トップ >  関東・甲信越 > 伊豆・箱根 > 箱根・湯河原 > 箱根 > 強羅 > 

神奈川のおすすめアジサイ13選 夏の風物詩を見に行こう!

まっぷるトラベルガイド編集部

更新日: 2024年6月10日

この記事をシェアしよう!

神奈川のおすすめアジサイ13選 夏の風物詩を見に行こう!

こちらの記事では、ちょうど6月中旬から下旬にかけて最盛期を迎える“アジサイ”を楽しむことができる、おすすめスポットを神奈川県のエリア別にご紹介します!

青・紫・ピンク…と、アジサイはさまざまな色が楽しめるのも魅力のひとつ。神奈川では、訪れる場所によって異なる種類のアジサイを楽しめますよ。

梅雨限定、神奈川を彩る美しいアジサイを見に、ぜひ足を運んでみてください。

鎌倉のおすすめアジサイスポット

鎌倉エリアでは、長谷寺御霊神社明月院東慶寺源氏山公園の5か所をご紹介します。

鎌倉は東京からのアクセスも抜群で、週末のおでかけにもぴったり。山と海に囲まれた自然豊かな鎌倉は、数多くの歴史的な遺産がある人気の観光名所です。

梅雨限定、古都・鎌倉を彩る美しいアジサイを見に、ぜひ足を運んでみてください。

相模湾を見渡せるアジサイの小径は必見「長谷寺」

相模湾を見渡せるアジサイの小径は必見「長谷寺」

長谷・由比ヶ浜エリアで外せないのが、鎌倉の花寺として有名な「長谷寺」。アジサイや紅葉など、四季によってさまざまな花を楽しめるので、境内は季節を問わず多くの参拝客でにぎわっています。

山の傾斜地を生かして作られた眺望散策路は、鎌倉有数の景勝地として広く知られています。特にアジサイの名所として有名で、40種類以上約2500株が群生する「アジサイの小径」は、ピンクから紫色、青といった彩豊かなアジサイに囲まれ、非日常的な雰囲気が味わえますよ。

また、散策路からはアジサイ越しに由比ヶ浜と相模湾を眺めることができ、青く輝く相模湾と鮮やかなアジサイのコントラストは圧巻の美しさです!

アジサイ越しに臨む、由比ヶ浜と相模湾

長谷寺

住所
神奈川県鎌倉市長谷3丁目11-2
交通
江ノ島電鉄長谷駅から徒歩5分
営業期間
通年
営業時間
8:00~17:00(閉山17:30、10~翌2月は~16:30<閉山17:00>)
休業日
無休
料金
拝観料=大人400円、小学生200円/願い叶う守り=600円/てんとう虫守り=600円/ぼけ封じ=700円/学業守=600円/写経写仏体験(用紙代、道具あり、所要時間約30分~2時間)=1200円/身代わり鈴=700円/一石一字経奉納=100円/(障がい者手帳持参で拝観料無料)

アジサイと江ノ電のコラボが人気「御霊神社」

アジサイと江ノ電のコラボが人気「御霊神社」

鎌倉を代表する武士・鎌倉権五郎景正(かまくらごんごろうかげまさ)を祀る「御霊神社(ごりょうじんじゃ)」は、平安時代後期に創建された古い神社。

鳥居のすぐ目の前を江ノ電が走るという、なんとも大胆でユニークな光景を楽しむことができますよ。参道内の江ノ電線路沿いは大人気の撮影スポットで、踏切周辺や線路沿いに咲く色とりどりのアジサイと江ノ電車両のコラボレーションを写真に収めようと、6月中旬から下旬の見ごろの時期には撮影の列ができるほど。

アジサイの時期は終日混雑しているので、時間に余裕を持って訪れることをおすすめします。

境内の社殿裏手には「紫陽花小道」、神社入り口には「紫陽花ポスト」など、線路沿い以外にもアジサイの見所がたくさんあるので、ゆっくり散策しながらお気に入りスポットを探すのも楽しいですよ!

