>  >  >  >  絶景&グルメの宝庫!コロナ禍でも楽しめる 淡路島のインスタ映えスポット旅

絶景&グルメの宝庫!コロナ禍でも楽しめる 淡路島のインスタ映えスポット旅

絶景&グルメの宝庫!コロナ禍でも楽しめる   淡路島のインスタ映えスポット旅 淡路島に繋がる明石海峡大橋

兵庫県最南端の離島「淡路島」は、関西では多くの人が訪れる人気の観光地 。
「日本でいちばんはじめにできた島」という逸話 も残る、ロマンチックな島です。
離島とはいえ、神戸の町中から車でわずか一時間と、アクセスも抜群!年々オシャレなカフェや施設が増え、島全体がアートと化して独自の世界観を作り上げているのです。

今回は、関西方面から出発し1泊2日で淡路島を楽しむプランとして、コロナ禍でも楽しめるスポットを中心にご紹介します!

【淡路島旅行1日目】9:00~神戸と徳島を繋ぐ中間地点!「淡路ハイウェイオアシス」

【淡路島旅行1日目】9:00~神戸と徳島を繋ぐ中間地点!「淡路ハイウェイオアシス」
淡路島公園とも直結している淡路ハイウェイオアシス

大阪市内から淡路島までは、阪神高速神戸線を利用し、明石海峡大橋を渡っていきます。大阪駅からは車で約1時間半関東方面からは車で約7時間半程度です。
今回は関西方面から出発。大阪を7時半に車で出発し、9時には淡路島に到着です。

まずは明石海峡大橋を渡った先にあるサービスエリア「淡路ハイウェイオアシス 」を目指しましょう。スターバックスもあるので、明石海峡大橋を見ながら軽く朝ごはんをいただくのもよいですね。

淡路ハイウェイオアシスから見る明石海峡大橋

淡路ハイウェイオアシスの展望デッキからは明石海峡大橋が一望でき、定番の写真スポットとなっています。神戸方面から淡路島に入る際に見える観覧車は、このハイウェイオアシスにあるもの 。他にもドッグランや子どもが遊べる遊具などもあり、ここだけでもかなり楽しめます!

玉ねぎを丸ごと使ったメニューやシラス丼など、淡路島ならではのSAグルメも堪能してみてくださいね。

10:30~ 宿泊しなくても楽しめる「ウェスティンホテル淡路 」

10:30~ 宿泊しなくても楽しめる「ウェスティンホテル淡路 」
<画像提供:ウェスティンホテル淡路>ウェスティンホテル淡路内にあるアートなチェア 

ウェスティンホテル淡路は、淡路SAから車でわずか10分の場所に位置する淡路夢舞台の敷地内にある四つ星ホテル。今回はホテルに宿泊はせず、観光スポットとして訪れました。

芸術的な建築、アートな植物園、テラスでのBBQなどが楽しめるということで、家族、友人、カップルと、あらゆる客層に親しまれています。ウェスティンホテル淡路に宿泊しない場合、「奇跡の星の植物館」以外の施設、「夢舞台」「海の教会」「百段苑」には無料で入ることができます

ウェスティンホテル淡路

住所
兵庫県淡路市夢舞台2
交通
神戸市内から車で約30分、大阪市内から約1時間、淡路SAから約10分 / JR新神戸駅から高速バスで約60分、JR三ノ宮駅から約45分
営業期間
通年
営業時間
イン15:00、アウト11:00
休業日
無休
料金
1名26070円~/

「淡路夢舞台」で芸術に触れる

「淡路夢舞台」で芸術に触れる
<画像提供:夢舞台>「淡路夢舞台」と海

ウェスティンホテル淡路がある「淡路夢舞台 」は、広大な敷地に建てられた、安藤忠雄氏設計の芸術的な建造物。植物館や野外劇場、階段状に100の花壇が並ぶ「百段苑 」など、様々な施設が一堂に会していて、一日いても飽きません。

建築巡りが好きな方にとっても欠かせない場所の一つ。安藤忠雄氏らしいスタイリッシュな空間の世界観 に浸り、ゆっくりと「芸術」の旅を楽しみましょう。

インスタ映えスポットも多く、少なくとも2時間は見ておきたいところ。旅のメインとしてプランニングすることをおすすめします。広大な敷地のため密になることも少なく、自分のペースで観光ができる穴場スポットです。

