>  > 

7.いつもより早起きして天空の城・竹田城へ【兵庫県】

7.いつもより早起きして天空の城・竹田城へ【兵庫県】

兵庫県朝来市にある竹田城は、「日本のマチュピチュ」「天空の城」とも呼ばれ、車での遠出にぴったりのスポットです。

雲海に包まれる神秘的な景色を見たいなら、9月から11月ごろがベストシーズン。それ以外の季節でも、すがすがしい朝に訪れておいしい空気を味わうのがおすすめです。

お城を見てから国道427号を走り、丹波篠山方面へ抜けるルートを紹介します。

竹田城跡

竹田城跡

標高353.7mの古城山の山頂部にある城跡です。ふもとに車を停め、城跡まで歩いて登れば城からの眺めを楽しむことができます。

歩きやすい靴や雨具に加え、暗いうちから登るときは懐中電灯も必須。竹田城跡そのものを見たいときは、向かいにある立雲峡に登りましょう。どちらからでも唯一無二の眺望を味わえます。

【コロナによる影響・対策】
5月29日より開山再開
詳細は公式HP:竹田城跡

竹田城跡

住所
兵庫県朝来市和田山町竹田古城山169
交通
JR播但線竹田駅から全但バス「天空バス」竹田城跡行き(12~翌2月運休)で20分、竹田城跡下車、徒歩20分
料金
見学料=大人(高校生以上)500円、中学生以下無料/年間パスポート=1000円/(20名以上の団体は1割引、障がい者手帳持参で本人と同伴者無料)

高源寺

高源寺

竹田城跡から国道427号を進んだ加古川沿いにある名刹です。丹波地方を代表する紅葉の名所で、特に秋は多くの人でにぎわいます。

紅葉のシーズンは竹田城跡の雲海シーズンとも重なるため、ぜひ足を延ばして訪れてみてください。

すっきりとしたグリーンが美しい、夏の青もみじもおすすめです。

高源寺

住所
兵庫県丹波市青垣町桧倉514
交通
JR福知山線柏原駅から神姫グリーンバス佐治行きで40分、終点下車、タクシーで10分
料金
入山料=300円/精進料理(4名以上、要予約、12:00~)=4860円~/(障がい者手帳持参で入山料割引あり)

篠山城跡・大書院

篠山城跡・大書院

お城からスタートしたドライブ、最後もお城で締めてみてはいかがでしょうか。

2000(平成14)年に復元された大書院を中心とした篠山城跡は、かつての姿が想像できるように整備されており、歴史散策が楽しめます。また、周辺には武家屋敷が並ぶ当時の面影を残す街並みが残り、城下町の雰囲気たっぷり。

しっとりとした時間を過ごしたい大人におすすめのスポットです。

【コロナによる影響・対策】
・篠山城跡 大書院
5月26日より開館再開
詳細は公式HP:篠山城跡 大書院

篠山城跡

住所
兵庫県丹波篠山市北新町2-3
交通
JR宝塚線篠山口駅から神姫グリーンバス篠山営業所行きで15分、二階町下車、徒歩10分
料金
入館料=大人400円、高校・大学生200円、小・中学生100円(天守台、本丸、二の丸は無料)/(団体割引あり、篠山城大書院・歴史美術館・青山歴史村・安間家史料館の4館共通券有)

篠山城 大書院

住所
兵庫県丹波篠山市北新町2-3
交通
JR宝塚線篠山口駅から神姫グリーンバス篠山営業所行きで15分、二階町下車、徒歩5分
料金
入館料=大人400円、高・大学生200円、小・中学生100円/青山歴史村・武家屋敷安間家史料館・歴史美術館との4館共通券=大人600円、高・大学生300円、小・中学生150円/(歴史美術館が特別展期間中は4館共通券の料金が異なる、各種障がい者手帳持参で無料)

まとめ:ハンドルを握って関西の絶景を探しにいこう!

関西地方には、走って爽快、訪れて楽しいドライブルートがいくつもあります。電車やバスでは行きづらい絶景ポイントに行くのも楽々。運転途中に見かけたスポットにも気軽に寄り道できます。

海や山の風景を楽しんだり、ご当地グルメを味わったりと、日帰りでも十分に旅行気分を味わえますよ。休日にはぜひ自動車をお供に出かけてみてください。

1 2
筆者
Ayako

のんびり気ままな一人旅が大好きなライターです。コンサート遠征のついでにプチ観光を楽しむうちに旅が好きになりました。お寺や史跡めぐりを中心に、気の向くままに出かけています。旅先での楽しみは、写真撮影、温泉、知らない道をドライブすること。ローカル電車の旅にも憧れています。

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください