おでかけ情報満載!「まっぷる」の観光旅行メディア|まっぷるトラベルガイド国内おでかけ情報満載!「まっぷる」の観光旅行メディア

×

 >  >  >  >  >  >  【釧路】旅の出発前に知っておきたい観光情報をチェック!

【釧路】旅の出発前に知っておきたい観光情報をチェック!

【釧路】旅の出発前に知っておきたい観光情報をチェック!

by mapple

更新日:2018年9月24日

国内屈指の水揚げ量を誇る漁業の街・釧路。炉端焼きや海鮮丼など魚介を取り扱う飲食店が数多く営業している。また、釧路湿原など手つかずの自然が残る景勝地も見逃せない。

人気のスポット 観光の定番ベスト3

釧路湿原

美しい緑の世界が広がる
約2万haもの面積を持ち、今もありのままの自然が残されている国の天然記念物。数か所ある展望台や、季節運行の「くしろ湿原ノロッコ号」に乗車して眺めを楽しもう。

釧路湿原

釧路湿原の詳細情報


住所
北海道釧路市広里、安原、北斗
交通
JR根室本線釧路駅から阿寒バス鶴居・川湯温泉方面行きで35分、湿原展望台下車すぐ(釧路市湿原展望台)
営業期間
通年
営業時間
情報なし
休業日
情報なし

幣舞橋

ここから眺める夕日が美しい
北海道三大名橋のひとつに数えられ、欄干には4体のブロンズ像を配置。この橋から眺める夕日はひときわ美しく、設置されたブロンズ像のシルエットとのコントラストが特徴的だ。

幣舞橋

幣舞橋の詳細情報


住所
北海道釧路市北大通
交通
JR根室本線釧路駅から徒歩10分
営業期間
通年
営業時間
見学自由
休業日
無休

タンチョウ

しなやかな姿が人々を魅了
「雪原の貴婦人」と称される国の特別天然記念物。夏でも道東の沼沢地で稀に見かけることもあるが、やはり美しいのは冬の湿原に舞う姿だ。冬の給餌も名物。

タンチョウ

必ず食べたい!名物グルメベスト3

釧路ラーメン

あっさり味わえる港町のラーメン
札幌、旭川、函館に次ぐ北海道四大ラーメンのひとつ。細い縮れ麺とあっさりとした醤油味のスープが特徴。お茶漬け感覚で食べられるラーメンだ。

釧路ラーメン

炉端焼き

北海道では釧路が発祥の地
釧路近海で水揚げされるサンマやサケなどの旬の魚介を炭火で焼くスタイル。60年以上の歴史をもつ老舗や夏季のみ釧路川の岸壁で営業する店など、多くの専門店がある。

炉端焼き

勝手丼

和商市場が生んだ名物丼
市場内の鮮魚店をまわり、食べたい魚介を丼ご飯にのせて作るオリジナル丼。釧路を旅するライダーに味わってもらおうと始めたのがルーツ。

勝手丼

和商市場の詳細情報


住所
北海道釧路市黒金町13丁目25
交通
JR根室本線釧路駅から徒歩3分
営業期間
通年
営業時間
8:00~18:00(閉店、1~3月は~17:00)
休業日
日曜不定休

ひがし北海道の女子旅おすすめメニュー♥

釧路湿原カヌーツーリング

湿原をゆったりと流れる釧路川の水上散策。鳥の鳴き声や川の流れる音を聞きながら、マイナスイオンをたっぷり浴びよう。早朝から午後までさまざまなプランがあり、「モーニングカヌーツーリング」が一番人気だ。所要時間は約2時間。手つかずの湿原の自然をとても近くで感じられる。

