>  >  >  >  >  > 

【東伊豆】稲取特産!金目鯛のおいしい食べ方5選

まっぷるマガジン

更新日:2020年7月24日

この記事をシェアしよう!

【東伊豆】稲取特産!金目鯛のおいしい食べ方5選

全国有数の金目鯛漁獲量を誇る稲取漁港。脂ののった甘みのある味を最大限引き出そうと、港周辺の各店が自慢の腕を振るった特製メニューをご紹介。

金目鯛について知ろう

金目鯛について知ろう

特 徴
深海に生息し、金色に光る大きな目と紅色の体が特徴。

旬は冬
四季を通じて味わえるが、旬は脂がのる12月~3月。産卵期の夏~秋の直前も美味しい。

稲取キンメ
底縦縄一本釣りの稲取産「地金目」は「稲取キンメ」の名称で登録商標されるほど貴重。

定番は?
煮付けや刺身が定番料理。漁獲が限られる高級食材。

茶漬けで味わう

めしや 一心

金目鯛の旨みを引き出した一度は食べたい看板メニュー

地元で獲れる魚介のうまさと食べ方を知り尽くしている店主。多彩なオリジナル料理を作りだすと評判。金目鯛の刺身を使った茶漬けはご飯と一緒に石鍋ごと熱してからいただく。幾度もリピートしたいおいしさ。

めしや 一心

金目鯛しゃぶしゃぶ茶漬け 2030円
渋みをきかせた熱々のお茶をかけていただく。金目鯛のダシが出たお茶は、一滴残らず飲み干したい。

これもおすすめ
●海の幸どんぶり 1700円
●金目鯛煮付定食 2400円
●メカジキ大トロ四川丼 2080円

めしや 一心

程よく煮えて、甘みがいっそう引き立つ金目鯛が絶品

めしや 一心

卵の黄身とにんにくダレでいただく「海の幸どんぶり」

めしや 一心

魚拓や釣り竿などに釣り好き店主の趣向が伺える

めしや 一心

国道135線沿い。口コミで来店するバイク乗りも多い

どんぶりで味わう

きんめ処 なぶらとと

稲取港の地金目のみを扱う専門店ならではの鮮度と品質

提供しているキンメ料理はすべて登録商標の「稲取キンメ」を使うという金目鯛の専門店。「地金目(稲取キンメ)」ならではのやわらかな食感や脂ののりを存分に楽しめる。接客サービスの良さも評判。

きんめ処 なぶらとと

きんめ鯛どんぶり 2805円
刺身にたたき、なめろうと自慢の稲取キンメが異なる味わいでいただける。

これもおすすめ
●あぶり金目鯛どんぶり 2805円
●煮つけ膳 2750円

きんめ処 なぶらとと

おしゃれな洋風の店内

きんめ処 なぶらとと

店は稲取漁港の目前。漁港直で地金目を仕入れる

寿しで味わう

寿し 魚八

金目鯛寿司の元祖、大きさと甘みに感動!

金目鯛のにぎり寿司を初めて提供した店として知られる。表面を軽くあぶることで甘みをギュッと凝縮させた金目鯛の寿司は、一口食べれば思わず笑みがこぼれる味わいで、金目鯛の新たな魅力を感じられる。

寿し 魚八

金目鯛寿司 3630円
脂がのった大ぶりの金目鯛はうまみが濃厚。セットの金目鯛のあら汁も隠れた人気メニュー。

これもおすすめ
●おまかせ地魚寿司 3630円
●金目鯛の煮付け 3300円

寿し 魚八

カウンター越しの会話も楽しいアットホームな店

寿し 魚八

稲取魚市場のすぐそばに店を構える

しゃぶしゃぶで味わう

網元料理 徳造丸本店

創業90年の伝統ある味と技、金目鯛のうまみをあますところなく

かつて金目鯛漁師だっただけに金目鯛に精通する徳造丸。食したいのはまろやかな口あたりが後を引く「金目鯛しゃぶしゃぶ」。座敷席から稲取漁港を眺められる。

網元料理 徳造丸本店

金目鯛しゃぶしゃぶ 1760円
切り身をさっと湯にくぐらせて食べる。さっぱりとした上品な味わい。

これもおすすめ
●金目鯛づくし膳 3850円
●金目鯛煮魚と刺身膳 2310円

網元料理 徳造丸本店

活きがよく新鮮な海の幸を使ったメニューも多彩

煮付けで味わう

笑の家

見た目も美しい金目鯛の姿煮

地元稲取漁港や近海で揚がった金目鯛を使用。作り置きは一切せず注文を受けてから煮付けるので、白身はふっくらとした仕上がり。一緒に煮たごぼうも美味。

笑の家

金目煮付け定食 1980円
甘めの煮汁をからめながら召し上がれ。半身を使い食べ応えも十分。

これもおすすめ
●金目鯛干物定食 1320円
●地魚定食 1760円

笑の家

漁港の風情が漂う店内。鯖のぬか漬けなど珍味もそろう

朝食やおみやげ探しはここで

港の朝市

毎週末と祝日に開催する稲取漁港の名物市。新鮮な魚介や野菜、フルーツを目当てに観光客らが買い求める。無料のあら汁サービスもあり。

開催日:土・日曜、祝日開催
場所:東伊豆町役場・駐車場

港の朝市

金目鯛の釜飯700円は1人前ずつ炊きたて

港の朝市

「キンメの煮付けまん」 300円

港の朝市

地元農家の朝採れ野菜も並ぶ

春の水産祭

開催日:毎年5月上旬に開催
場所:伊豆漁協稲取支所セリ場または直売所「こらっせ」で開催予定

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。

※掲載の情報は取材時点のものです。お出かけの際は事前に最新の情報をご確認ください。

この記事の出典元は「まっぷる伊豆’19」です。掲載した内容は、2017年8~11月の取材・調査によるものです。取材後に、飲食店メニュー、商品内容や料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される可能性があります。ご利用の際には、改めて事前にご確認ください。

条件検索

エリアとジャンルを指定してください