コツまでわかる国内観光旅行情報サイト|マップルトラベルガイドコツまでわかる国内観光旅行情報サイト

×

 >  >  >  >  >  >  【新潟タウン】日和山〜旭町!レトロ建築とアート空間!

【新潟タウン】日和山〜旭町!レトロ建築とアート空間!

by mapple

更新日:2018年9月16日

日和山から西大畑、旭町には、魅力的な歴史的建造物やカフェ、アートスポットがめじろ押し。のんびり&じっくり歩くのにぴったり♪

日和山〜旭町ってこんなところ

新潟の町で一番の高台であり、港に入る船の水先案内の地であった日和山。お屋敷や別荘、レトロな洋館、さまざまな文化施設が点在する坂の町である西大畑や旭町。どちらにも歴史的な街並みが残る。

古くからの庶民的な顔ものぞかせる

日和山にある階段。一帯には坂道が多い

おすすめコース

⇩ JR新潟駅前から運行している新潟市観光循環バスで28分

Start! 北前船の時代館前バス停

⇩ すぐ

①旧小澤家住宅

北前船で栄えた港町の豪商
江戸後期から米穀商を営み、明治時代に廻船業や石油商で栄えた豪商・小澤家の店舗兼住宅。新潟市の文化財に指定された主屋や蔵、座敷、広大な敷地に往時の空気が漂う。

街並みに溶け込んだ造り

江戸時代から続く旧家から歴史さんぽを
約1600㎡もの庭園も見ごたえがある

⇩ 450m

②日和山五合目hiyoriyama coffee

日和山の風景を楽しむ
日本遺産の構成文化財に認定された日和山の中腹にあるコーヒー店。ハンドドリップコーヒーやスイーツを楽しみながら、散策の予習をするのも楽しい。

コーヒー500円〜とチーズケーキ400円

店内からの日和山の眺め

おしゃれなカフェでのんびり

観光情報も提供

山頂も立ち寄りたい

日和山五合目横の階段を上ると、山頂へ行ける。標高12.3mの日和山は江戸時代、街でもっとも高い場所だった。港に入る船の水先案内が行なわれていた重要な場所だったのだ。

明治24(1891)年に奉納された方角石

頂上に海の神様を祀る住吉神社が

⇩ 800m

③新潟市美術館

アート以外の楽しみも多彩
ピカソや草間彌生氏などの巨匠から、新潟出身の作家まで、近現代の優れた作品を所蔵。建築家の前川國男氏による居心地のよい建物も見もの。

ミュージアムでアートな時間を
コレクション展や企画展を開催

ミュージアムショップ「ルルル」

ルルル手ぬぐい1080円

オリジナルデザインのマスキングテープ各410円

こかげカフェL’ombrage

ミュージアムカフェもおすすめ
新潟県産小麦粉と天然酵母で作るベーグルは、噛みしめるほどに味わい深いと人気が高い。卵と牛乳不使用のソフトクリームをテイクアウトするのもいい。

新潟県産小麦全粒粉+いちじく356円

新潟県産小麦+くるみ280円

⇩ 450m

④旧齋藤家別邸

名庭園を心静かに眺める
豪商・四代齋藤喜十郎が、大正7(1918)年に別荘として建造。砂丘地形を利用した回遊式庭園は、滝や沢流れなど見どころが多く、四季折々の美しさを見せる。

日本の庭園美にうっとりする
新潟の繁栄を伝える国指定名勝

随所に銘木を使った建築

⇩ 150m

⑤カトリック新潟教会

静かなたたずまいにうっとり
創建は明治時代初期。スイス人建築家のマックス・ヒンデルが設計した和洋折衷の建物は、昭和2(1927)年に献堂された魅力的な木造建築。見事なステンドグラスがある。

色合いが変化するステンドグラスは必見
680年以上も現役のパイプオルガンもある

ステンドグラスはフィレンツェ製

⇩ すぐ

⑥ヒロクランツ

おみやげを買うならここ!
ヨーロッパで修業した店主が手作りする、伝統的なヨーロッパ菓子や旬の果実を使ったスイーツを販売。

どっぺり坂ブレッタ129円

ベルベデーレ172円
色とりどりの洋菓子を

かつて異人池があった場所に建つ

⇩ すぐ

⑦どっぺり坂

異国情緒が漂う名所
地名の由来は、ドイツ語のドッペルン(二重)。坂上にあった寮に対して、遊んでばかりだと落第する(だぶる)という戒めが込められているそう。

かつて寮生が通った街の小さな名所
階段は59段。旧制高校の及第点は60点以上

⇩ 800m

⑧新津記念館

贅を尽くした外国人迎賓館
昭和13(1938)年に建てられた豪奢な西洋館。新津恒吉が自邸内に造った、外国人賓客のためのゲストハウス。

レトロな洋館を見学
「イギリスの間」は17世紀に流行したジャコビアン様式

市内中心部の高台にあるランドマーク。国の登録有形文化財

⇩ 200m

⑨マリールゥ

新潟のおしゃれカフェの先駆けとなったスポット
趣のある木枠の扉を開けると、居心地のよい空間が現れる。おすすめは特製のパンケーキ。北海道産の小麦粉、全粒粉、喜界島産の粗糖を使った素朴な味わいが体を癒す。

最後はカフェでほっこり
手作りのオーナメントが飾られた店内

パンケーキと無肥料無農薬野菜をふんだんに使ったランチ1300円〜

マリールゥのパンケーキ650円〜など

ヘルシー志向のメニューも

筆者:mapple

まっぷる新潟 佐渡’19

発売日:2018年04月09日

Amazonで購入する

この記事の出典元は「まっぷる新潟’19」です。掲載した内容は、2018年1月~3月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には改めて事前にご確認ください。

エリア

 >  >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

×
×