北東北のおすすめの宿などの外来入浴スポット

北東北のおすすめの宿などの外来入浴スポットをご紹介します。黄金崎不老ふ死温泉本館(日帰り入浴)、鶴の湯温泉(日帰り入浴)、山のホテル(日帰り入浴)など情報満載。

黄金崎不老ふ死温泉本館(日帰り入浴) (コガネザキフロウフシオンセンホンカン) 荒磯を望む豪快な露天風呂

荒涼とした磯場のそばに造られた露天風呂は、目の前に日本海の大パノラマを望むダイナミックなもの。茶褐色の湯が特徴。大海原を眺めながら、少しぬるめの湯でじっくりとあたたまりたい。

黄金崎不老ふ死温泉本館(日帰り入浴)
黄金崎不老ふ死温泉本館(日帰り入浴)
黄金崎不老ふ死温泉本館(日帰り入浴)
黄金崎不老ふ死温泉本館(日帰り入浴)

黄金崎不老ふ死温泉本館(日帰り入浴)の詳細情報

住所
青森県深浦町舮作下清滝15-1
交通
JR五能線ウェスパ椿山駅からタクシーで5分(ウェスパ椿山駅から送迎あり、予約制)
営業期間
通年
営業時間
8:00~19:30(閉館20:00)、海辺の露天風呂は~15:30(閉館16:00)、新館は10:30~13:30(閉館14:00)
休業日
無休、海辺の露天風呂は高波時
料金
入浴料=大人600円、小学生300円/

鶴の湯温泉(日帰り入浴) (ツルノユオンセン) 温泉好きなら一度は訪れたい乳頭温泉郷の名湯

乳白色の湯に藩政時代の本陣で、みちのく秘湯の代表格。秋田藩主・佐竹氏が建てた萱葺き屋根の長屋は現在宿泊棟に。夕食は素朴な料理がおいしい。

鶴の湯温泉(日帰り入浴)
鶴の湯温泉(日帰り入浴)
鶴の湯温泉(日帰り入浴)
鶴の湯温泉(日帰り入浴)

鶴の湯温泉(日帰り入浴)の詳細情報

住所
秋田県仙北市田沢湖田沢先達沢国有林50
交通
JR秋田新幹線田沢湖駅から羽後交通乳頭蟹場温泉行きバスで37分、鶴の湯温泉入口下車、タクシーで5分(アルパこまくさバス停から送迎あり)
営業期間
通年
営業時間
10:00~15:00(閉館15:30)
休業日
無休、露天風呂は月曜、祝日の場合は翌日休
料金
入浴料=大人600円、小学生300円/

山のホテル(日帰り入浴) (ヤマノホテル) 開湯350年と伝えられる嶽温泉に位置する料理自慢の宿

民芸調の建物は温泉街の中でも一際目を引く。名物マタギ飯を考案した宿で、熊・鹿・うさぎのジビエなど名物料理に事欠かない。ヒバをぜいたくに使った大浴場は心からくつろげる。

山のホテル(日帰り入浴)
山のホテル(日帰り入浴)
山のホテル(日帰り入浴)
山のホテル(日帰り入浴)

山のホテル(日帰り入浴)の詳細情報

住所
青森県弘前市常盤野湯の沢19
交通
JR奥羽本線弘前駅から弘南バス枯木平行きで50分、岳温泉前下車すぐ(弘前駅から送迎あり、予約制)
営業期間
通年
営業時間
11:00~15:00(閉館16:00)
休業日
不定休、要問合せ
料金
入浴料=大人500円、小人(3~12歳)300円/

佳松園(日帰り入浴) (カショウエン) 大浴場や露天風呂からも四季の移り変わりが楽しめる

開放感あふれるガラス窓から、四季を通して自然を感じる美しい大浴場。露天風呂からは台川のせせらぎも楽しめる。佳松園源泉をたっぷり配合したオリジナル化粧水も好評だ。

佳松園(日帰り入浴)の詳細情報

住所
岩手県花巻市湯本1-125-2
交通
JR東北本線花巻駅から岩手県交通花巻温泉・台温泉行きバスで20分、花巻温泉下車、徒歩10分(JR東北新幹線新花巻駅からシャトルバスあり、予約制)
営業期間
通年
営業時間
12:00~16:30(閉館、要予約)
休業日
無休
料金
食事付入浴(要予約)=10000円~/(入浴のみの利用不可)

野の花 焼山荘(日帰り入浴) (ノノハナ ヤケヤマソウ) 四季に彩られた木造露天風呂

4ヶ所の風呂は全て源泉掛け流し。露天風呂からは、桜や紅葉も楽しめる。青森ヒバの香る風呂は肌に優しい、少し熱めの温泉と、個室で郷土会席料理が楽しめるプランも用意されている。

野の花 焼山荘(日帰り入浴)
野の花 焼山荘(日帰り入浴)
野の花 焼山荘(日帰り入浴)
野の花 焼山荘(日帰り入浴)

野の花 焼山荘(日帰り入浴)の詳細情報

住所
青森県十和田市法量焼山64-225
交通
JR東北新幹線八戸駅からJRバス十和田湖行きで1時間27分、十和田湖温泉郷下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
13:30~19:00(閉館20:00、要問合せ)
休業日
不定休、要問合せ
料金
入浴料=大人600円/食事付入浴=4620円~/(回数券11枚綴6000円)
×