>  >  >  >  > 

【防府】で人気!おすすめの観光・グルメ・ショッピングスポット

まっぷるマガジン編集部

更新日:2018年10月13日

この記事をシェアしよう!

【防府】で人気!おすすめの観光・グルメ・ショッピングスポット

大名毛利氏の史跡をはじめ、天満宮や寺などの見どころが多い。周防灘に面し、名物の鱧をはじめとする海の幸も魅力。

防府天満宮

市内を見渡す防府の天神様
学問の神、菅原道真公を祀る日本最初の天満宮。拝殿を中心に、抹茶を出す芳松庵や、縁結びのLOVE神社の石碑などがある。【見る】【神社】

防府天満宮

石段を上ると華やかな楼門がお出迎え

防府天満宮

住所
山口県防府市松崎町14-1
交通
JR山陽本線防府駅から徒歩15分
料金
無料

毛利氏庭園

日本建築の粋をつくした旧大名家の豪邸
維新の功労者、旧長州藩主毛利氏の庭園。壮大な石組や植栽が、当時の栄華を偲ばせる。部屋数60以上の旧毛利家本邸も見ごたえ十分。【見る】【庭園】

毛利氏庭園

約8万4000㎡の庭園を遊歩道でめぐる

周防国分寺

荘厳な仏像の数々に圧倒される
十六羅漢を安置する仁王門や、重厚な入母屋造りの本堂が目を引く。金堂には、薬師如来をはじめ50数体の仏像が並ぶ。【見る】【寺院】

周防国分寺

重要文化財の仏像を目前にする堂内

周防国分寺

住所
山口県防府市国分寺町2-67
交通
JR山陽本線防府駅から徒歩20分
料金
金堂拝観料=500円/宝物館拝観料=大人500円、小人300円/(障がい者200円引)

東大寺別院阿弥陀寺

厳かな境内にあじさいが彩る
80種4000株のあじさいが咲き誇る6月が特に美しい。敷地内には本寺のほか、国宝や仏像を展示する宝物館があり、石風呂体験(300円)も可能。【見る】【寺院】

東大寺別院阿弥陀寺

6月はあじさいまつり(入山料200円)を開催

阿弥陀寺

住所
山口県防府市牟礼上坂本1869
交通
JR山陽本線防府駅から防長交通阿弥陀寺行きバスで20分、終点下車すぐ
料金
石風呂体験(第1日曜、12:00~19:00)=300円/あじさいまつり入山料(6月)=200円/宝物館=大人400円、高校生以下200円、小学生以下無料/

防府市まちの駅うめてらす

まちめぐりに便利な観光拠点
観光案内や休憩所、レンタサイクルなど便利な設備が整う。特産品が並ぶみやげ店や、地元の食材を使った食事処「スイートホーム」などがある。【見る】【複合施設】

防府市まちの駅うめてらす

スタッフが周辺観光の案内をしてくれる

防府市まちの駅 うめてらす

住所
山口県防府市松崎町1-20
交通
JR山陽本線防府駅から徒歩15分
料金
無料

宮の蕎麦 兎屋

蕎麦屋らしいご当地ソフト
甘露醤油で作ったかえしを混ぜた、甘露ソフトがおすすめ。ほのかな醤油テイストが甘さを引き立てる。サクサクの蕎麦の実をトッピング。【食べる】【和食店】

宮の蕎麦 兎屋

まろやかな味わいの甘露ソフト 300円

宮の蕎麦 兎屋

住所
山口県防府市宮市町8-22
交通
JR山陽本線防府駅から徒歩15分
料金
甘露ソフト=300円/そば御膳=1250円/鴨せいろ=1230円/

道の駅 潮彩市場防府

瀬戸内海を望む活気あふれる市場
すぐそばの三田尻港で揚がった魚介や、海鮮グルメが充実する市場。市場ならではの新鮮な魚介が味わえる食事処や、展望デッキを備えている。【買う】【道の駅】

道の駅 潮彩市場防府

鮮魚をはじめ、魚介の加工品や農産物・みやげなどを販売

道の駅 潮彩市場防府

住所
山口県防府市新築地町2-3
交通
山陽自動車道防府東ICから県道54号、一般道を新築地町方面へ車で約9km
料金
刺身定食=1000円/焼鯖寿司=580円/お魚ドーナツ=120円/
1 2

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください