コツまでわかる国内観光旅行情報サイト|マップルトラベルガイドコツまでわかる国内観光旅行情報サイト

×

 >  >  >  >  >  >  【新潟タウン】5大ラーメンの名店を完全攻略!

【新潟タウン】5大ラーメンの名店を完全攻略!

by mapple

更新日:2018年9月15日

魚介や米、地酒のイメージが強い新潟だが、実はラーメン激戦区としても全国的に知られる。新潟らしい代表的なスープ5タイプを食べ比べ!

あっさり醤油系

昔懐かしいやさしい味わい
屋台系ラーメンが発祥。澄んだ醤油だれのスープと極細縮れ麺という、昔ながらの支那そば。奥深い味わいがある。

太陽

こだわり抜いた煮干しのやさしい味
厳選した煮干しだけを仕入れ、その状態を見て下処理方法を変えるというこだわりのスープ。豚と野菜のだしも加わり、奥深い味が完成する。

清潔感が漂う店内はカウンターと小上がりで19席

らーめん 580円
煮干しの出汁に野菜などを加えた至極の味

手間ひまかけた極上スープの味が自慢です
主人伊藤達さん

三吉屋

長く愛され続ける古き良き支那そば
60年間愛され続ける、あっさり醤油の老舗。澄んだスープは、さっぱりとしていながらコクがある。ほどよい歯ごたえのチャーシューも主役級。

店内にはどこか懐かしい、昭和の風情が漂う

中華そば 600円
煮干しだしが効いたスープに縮れ麺が合う

背脂チャッチャ系

体を芯まで温める濃厚さ
コクを深める背脂によって冷めにくく、伸びにくい太麺との相性が抜群。一見こってりだが、だしの旨みで後味が良い。

関屋福来亭

煮干しと背脂が見事にマッチ!
関屋駅前にある老舗。煮干しだしのスープは、醤油と背脂のバランスが良く、絶妙に調和している。見た目よりさっぱりして、後を引くおいしさ。

2017年に小針駅近くへ移転した人気店

ラーメン 700円
煮干しが効いた個性派。麺は平たいちぢれ麺

麺屋しゃがら 新潟駅店

背脂の甘みとスープのコクが◎
スープは豚骨や魚介、昆布のほか、企業秘密だという素材も加わり、複雑な味わいを生み出している。朝から食べられる煮干しらーめんやつけ麺も人気。

新潟駅東口の改札を出て目の前にあるので便利

醤油らーめん 680円
麺は180gと多め。注文は11時からOK

大盛りはプラス10円、特盛りは20円とお得!
店長清田和也さん

こちらもご当地ラーメン!

食堂みやむら

もつラーメン@新発田
もつラーメン770円は新発田名物のひとつ。もつとはいっても豚の頭肉で、臭みのないプリプリの脂と肉の歯ごたえが美味な独自の味。

頭肉の旨みがスープに溶け込み上質な味に

とん汁の店 たちばな

とん汁ラーメン@上越
とん汁専門という珍しい店。とん汁とラーメンを合わせたメニューは、味噌ラーメンとは異なるやさしい味わいが魅力。

とん汁ラーメン800円は店オリジナルの味

長岡生姜醤油系

しょうがの香りが後を引く
スープの豚の臭み消しとして入れていたが、徐々にしょうがの存在感が強くなったご当地麺。体が温まるのもうれしい。

青島食堂 東堀店

味への自信からメニューは2種のみ!
「青島ラーメン」と「青島チャーシュー」の2種類のみというこだわりよう。スープの奥で上品に香るしょうがが、豚骨の旨みと融合し、奥深さを出している。

青い看板が目印。外の券売機で食券を購入しよう

青島チャーシュー 900円
しょうがの風味がラードと融け合い美味

やわらかく仕上げたチャーシューも自信作!
スタッフ五十嵐啓介さん

オレたちのラーメン ちょび吉

生姜醤油の特徴が前面に出た一杯
大量の生のしょうがや自家製の粉末しょうがを使用し、強烈にしょうがを利かせている。地元の醤油のコク、スープの旨み、しょうがのフレッシュなキレが抜群にマッチ。

店の入り口にもしょうがのいい香りがふわっと漂う

ド生姜醤油ラーメン 720円
ガツンとしょうがのパンチが効いた個性派。写真はたまご60円のせ

濃厚味噌系

味噌と野菜の旨みが絶品!
極太麺と濃厚な味噌味を特徴とする西蒲区発祥の味。割スープで薄め、好みの味にして食べるのが特徴。野菜も多い。

こまどり

自家製極太麺が濃厚スープにからむ
新潟濃厚味噌ラーメンの元祖。自家製麺によくからむ、赤味噌の風味豊かなスープが魅力。割スープや南蛮味噌を加えて味の変化を楽しむのも◎。

休日は行列必至の人気

味噌ラーメン 760円
煮干しだしの割スープを加えて味わう

ラーメン東横 駅南店

割スープを加え二度おいしい!
豚骨味噌スープには、旨みとコクを深める背脂をプラス。モッチリ極太の自家製麺は、スープとの相性も抜群。好きなタイミングで割りスープを注ぎ、自分流に楽しもう。

駅南店をはじめ、全4店舗を営業している

みそラーメン 680円
シャキシャキ野菜と濃厚スープがマッチ

カレーラーメン系

独自の味が続々と誕生する
三条市で70年の歴史をもつ、カレー味のご当地ラーメンのひとつ。スープ系やつけ麺など、さまざまなタイプがある。

ばるむ食堂

クリーミーでスパイシーな独自の味
ハンバーグとカレーをメインメニューとする新潟タウン郊外の店。18種のスパイスを使った自家製カレー粉、すりおろし野菜たっぷりのスープが後を引く味だ。

喫茶店を思わせる洋風の店内。牛肉は国産を使う

カリ〜ら〜麺 756円
すりおろし野菜と自家製スパイスが競演

麺は東京浅草開化楼のものを使っています
店長佐藤広之さん

らぁめん お〜や

濃厚鶏ラーメンがスパイシーに変化
JR東新潟駅前にある、鶏だしスープのラーメン店。1日1杯限定で、濃厚な白湯スープに、独自にブレンドしたスパイシーなカレーを加えた限定食を提供。

カレーラーメンの進化形を提供する駅前店

カレーラーメン 920円
濃厚だしにさらに鶏をプラス。ラー油も美味

筆者:mapple

まっぷる新潟 佐渡’19

発売日:2018年04月09日

Amazonで購入する

この記事の出典元は「まっぷる新潟’19」です。掲載した内容は、2018年1月~3月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には改めて事前にご確認ください。

エリア

 >  >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

×
×