期間:5月上旬〜12月中旬
料金:1名9000円(2名以上で申し込みの場合、保険は別途1名500円)
問い合わせ:釧路マーシュ&リバー 0154-23-7116

釧路湿原カヌーツーリング

釧路マーシュ&リバーの詳細情報


住所
北海道釧路町河畔4丁目79
交通
JR釧網本線釧路湿原駅、または細岡駅からすぐ(集合場所、コースにより異なる)
営業期間
通年
営業時間
8:00~19:00(閉店)
休業日
不定休年末年始休

定番みやげベスト3

さんまんま

特産のサンマを使った名物グルメをおみやげに
秘伝のタレに漬け込んだ道東産のサンマと大葉を炊き込みご飯にのせ、炭火で焼いたもの。「たんちょう釧路空港」や「釧路フィッシャーマンズワーフMOO」でおみやげ用として冷凍販売もしている。

さんまんま

海産物

新鮮な魚介類や加工品がズラリ!
漁業の街・釧路では新鮮な魚介や、その魚介で作った高品質の水産加工品を購入できる。買うなら釧路駅近くの「和商市場」や「釧路フィッシャーマンズワーフMOO」がおすすめ。

海産物
海産物

丹頂鶴の卵

昔ながらの釧路銘菓といえば
釧路湿原のシンボル・タンチョウの卵をモチーフにした定番銘菓。「たんちょう釧路空港」や「釧路フィッシャーマンズワーフMOO」などで販売している。

丹頂鶴の卵

エリアMAP

釧路

漁業と貿易で栄えた道東の中心都市。市街地を流れる釧路川に架かる幣舞橋は、北海道三大名橋のひとつに数えられる。また、ホテルも充実しており、道東観光の拠点にもなっている。

釧路

釧路湿原

日本最大の湿原でその広さは東京都心がすっぽり入ってしまうほど。東側エリアには釧網本線が走っており、「ノロッコ号」などが楽しめる。西側エリアには、人気の散策路の「釧路市湿原展望台コース」と「温根内木道コース」を設置。どちらも道東らしい自然が楽しめる。

釧路湿原
釧路湿原

釧路湿原の詳細情報


住所
北海道釧路市広里、安原、北斗
交通
JR根室本線釧路駅から阿寒バス鶴居・川湯温泉方面行きで35分、湿原展望台下車すぐ(釧路市湿原展望台)
営業期間
通年
営業時間
情報なし
休業日
情報なし

釧路市内の路線バス

くしろバスが運行する釧路駅前発着のたくぼく循環線は、米町公園や啄木ゆめ公園、釧路プリンスホテル、ANAクラウンプラザ釧路、釧路フィッシャーマンズワーフMOOなど、主要施設やホテルを経由する便利な路線。春採湖方面へ向かう若草団地線も便利だ。

くしろバス 0154-36-8181

釧路市内の路線バス

釧路市内のレンタサイクル

釧路の繁華街近くにある「釧路市民活動センターわっと」で貸し出し。利用期間は春~秋の10~19時。電動自転車500円、普通自転車200円(ともに3時間まで)。釧路市中心部の観光に便利だ。

釧路市民活動センターわっと 0154-22-2232

乗り降り自由のフリー乗車券

旧釧路市内と釧路町を運行する路線バスを600円で自由に乗り降りできる1日フリー乗車券。土・日曜、祝日の限定発売で、乗車する日をコインで削るスクラッチ方式。路線バス車内で販売している。くしろバス・阿寒バス共通。

くしろバス 0154-36-8181

湿原関連施設をめぐるなら[しつげん55 PASS]

釧路市湿原展望台、釧路市丹頂鶴自然公園、釧路市動物園、釧路市立博物館、阿寒国際ツルセンターの5か所を1020円(5日間有効)で周遊できる。全施設利用すると通常料金より1430円お得。釧路駅内の観光案内所や釧路空港、それぞれの施設などで販売している。

筆者:mapple

この記事の出典元は「まっぷる知床・阿寒・網走・釧路湿原」です。掲載した内容は、2017年5月~2018年2月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には改めて事前にご確認ください。

エリア

 >  >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

×