御霊神社

住所
神奈川県鎌倉市坂ノ下4-9
交通
江ノ島電鉄長谷駅から徒歩3分
営業期間
通年
営業時間
境内自由(社務所は9:00~16:30、宝物庫は9:00~16:30<閉館>)
休業日
無休
料金
宝物庫=100円/

鎌倉のアジサイ寺といえばここ「明月院」

鎌倉のアジサイ寺といえばここ「明月院」

鎌倉屈指の花寺として有名な「明月院」は、通称「アジサイ寺」といわれるほど、アジサイの名所として有名な寺のひとつ。

境内を包み込むように咲く約2500株のアジサイは壮観です!

明月院のアジサイのほとんどが「ヒメアジサイ」という日本古来の品種で、青色が多いのが特徴。その神秘的な青色は「明月院ブルー」と呼ばれ、多くの人々に愛されています。

アジサイがピークを迎える梅雨の時期は、門前に行列が出来るほど終日にぎわっています。混雑状況によっては入場規制がかかる場合もあるので、ゆっくり観賞したいときは、早めの時間に行くのがおすすめですよ。

明月院

住所
神奈川県鎌倉市山ノ内189
交通
JR横須賀線北鎌倉駅から徒歩10分
営業期間
通年
営業時間
9:00~16:00(6月は8:30~17:00)
休業日
無休
料金
拝観料=500円(大人)、300円(小人)/後庭園(6・12月、別料金)=500円/幸せの鈴=500円/開運貝守り=300円/(療育手帳持参で無料、障がい者手帳持参で本人と同伴者1名無料、障がい者、施設単位の団体は要事前連絡)

北鎌倉の花の寺として知られる「東慶寺」

北鎌倉の花の寺として知られる「東慶寺」

かつては女性のほうから縁切りできる駆込み寺として知られ、600年にわたり縁切り寺法を引き継いできた東慶寺。

境内ではアジサイだけでなく梅やハナショウブ、イワタバコなど一年を通して花を楽しむことができ、北鎌倉の「花の寺」として多くの人が訪れます。

例年、5月下旬ごろからアジサイが色づきはじめ、6月中旬から7月下旬にかけて見頃を迎えます。境内の石畳の道はアジサイに囲まれ、色鮮やかな初夏の景色を楽しむことができます。

東慶寺

住所
神奈川県鎌倉市山ノ内1367
交通
JR横須賀線北鎌倉駅から徒歩4分

頼朝像を囲むように咲くガクアジサイが美しい「源氏山公園」

頼朝像を囲むように咲くガクアジサイが美しい「源氏山公園」

源頼朝の鎌倉入り800年を記念して昭和56(1981)年に作られた源頼朝像が園内を見守る広々とした公園。

源頼朝像を囲むように咲くガクアジサイは、6月上旬から中旬にかけて見頃を迎えます。

ガクアジサイだけでなく、多様な品種の色とりどりのアジサイが楽しむことができる源氏山公園。
鎌倉の市街地も見渡せる広場やひと休みできるベンチやテーブルもあるため、アジサイを眺めながらピクニックを楽しむのもおすすめです。

源氏山公園

住所
神奈川県鎌倉市扇ガ谷4丁目649-1
交通
JR横須賀線鎌倉駅から徒歩20分
営業期間
通年
営業時間
入園自由
休業日
無休
料金
情報なし

横浜のおすすめアジサイスポット

横浜エリアでは、横浜イングリッシュガーデン横浜・八景島シーパラダイス三溪園の3か所をご紹介します。

横浜は日本の表玄関として、さまざまな文化が入ってきた港町。そんな魅力あふれる横浜エリアには、美しいアジサイが楽しめるおすすめスポットも盛りだくさん。

ぜひ梅雨の時期に足を運んでみてください!

