トップ > 東海・北陸 > 名古屋・愛知 > 名古屋・瀬戸・犬山 > 名古屋 > 

この記事の目次

【名古屋の夏におすすめ涼しいスポット】水がテーマの日本庭園。3つの音色を出す水琴窟は全国的に珍しい「白鳥庭園」(名古屋市熱田区)

【名古屋の夏におすすめ涼しいスポット】水がテーマの日本庭園。3つの音色を出す水琴窟は全国的に珍しい「白鳥庭園」(名古屋市熱田区)

中部地方の地形をモチーフに、御嶽山を築山、木曽川を流れ、伊勢湾を池にみたてた池泉回遊式庭園。中部地方最大級の規模を誇り、汐入りの庭では、潮の干満による景色の変化や四季折々の花々を楽しめます。

白鳥庭園

住所
愛知県名古屋市熱田区熱田西町2-5
交通
地下鉄神宮西駅から徒歩10分
料金
入園料=大人300円、中学生以下無料/定期観覧券(1年間)=大人1200円/(名古屋市在住の65歳以上は敬老手帳持参で入園料100円、定期観覧券400円、身体障がい者手帳、戦傷病者手帳、被爆者健康手帳、愛護手帳(療育手帳)、精神障がい者保健福祉手帳持参で本人と介護者(必要に応じて2名まで)入園料無料(国の法令により発行された手帳に限る))

【名古屋の夏におすすめ涼しいスポット】日本の美にふれる美術館「古川美術館・分館 爲三郎記念館」(名古屋市千種区)

【名古屋の夏におすすめ涼しいスポット】日本の美にふれる美術館「古川美術館・分館 爲三郎記念館」(名古屋市千種区)

名古屋の映画配給会社の創始者、古川爲三郎氏が生前に収集した近代日本画など約2800点を所蔵・展示します。企画展や特別展を随時開催するほか、数寄屋造りの建物や日本庭園も必見。

古川美術館・分館 爲三郎記念館

住所
愛知県名古屋市千種区池下町2丁目50古川美術館内
交通
地下鉄池下駅から徒歩3分
料金
入館料(二館共通券)=大人1000円、高・大学生500円、小・中学生300円/(土曜は中学生以下無料、和装半額など各種割引あり、障がい者と介護者2名まで半額)

【名古屋の夏におすすめ涼しいスポット】四季折々に訪れたい庭園「徳川園」(名古屋市東区)

【名古屋の夏におすすめ涼しいスポット】四季折々に訪れたい庭園「徳川園」(名古屋市東区)

尾張徳川家の邸宅跡を利用した日本庭園。池を海に見立てた池泉回遊式庭園で、高低差を生かした川や滝など変化に富んだ景観が広がっています。

徳川園

住所
愛知県名古屋市東区徳川町1001
交通
JR中央本線大曽根駅から徒歩10分
料金
入園料=大人300円、小・中学生無料/(敬老手帳持参で市内在住高齢者100円)

【名古屋の夏におすすめ涼しいスポット】優美なフランス芸術を堪能「ヤマザキマザック美術館」(名古屋市東区)

【名古屋の夏におすすめ涼しいスポット】優美なフランス芸術を堪能「ヤマザキマザック美術館」(名古屋市東区)

ロココからエコール・ド・パリまでの絵画作品やアール・ヌーヴォーのガラス、家具作品など、18~20世紀のフランス美術の流れが一望できるコレクションが魅力。

ヤマザキマザック美術館

住所
愛知県名古屋市東区葵1丁目19-30
交通
地下鉄新栄町駅からすぐ
料金
入館料=一般1000円、小・中・高校生500円、小学生未満無料、特別展は別料金/(10名以上の団体は一般800円、障がい者手帳持参で本人と同伴者1名は800円)

【名古屋の夏におすすめ涼しいスポット】財政界人の社交の舞台となった建物「文化のみち二葉館・【名古屋市旧川上貞奴邸】」(名古屋市東区)

【名古屋の夏におすすめ涼しいスポット】財政界人の社交の舞台となった建物「文化のみち二葉館・【名古屋市旧川上貞奴邸】」(名古屋市東区)

大正時代に、日本の女優第一号と言われた川上貞奴の邸宅を移築復元。政財界人や文化人が集ったという豪華な建物に、貞奴に関する資料のほか、郷土ゆかりの文学資料などが展示されています。

文化のみち二葉館・【名古屋市旧川上貞奴邸】

住所
愛知県名古屋市東区橦木町3丁目23
交通
地下鉄高岳駅から徒歩10分
料金
入館料=大人200円、小・中学生無料/橦木館との共通観覧券=大人320円/(20名以上は団体割引で160円、名古屋市敬老手帳持参で100円、障がい者手帳持参で無料)

【名古屋の夏におすすめ涼しいスポット】貴重な書籍を保存している公開文庫「名古屋市蓬左文庫」(名古屋市東区)

【名古屋の夏におすすめ涼しいスポット】貴重な書籍を保存している公開文庫「名古屋市蓬左文庫」(名古屋市東区)

徳川家康が遺した書籍をもとに創設された「御文庫」に始まる歴史ある公開文庫。約11万点の蔵書数を誇り、和漢の優れた古典籍や古地図を多数所蔵しています。

名古屋市蓬左文庫

住所
愛知県名古屋市東区徳川町1001
交通
JR中央本線大曽根駅から徒歩10分
料金
閲覧室資料閲覧=無料/展示室観覧料(徳川美術館と共通観覧)=大人1400円、高・大学生700円、小・中学生500円/(団体料金あり、高齢者、障がい者本人と同伴者1名は証明書提示で団体料金適用(徳川美術館との共通観覧券))

【名古屋の夏におすすめ涼しいスポット】近代日本絵画の傑作と出会える「堀美術館」(名古屋市東区)

【名古屋の夏におすすめ涼しいスポット】近代日本絵画の傑作と出会える「堀美術館」(名古屋市東区)

近代日本の巨匠の名画や現代アート作品を展示している個人美術館。梅原龍三郎、藤田嗣治、三岸節子、加山又造、棟方志功、RodelTapaya、小西紀行などを展示しています。

堀美術館

住所
愛知県名古屋市東区主税町4丁目4-2
交通
地下鉄高岳駅から徒歩15分
料金
大人1000円、小・中・高・大学生500円(団体(6名以上)800円、障がい者手帳持参で障がい者500円、敬老手帳持参で高齢者500円)
1 2 3 4 5

まっぷるトラベルガイド編集部は、旅やおでかけが大好きな人間が集まっています。

皆様に旅やおでかけの楽しさ、その土地ならではの魅力をお伝えすることを目標に、スタッフ自らの体験や、旅のプロ・専門家への取材をもとにしたおすすめスポットや旅行プラン、旅行の予備知識など信頼できる情報を発信してまいります!

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください