食材を厳選し、魚介は毎朝市場で、野菜などは契約農家から仕入れる。松花堂弁当や創作料理などが並ぶ。

肉や魚料理など9品が付くとうぐらコース

青幻の郷 よっちゃん

昔ながらの手作り菓子や加工食品
餅や団子、味噌などを販売。島の保存食や、地元の食材を生かして現代風にアレンジした菓子や調味料がそろう。

いずれの商品も無添加

国民宿舎 おきえらぶフローラルホテル

観光ホテル東

ホテルシーワールド

筆者:mapple

まっぷる屋久島・奄美 種子島’19

発売日:2018年01月18日

Amazonで購入する

この記事の出典元は「まっぷる屋久島・奄美 種子島’19」です。掲載した内容は、2017年6月~12月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には改めて事前にご確認ください。

エリア

 >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

×
×