コツまでわかる国内観光旅行情報サイト|マップルトラベルガイドコツまでわかる国内観光旅行情報サイト

×

 >  >  >  >  >  >  福岡で本場の「もつ鍋」を食べたい!人気おすすめ店は!?

福岡で本場の「もつ鍋」を食べたい!人気おすすめ店は!?

by mapple

更新日:2018年1月17日

終戦まもなく福岡で誕生したもつ鍋は、もつとにらをアルミ鍋で炊いたホルモン焼きをアレンジしたもの。プリップリのもつにキャベツ、にらなどの野菜が盛りだくさんで、栄養満点。

牛ホルモンの部位を知ろう!

タン・チーク
タンは舌の部分。先端は硬く、根元になるにつれて霜降りになる。チークはホホ肉のこと。

コリコリ・ウルテ
コリコリは心臓の付け根の大動脈、ウルテは気管にあたる軟骨。味は淡泊で、歯ごたえがある。

ハツ
心臓部分で、赤身肉のようなうまみとコリコリとした食感がある。刺身でも焼いて食べてもおいしい。

サガリ
横隔膜の肋骨側の部分でやわらかく、赤身肉のような味と食感。ロースなどに比べてサシが少なく、低カロリー。

ハラミ
横隔膜の外側、サガリのまわりにつく。脂がのっていて、うまみは濃厚。焼き肉で定番の部位。

レバー・マメ
レバーは肝臓。ビタミンや鉄分を含み、濃厚な味。そら豆のような形のマメは腎臓。日本ではほとんど出まわることがない。

小腸
プリプリの食感とうまみたっぷりで、もつ鍋に欠かせない部位。小腸をひっくり返したものが「丸腸」。

直腸
シマ腸につながる大腸の部位で、「テッポウ」とも呼ばれる。煮込むことでやわらかく、くせのない味に。

シマ腸
小腸につながる大腸の部位。1頭から2、3kgほどしかとれない。シャキシャキ、コリコリの食感。

テール
尻尾のこと。1頭に1本のみで、コラーゲンが豊富。おもにテールスープに使われる。

ミノ
第1の胃。弾力がありコリコリとした食感。食べやすくするために包丁で切れ込みを入れた状態が蓑笠に似ていることから名が付く。

ハチノス
第2の胃。見た目が蜂の巣に似ている。かみごたえがあり、イタリアの煮込み料理によく使われる。

センマイ
第3の胃。ザクザクした食感で、鉄分が豊富。灰色の部分を湯むきしたものを「白センマイ」と呼ぶ。

ギアラ
第4の胃で、「赤センマイ」とも呼ばれる。脂が少なくあっさりながらも、うまみが濃厚。

アキレス
本来の「牛すじ」といえばこの部分。コラーゲンが濃厚で、煮汁はぷるぷる

スタンダードな人気店

博多で味わいたい!
まずはスタンダードなもつ鍋を出す店へ。本場で支持される人気店はこちら。

タンテール富士

やっぱ、本場は奥深いとよ!テールスープのうまみに絶賛の嵐
かつて福岡で、広く名が知られていた生肉料理専門店で修業し、さばき方や熟成方法など肉のことを熟知したオーナーが手がける。産地に足を運び、吟味した九州産黒毛和牛のタンとテール料理がメインで、なかでも、糸島産の野菜とともにじっくりと煮込んだテールスープがベースのもつ鍋は人気が高い。約400種類の焼酎の品ぞろえが自慢。

カウンター、掘りごたつ、小上がりの座敷がある

週末は事前の予約が望ましい

もつ鍋コース 3500円
もつ鍋はテールスープのほかに、塩、醤油の全3種類。キャベツ、にら、玉ねぎ、黒毛和牛の小腸とハツが入る。コースには刺身や餃子などが付く ※注文は2人前から

鍋の締めはちゃんぽんか雑炊が選べる

【まだある人気メニュー】
テール塩焼 小900円・中1200円・大1700円
塩のみのシンプルな味付けで、肉のうまみが際立つ。外側はカリカリ、中はやわらかくコラーゲンたっぷり ※写真は中サイズ