300種類のアジサイが園内を彩る「横浜イングリッシュガーデン」

300種類のアジサイが園内を彩る「横浜イングリッシュガーデン」

四季折々の花が英国式庭園を彩る横浜イングリッシュガーデン。緑あふれる丘陵地帯に、自然美いっぱいの庭園が点在しています。

アジサイが見頃を迎える6月には、「アジサイ・フェスティバル」が開催されます。横浜イングリッシュガーデンを彩るあじさいはおよそ300種類と、その品種の多さが最大の魅力です。

併設されているカフェでは、季節限定メニュー「あじさいソーダ」を販売。アジサイをイメージして作られた爽やかな色合いのソーダはこれからの季節にぴったりです。

JR横浜駅からの無料送迎バスもあるので、雨の日のアクセスも安心ですよ。

横浜イングリッシュガーデン

住所
神奈川県横浜市西区西平沼町6-1tvk ecom park
交通
相鉄本線平沼橋駅から徒歩10分(JR横浜駅からの無料送迎バスあり)
営業期間
通年
営業時間
10:00~17:30(閉園18:00、時期により異なる)
休業日
無休(年末年始休)
料金
入園料=大人600~1200円、小・中学生300~600円(季節により変動あり)/

神奈川最大級2万株のアジサイが咲き誇る「横浜・八景島シーパラダイス」

神奈川最大級2万株のアジサイが咲き誇る「横浜・八景島シーパラダイス」

4つの水族館とさまざまなアトラクションが楽しめる八景島シーパラダイス。6月になると、2万株もの色とりどりのアジサイが園内を彩り、その数は県内最大級を誇ります。

2013年に八景島20周年を記念して誕生した「八景ブルー」はここでしか見られない貴重なアジサイ。八重咲きの水色のガクアジサイで、青い空と海が鮮やかな八景島にぴったりです。ぜひ園内で探してみてくださいね。

アジサイのイベントやワークショップが充実しているのも八景島シーパラダイスの魅力。八景島あじさい写真展や押し花の展示、白アジサイ「アナベル」を使ったリースづくりなど盛りだくさんです。訪れる際はイベント情報をチェックして、八景島のアジサイを思いきり楽しみましょう!

横浜・八景島シーパラダイス

住所
神奈川県横浜市金沢区八景島
交通
シーサイドライン八景島駅からすぐ
営業期間
通年
営業時間
10:00~17:00(施設・時期により異なる)
休業日
無休
料金
アクアリゾーツパス=大人・高校生3300円、小・中学生2000円/ワンデーパス=大人・高校生5600円、小・中学生4000円/(65歳以上割引あり、冬期割引、その他のチケットあり、アクアリゾーツに限り障がい者と同伴者1名半額)

歴史的な日本庭園に咲くアジサイが美しい「三溪園」

歴史的な日本庭園に咲くアジサイが美しい「三溪園」

明治39(1906)年に、実業家・原三溪が開園した日本庭園の「三溪園」。約18万平方メートルの園内には、京都や鎌倉などから移築した歴史的価値の高い日本建築が点在しています。重要文化財は10棟を数え、庭園全域も国の名勝に指定されました。

例年6月上旬から6月下旬頃に、あじさいが見頃を迎えます。歴史的建造物とアジサイの美しい調和が見られるのは三溪園ならでは。この季節限定の趣ある風景を楽しんでくださいね。

三溪園

住所
神奈川県横浜市中区本牧三之谷58-1
交通
JR根岸線根岸駅から市営バス横浜駅前行きで10分、本牧下車、徒歩10分
営業期間
通年
営業時間
9:00~16:30(閉園17:00)
休業日
無休(12月29~31日休)
料金
入園料=高校生以上900円、小・中学生200円/(障がい者手帳持参で本人と同伴者1名無料)

箱根のおすすめアジサイスポット

箱根エリアでは、箱根登山電車沿線箱根強羅公園箱根ガラスの森美術館の3か所をご紹介します。

年間2000万人近くが訪れる日本を代表する観光地・箱根には、箱根最古で最大の温泉街や湖畔の風景が美しい芦ノ湖など、魅力的なエリアが多数存在します。

そんな魅力溢れる箱根で、この時期はアジサイ鑑賞も一緒に楽しんでくださいね。

あじさい電車の車窓から間近で鑑賞できる「箱根登山電車沿線」

あじさい電車の車窓から間近で鑑賞できる「箱根登山電車沿線」

6月中旬からは、箱根湯本駅~強羅駅の沿線を約1万株のアジサイが彩ります。アジサイが咲く季節の箱根登山電車は「あじさい電車」の愛称で親しまれています。箱根は標高が高く、アジサイの見頃も標高差とともに移っていくため、鑑賞期間は6月から7月までと長いのが特徴です。