淡路夢舞台

住所
兵庫県淡路市夢舞台2
交通
神戸淡路鳴門自動車道 淡路ICより南へ約5分
営業期間
通年
営業時間
7:00~23:00
休業日
施設により異なる(一部施設は年末年始休)
料金
無料(※有料施設あり)

安藤忠雄氏設計!「海の教会」でロマンチックに思いを馳せて

安藤忠雄氏設計!「海の教会」でロマンチックに思いを馳せて
ウェスティンホテル淡路敷地内にある、安藤忠雄氏設計の「海の教会 」

天井にある十字型の明かり取りから光が差し込み、教会の壁に十字架が映し出されるというロマンチックな仕掛けが印象的な「海の教会」。時間帯によって光の差し込み方が変わり、訪れるたびに異なる表情を見せてくれます。

写真家たちもこぞって訪れる人気の撮影スポットですので、ぜひ足を運んでみてください!

■海の教会
住所:兵庫県淡路市夢舞台2番地
電話番号:0799-74-1111
アクセス:ウェスティンホテル淡路の敷地内
料金:無料
営業時間:平日7:00~23:00
Webサイト:海の教会

別世界が広がる絶景!「百段苑」で淡路の景色を大パノラマで感じて

別世界が広がる絶景!「百段苑」で淡路の景色を大パノラマで感じて
四季折々の花が咲く百段苑

季節季節の花が咲く100の花壇、海と空のパノラマ景色が圧巻の「百段苑」は一見の価値あり!立体迷路のような階段で形成されたこの広大な庭園は、「まるで別世界」と話題です

関西国際空港が建設される際、ここにあった山を切り崩して土砂を運んだのだとか。「岩肌になったこの土地を自然に戻したい」という思いから建設されたのだそうです。
阪神淡路大震災被災者への「祈りの庭」でもあるこの庭園は、安藤忠雄氏の想いが強く感じられます。

■百段苑
住所:兵庫県淡路市夢舞台2番地
電話番号:0799-74-1000
アクセス:神戸淡路鳴門自動車道 淡路ICより南へ約5分
料金:無料
営業時間:7:00~23:00
Webサイト:淡路夢舞台

おしゃれすぎる!「奇跡の星の植物館」でインスタ映え祭り

おしゃれすぎる!「奇跡の星の植物館」でインスタ映え祭り
光がたっぷり入る大温室「奇跡の星の植物館」

「素敵すぎる!」と称賛の声が止まらない「奇跡の星の植物館」は、そのネーミングからも女性の心をわしづかみにするインパクトがあります!

植物の種類の多さ緻密な手入れすぐそばには海岸というロケーションもあり、まさに離島の中のリゾート空間。
期間限定で季節ごとの庭園が造られ(写真はトロピカルガーデン)、薔薇の時期には「マリーアントワネットの庭」、冬には「蘭展」が行われるなど、その都度全く違うガーデンを見られ、何度行っても飽きません。

入場料はかかりますが、訪れる価値大のおすすめスポットです。

■奇跡の星の植物館
住所:兵庫県淡路市夢舞台4番地
電話番号:0799-74-1200
アクセス:ウェスティンホテル淡路の敷地内
料金:一般700円
営業時間:平日10:00~18:00
Webサイト:奇跡の星の植物館

13:30~ふわっふわを味わって!「幸せのパンケーキ」でランチ兼おやつタイム

13:30~ふわっふわを味わって!「幸せのパンケーキ」でランチ兼おやつタイム
幸せのパンケーキの白い鐘があるエントランス

午前中にウェスティンホテル淡路を満喫したら、車で30分ほどのところにある海沿いの絶景カフェに行きましょう。今、淡路島で最も注目されているレストラン「幸せのパンケーキ淡路島テラス 」で、ランチ兼デザートタイムです!

2019年7月にOPENした 「幸せのパンケーキ  淡路島テラス」は、なんと全席オーシャンビュー。原宿発の人気店が淡路島にも初上陸したとあって、人気を集めています。雰囲気は非日常なリゾート空間でまた雰囲気が全然違います。絶景を楽しみながら、ゆったりとしたひと時が過ごせますよ。
リゾート感あふれる海沿いのカフェは、インスタ映えなステキ空間。この景色と共にいただくパンケーキは格別です。店内席もありますが、せっかくなのでぜひテラス席で食べてみてくださいね!