もつ鍋 おおやま

数種類の味噌をブレンドしたスープがコクウマ~♥
もつ鍋は、独自にブレンドした味噌ベースの「みそ」、ポピュラーな「しょう油」、特製のポン酢で食べる「水炊き風」の3種。九州産を中心に、若い国産牛の質のいい小腸のみを使う。

九州ご当地名物コース 1人前3000円
もつ鍋のほかに福岡の辛子高菜と辛子明太子、大分産の柚子胡椒を使ったポテトサラダ、熊本の馬刺しなど九州各地の名物料理が味わえる ※注文は2人前から

【まだある人気メニュー】
酢モツ 745円
オリジナルでブレンドしたポン酢で味付け。ねぎとごまがたっぷり

もつ鍋 笑楽 本店

肉問屋から直接仕入れる国産牛のもつ
もつ鍋は「しょうゆ味」「みそ味 白」「みそ味 赤(辛みそ)」「塩」の4種類からチョイス。もつは肉問屋から直接仕入れる国産牛の小腸がメインのミックスホルモン、野菜は福岡産のものを使う。大きめにスライスした博多ごぼうの食感がいい。

もつづくしコース1人前3500円
もつ鍋は小腸、白センマイ、赤センマイと丸腸が入る。ほかにミノの唐揚げ、丸腸の塩ガーリック炒め、ハツ刺し、センマイ刺しなど、もつ三昧

テーブル席と座敷があり、ゆったりとくつろげる

博多名物 もつ鍋専門店 楽天地 天神本店

キャベツとにらの山盛りタワーに仰天!
創業昭和53(1978)年。鍋の締めにちゃんぽん麺を出し、もつ鍋ブームを起こした名店。秘伝のたれを混ぜ込んだ醤油ベースのスープに、小腸やハチノス、センマイなど6種類のもつや野菜がたっぷり入る。

もつ鍋満足コース1人前1990円
1.5人前のボリュームのもつ鍋に、酢もつまたはキムチ、豆腐が付く。締めのちゃんぽんは食べ放題! このコースに、さらに追加のもつが加わる「もつざんまいコース」は2390円※写真は5人前

【まだある人気メニュー】
酢もつ 130円
もつ鍋のだしを隠し味にした酢もつ。鍋のできあがりを待つ間に

2階はカウンター、3階から5階は座敷席

アレンジもつ鍋

はやりもの大好き、好奇心旺盛なホルモンヌ※が注目する
もつ鍋の本場福岡では、専門店だけでなく多くの居酒屋でオリジナルのもつ鍋を出している。味噌や醤油のスタンダードもいいけれど、一度は食べてみたい変わりダネもつ鍋を紹介。※ホルモン好きな肉食系女子のこと。

世界食堂 地球屋 住吉本店

唐辛子が効いた赤いスープととろ~りまっ白の山いもがミソ
店主の植松さんが57か国の旅の思い出を表現した料理を出す。名物の「赤のもつ鍋」は昆布とかつお節でとっただしと合わせ味噌のスープに、コチュジャンと唐辛子が入るのが地球屋流。もつのうまみが引き立つほどよい辛さで、山いもを溶かすと鍋全体がマイルドに。

【唐辛子入りのピリ辛】
赤のもつ鍋1人前1000円
もつは国産牛の小腸のみ。姉妹店の焼き肉店と同じルートで仕入れていて、質のよさは文句なし

【まだある人気メニュー】
ギリシャのトマト 600円
くりぬいたトマトに魚介や野菜を詰めて焼き上げたグラタン。ビネガーソースがかかる

姉妹店の焼き肉屋「七輪焼肉 ばかとあほ」の裏手に入り口がある

店内には、店主の旅の記念写真を飾っている

筆者:mapple

まっぷる福岡 博多・天神 ’18

発売日:2017年05月18日

Amazonで購入する

この記事の出典元は「まっぷる福岡 博多・天神 ’18」です。掲載した内容は、2016年12月~2017年3月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される可能性があります。そのため、消費税改正前、改正後、施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には、改めて事前にご確認ください。

エリア

 >  >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

×
×