そして箱根登山電車のおすすめは「夜のあじさい号」。暗闇に浮かびあがるライトアップされたアジサイは幻想的な美しさです。記念撮影のために途中停車する時間も設けられていて、じっくりとアジサイを楽しむことができます。

昼と夜で違った表情のアジサイが楽しめる箱根登山電車沿線。ぜひゆっくりと走る電車の車窓からアジサイ鑑賞をしながら、初夏の箱根を満喫してくださいね。

ホームでアジサイのお花見も!(箱根登山電車・宮ノ下駅)

箱根登山電車沿線のアジサイ

住所
神奈川県足柄下郡箱根町
交通
箱根登山電車箱根湯本駅~強羅駅沿線
営業期間
6月中旬~7月中旬
営業時間
見学自由
休業日
期間中無休
料金
情報なし

アジサイスイーツも楽しめる「箱根強羅公園」

アジサイスイーツも楽しめる「箱根強羅公園」

今年開園110周年を迎えた箱根強羅公園。日本初のフランス式整型庭園で、噴水を中心にローズガーデンやブーゲンビレア館、クラフトハウス、白雲洞茶苑など、見どころ満載の公園です。

梅雨になると色鮮やかなアジサイが園内を彩ります。6月下旬からは白アジサイのアナベルが見頃を迎え、アナベルの「あじさいロード」を楽しむことができます。園内にあるレストラン「一色堂茶廊」では、季節限定のあじさいサンデーやあじさいラテが登場。初夏にぴったりの爽やかなスイーツです。

園内ではアジサイ鉢の販売も行われています。アジサイ鑑賞を満喫したあとは、おうちでアジサイを育てて楽しむのもいいですね。

箱根強羅公園

住所
神奈川県足柄下郡箱根町強羅1300
交通
箱根登山鉄道強羅駅から箱根登山ケーブルカーで2分、公園下下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
9:00~16:30(閉園17:00、時期により異なる)
休業日
不定休
料金
入園料=大人700円、小学生以下無料/点茶体験(白雲洞茶苑)=700円/強羅園カレー(CafePic)=1078円/パンシチュー(CafePic)=1078円/和牛ローストビーフサンド=1760円/自然有精卵のだし巻きサンド(一色堂茶廊)=1210円/ソフトクリーム(一色堂茶廊テイクアウト)=400円/(障がい者と同伴者入園料250円)

芸術鑑賞のあとはじっくりアジサイ散策「箱根ガラスの森美術館」

芸術鑑賞のあとはじっくりアジサイ散策「箱根ガラスの森美術館」

15世紀から19世紀にかけてのヴェネチアングラスや現代ヴェネチアガラスを展示する箱根ガラスの森美術館。その美しい光景はまるで中世にタイムスリップしたかのようです。

6月中旬から7月下旬にかけては見頃を迎えたアジサイが咲き誇ります。箱根山や富士山に自生する希少な品種や、関東では珍しい長野県北部や北海道南部に自生する品種など多くの珍しいアジサイを眺めることができます。

美しい芸術に浸ったあとは、ゆっくりとアジサイ散策も楽しんでみてくださいね。

箱根ガラスの森美術館

住所
神奈川県足柄下郡箱根町仙石原940-48
交通
箱根登山電車箱根湯本駅から箱根登山バス湖尻・桃源台行きで25分、俵石・箱根ガラスの森前下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
10:00~17:00(閉館17:30、時期により異なる)
休業日
無休(1月は点検期間休あり)
料金
入館料=大人1500円、高・大学生1100円、小・中学生600円/ワイングラス=4104円~/オルゴール付き壁掛=3456円/ミルフィオリの箸置き=3909円/フルーツ・スプレッド(アチェロ)=699円~(100g入り)/メープルクルミ&メープルアーモンド(アチェロ)=699円/クリーマdiミルフィオリ(アチェロ)=3034円(5種入)/ヴェネチアカーニバル仮面、マント貸出(ヴェネチア仮面祭、12月下旬~翌4月上旬)=無料/(65歳以上は入館料100円引、障がい者手帳持参で本人と同伴者1名入館料500円)