ふわふわすぎて口に入れると一瞬で溶けちゃう幸せのパンケーキ(アイスなし)1,100円(税込)

ここのパンケーキはふわふわのスフレタイプ。見た目はボリュームがありますが、あっという間に食べ終わってしまうほど軽い食感なのです。トッピングのホイップバターと一緒に食べると更においしさUP!思わず顔がほころび、まさに「幸せ」な気分になれますよ!

実はこの店、海に面したテラスデッキのみならず、「絶景」を楽しめる工夫が沢山あるのです。

海の上に浮かんでいるかのようなテラス

まるで空中に浮かんでいるかのような錯覚に陥る「幸せの階段」や、海に向かって漕げる「岬のブランコ」、淡路島のマリンブルーに映える真っ白な「幸せの鐘」など、インスタ映えスポットがたくさん。ぜひ時間に余裕を持って訪れてください!

平日13時ごろでもほぼ満席の人気店ですが、予約ができるので旅のプランも立てやすいですね。夕方に訪れれば、海に沈む夕陽や、夕陽が「幸せの鐘」を赤く染める風景を見られるかもしれませんよ。

幸せのパンケーキ 淡路島リゾート

住所
兵庫県淡路市尾崎42-1
交通
神戸淡路鳴門自動車道 北淡ICより車で約4分
営業時間
平日10:30~19:30、土日祝9:00~19:30

15:30~広くて大きな貸別荘!「ヴィラオーシャン釜口」で暮らすようにステイ

15:30~広くて大きな貸別荘!「ヴィラオーシャン釜口」で暮らすようにステイ
全面ガラスのオーシャンビューリビング

おなかが満たされたら、今回の宿泊施設「ヴィラオーシャン・釜口 」へ向かいます。ここは1日1組限定の、一軒まるまる貸切ることができる貸別荘。今流行のバケーションレンタルと呼ばれるタイプの施設です。

幸せのパンケーキからは約30分。今夜のサンセットバーベキューのために、近くのスーパー「マルナカ」で食材を買い込んでからチェックインしましょう。ヴィラオーシャン・釜口から歩いて5分ほどのところにはビーチもありますので、少し海で遊んでから向かってもいいですね。

ヴィラオーシャン・釜口は普通の家と同じように台所や冷蔵庫が備わっており、食事は自分たちで自由に作ることができます。貸し切りなので、3密回避にももってこい。まるで自分の別荘のような気持ちで、ゆったりと過ごすことができます。

<画像提供:ヴィラオーシャン>
オーシャンビューの大きなバスルーム

4人は入れるほどの大きなお風呂はまるくてオシャレ!ジャグジーがついていて、お風呂からも海が眺められるなんて最高ですよね。

オーシャンビューのBBQデッキ

今回は、肉やソーセージ、野菜をたくさん買い込んでただ焼くだけの簡単BBQでしたが、キッチンがあるので凝った料理を作ることも可能です。

BBQデッキの上には雨除けの屋根も出せるため、天気が悪くても安心。BBQで焼く係に徹していても、海を見ながらビール片手に焼けるなら、焼き係も悪くないかも!

  • 設備
    キッチン、調理器具、食器類、ドラム洗濯乾燥機、洗剤・柔軟剤、全室free Wi-Fi 完備、ジャグジー浴槽
  • アメニティ
    バスタオル、フェイスタオル、シャンプー、コンディショナー、ボディソープ、歯ブラシセット、ドライヤー、ナイトウェア

■ヴィラオーシャン・釜口
住所:兵庫県淡路市釜口2236-1
電話番号:0120-81-8835
アクセス:神戸淡路鳴門自動車道 5-東浦ICより国道28号を南(洲本方面)へ約10分
料金:4名42,000円~ / 6名54,000円~ / 8名66,000円~(税抜)※定員8名
営業時間:チェックイン15:00~18:00 / チェックアウト11:00
Webサイト:ヴィラオーシャン・釜口

【淡路島旅行2日目】11:30~美味しくて安い!「G.ELM」の新鮮フルーツを使った絶品ジェラート

【淡路島旅行2日目】11:30~美味しくて安い!「G.ELM」の新鮮フルーツを使った絶品ジェラート
トマト苺×キウイヨーグルトのジェラート 350円(税込)

ヴィラオーシャン・釜口のチェックアウト時間は11時。ぎりぎりまで別荘ステイを楽しんだら、2日目の目的地、南淡路に向かって出発です!