他にもまだある!神奈川のおすすめアジサイスポット

アジサイの名所が多い神奈川県。最後に小田原城址公園と開成町の「あじさいの里」をご紹介します。

お城を背景に咲くライトアップされたアジサイや、水田の道沿い10㎞にわたりアジサイが続く光景は一度は見たい美しい光景です。

見ごたえ抜群のアジサイを眺めに、足を延ばしてみてはいかがでしょう。

ライトアップされたアジサイが幻想的な「小田原城址公園」

ライトアップされたアジサイが幻想的な「小田原城址公園」

昭和35(1960)年に復興された小田原市のシンボル・天守閣や、本丸広場を中心に整備された小田原城址公園。アジサイの季節だけでなく、春には約300本の桜が、初夏には約10000株ものハナショウブが咲き誇る花の名所としても知られています。

アジサイが見頃を迎える6月には、「小田原城あじさい花菖蒲まつり」が開催されます。期間中の夜には、ハナショウブとあじさいのライトアップが行われ、幻想的な花々を鑑賞することができます。アジサイが好きな方も、お城好きな方にも間違いなしのおすすめスポットです!

小田原城址公園

住所
神奈川県小田原市城内地内
交通
小田原駅から徒歩10分
営業期間
通年
営業時間
入園自由(天守閣・常盤木門SAMURAI館・歴史見聞館NINJA館は9:00~16:30<閉館17:00>)
休業日
無休(天守閣は12月第2水曜休)
料金
入園料=無料/入場料(天守閣)=大人510円、小・中学生200円/入場料(常盤木門SAMURAI館)=大人200円、小・中学生60円/入場料(歴史見聞館【NINJA館】)=大人310円、小・中学生100円/レンタル(甲冑、忍者、お姫様の装束)=大人300円、小人200円/豆汽車、バッテリーカー(子ども遊園地)=80円/自動遊器具(子ども遊園地)=30円/

水田の道沿い10kmにわたりアジサイが咲く「あじさいの里」

水田の道沿い10kmにわたりアジサイが咲く「あじさいの里」

水田の道沿い10kmにわたり5000株のあじさいが咲く開成町。昭和52年にアジサイが町の花として制定され、開成町に「あじさいの里」が誕生しました。田植え後の緑に染まった田園のあいだに鮮やかなアジサイが長く続く光景が特徴です。

例年6月中旬には「開成町あじさいまつり」が開催されます。開催期間中は、フォトコンテストや開成町の「快晴茶」やニンニクの収穫体験などのイベントも行われます。

また、足柄牛を使った「開成コリコリ丼」や、開成町産の米と足柄牛を使用した「開成町ライスバーガー」などグルメも充実。ぜひアジサイを見に訪れた際は、開成町の魅力をたっぷりと堪能してくださいね。

あじさいの里

住所
神奈川県足柄上郡開成町吉田島、金井島
交通
小田急小田原線新松田駅から箱根登山バス関本行きで7分、吉田神社入口下車すぐ
営業期間
6月上旬~中旬
営業時間
見学自由
休業日
情報なし
料金
情報なし

神奈川のアジサイ鑑賞を楽しもう!

アジサイが涼しげに咲く姿は、もうすぐやって来る夏の気配を感じさせてくれますね。

晴れの日はもちろん、雨の日でも楽しめるのがアジサイの魅力のひとつ。雨の日こそ絶好のアジサイ鑑賞日和とも言えます!

梅雨真っ最中の6月中旬〜下旬は、アジサイが開花のピークを迎えるのに加え天気の条件まで重なる、完璧なアジサイ観賞のシーズンです。

しとしとと降り注ぐ雨粒をまとったアジサイは、晴れのときとはまた違う雰囲気があってとても素敵ですよ。

お気に入りの傘を片手に、ぜひ、梅雨の神奈川へ出かけましょう!

伊豆・箱根の新着記事

【無料のWEBマガジン】月刊まっぷる6月号:特集は「初夏のあじさい名所」「おすすめファミリーキャンプ場」「最強ソウルナビ」、連載企画「いぎなり東北産の推しみやげ」「聖地巡礼」「アンテナショップでご当地グルメ!」「月イチご褒美ラーメン」「日本の吊り橋」「ご当地名物食べ比べ」「12星座占い」

国内・海外の旅行情報を紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドシリーズ『まっぷる』がお届けする、無料の月刊WEBマガジン「月刊まっぷる」。 WEBマガジンならではのアクションで、読者の「もっと知りたい!」「...