ヴィラオーシャン・釜口から淡路サンセットライン を走って1時間ほどのところにある、大人気絶品ジェラート店「G.ELM(ジー・エルム) 」に向かいましょう。

あれもこれもほしくなる福良マルシェ

G.ELMは、淡路島の美味しいものばかりを集めた「福良(ふくら)マルシェ 」内にあるジェラート屋さん。「美味しくて安い」と評判で、種類によっては売り切れることもあるほどの人気店です。店員さんも元気が良く、とても感じのよいお店ですよ!

牛乳は毎日牧場からしぼりたてのものを、フルーツは契約農家から仕入れた無農薬のものを使うという、こだわりの淡路島絶品グルメなのです!
このジェラートを食べるためだけに淡路島に通いたくなるほどおいしいジェラート……。一度食べたら忘れられません!

南淡路でしっかり観光をしたい方は、ヴィラオーシャン・釜口を9:30ごろにチェックアウトし、イルカや馬などに触れ合える「じゃのひれドルフィンファーム」で遊んでからG.ELMに向かう、というコースもおすすめです。

■G.ELM
住所:兵庫県南あわじ市福良甲1530-2
電話番号:0799-50-2332
アクセス:神戸淡路鳴門自動車道 淡路島南IC(徳島方面)から約4km / 神戸淡路鳴門自動車道 西淡三原IC(神戸方面)から約7km
営業時間:10:00~17:30
Webサイト: G.ELM

12:30~「絶景レストランうずの丘」で贅沢ランチ

12:30~「絶景レストランうずの丘」で贅沢ランチ
リピーター続出!高くても食べたい「うずの丘海鮮うにしゃぶしゃぶ」 4,400円(税込)

G.EMLで少し休憩をしたら、そこから約15分のところにある「絶景レストランうずの丘 」でランチにしましょう。 このレストランの目玉は、その日入った新鮮な淡路島の魚を濃厚なウニのスープでしゃぶしゃぶできる贅沢ランチ。

「絶景レストランうずの丘」はウニにとてもこだわっていて、テレビで何度も紹介され、ウニ好きなら知らない人はいないというほどの名店です。ここで使用される淡路島のウニはミョウバン不使用で甘く、贅沢にも淡路島の地魚とウニを一緒にいただきます!

最後には「ウニ出汁」にご飯を入れて雑炊を作るので、余すことなくウニを堪能することができるのです。

<画像提供:絶景レストランうずの丘>
絶景を眼下に見下ろしながら絶品を食す贅沢レストラン

店名に「絶景レストラン」と付いているだけあり、窓から外を眺めると、鳴門海峡大橋を望む素晴らしい景色が広がっています。

帰り道にはかわいい雑貨屋さんやカフェレストランがはいった施設、「クラフトサーカス」に寄ってみるのもおすすめですよ!

アウトドアやグルメ&絶景!海・山・川・温泉揃ったポテンシャルの高い淡路島

3密を避けて楽しめる、淡路島のインスタ映えスポット旅をご紹介しました。

淡路島には、この他にも絶景スポットやアクティビティ、カフェ&グルメなど魅力的な場所がたくさん詰まっています。

これからも話題のスポットが増えていくであろう淡路島。水平線を眺めつつ、ゆったり過ごす時間は至福の時です。ぜひ足を運んでみてくださいね!

筆者:まっぷるトラベルガイド編集部

まっぷるトラベルガイド編集部は、旅やおでかけが大好きな人間が集まっています。

皆様に旅やおでかけの楽しさ、その土地ならではの魅力をお伝えすることを目標に、スタッフ自らの体験や、旅のプロ・専門家への取材をもとにしたおすすめスポットや旅行プラン、旅行の予備知識など信頼できる情報を発信してまいります!

エリア

 >  >  >  > 
×