【小田原駅】ゴールデンウィーク暇すぎる人、絶対ここ行って!すぐ行けるおでかけスポット6選

ゴールデンウィークの予定を「まだ決めていない」という方へ、耳寄りな情報をお届けする今回の特集記事。 大型連休だからといって遠出をする必要はありません。本日は編集部厳選の、小田原駅周辺(徒歩20分...

【熱海駅】ゴールデンウィーク暇すぎる人、絶対ここ行って!すぐ行けるおでかけスポット10選

ゴールデンウィークの予定を「まだ決めていない」という方へ、耳寄りな情報をお届けする今回の特集記事。 大型連休だからといって遠出をする必要はありません。本日は編集部厳選の、熱海駅周辺(徒歩20分圏...

【三島駅】ゴールデンウィーク暇すぎる人、絶対ここ行って!すぐ行けるおでかけスポット8選

ゴールデンウィークの予定を「まだ決めていない」という方へ、耳寄りな情報をお届けする今回の特集記事。 大型連休だからといって遠出をする必要はありません。本日は編集部厳選の、三島駅周辺(徒歩20分圏...

【箱根登山電車箱根湯本駅】ゴールデンウィーク暇すぎる人、絶対ここ行って!すぐ行けるおでかけスポット6選

ゴールデンウィークの予定を「まだ決めていない」という方へ、耳寄りな情報をお届けする今回の特集記事。 大型連休だからといって遠出をする必要はありません。本日は編集部厳選の、箱根登山電車箱根湯本駅周...

【伊東駅】ゴールデンウィーク暇すぎる人、絶対ここ行って!すぐ行けるおでかけスポット7選

ゴールデンウィークの予定を「まだ決めていない」という方へ、耳寄りな情報をお届けする今回の特集記事。 大型連休だからといって遠出をする必要はありません。本日は編集部厳選の、伊東駅周辺(徒歩20分圏...

【伊豆急行伊豆高原駅】ゴールデンウィーク暇すぎる人、絶対ここ行って!すぐ行けるおでかけスポット9選

ゴールデンウィークの予定を「まだ決めていない」という方へ、耳寄りな情報をお届けする今回の特集記事。 大型連休だからといって遠出をする必要はありません。本日は編集部厳選の、伊豆急行伊豆高原駅周辺(...

【伊豆急行伊豆急下田駅】ゴールデンウィーク暇すぎる人、絶対ここ行って!すぐ行けるおでかけスポット10選

ゴールデンウィークの予定を「まだ決めていない」という方へ、耳寄りな情報をお届けする今回の特集記事。 大型連休だからといって遠出をする必要はありません。本日は編集部厳選の、伊豆急行伊豆急下田駅周辺...

【来宮駅】ゴールデンウィーク暇すぎる人、絶対ここ行って!すぐ行けるおでかけスポット5選

ゴールデンウィークの予定を「まだ決めていない」という方へ、耳寄りな情報をお届けする今回の特集記事。 大型連休だからといって遠出をする必要はありません。本日は編集部厳選の、来宮駅周辺(徒歩20分圏...

【伊豆急行河津駅】ゴールデンウィーク暇すぎる人、絶対ここ行って!すぐ行けるおでかけスポット3選

ゴールデンウィークの予定を「まだ決めていない」という方へ、耳寄りな情報をお届けする今回の特集記事。 大型連休だからといって遠出をする必要はありません。本日は編集部厳選の、伊豆急行河津駅周辺(徒歩...
もっと見る

※掲載の情報は取材時点のものです。お出かけの際は事前に最新の情報をご確認ください。

まっぷるトラベルガイド編集部は、旅やおでかけが大好きな人間が集まっています。

皆様に旅やおでかけの楽しさ、その土地ならではの魅力をお伝えすることを目標に、スタッフ自らの体験や、旅のプロ・専門家への取材をもとにしたおすすめスポットや旅行プラン、旅行の予備知識など信頼できる情報を発信してまいります!