コツまでわかる国内観光旅行情報サイト|マップルトラベルガイドコツまでわかる国内観光旅行情報サイト

×

 >  >  >  >  >  >  【秋田竿灯まつり】1万個の提灯が夜空を彩る祭り!

【秋田竿灯まつり】1万個の提灯が夜空を彩る祭り!

by mapple

更新日:2018年12月2日

青森ねぶた祭、仙台七夕まつりとともに、東北三大祭りに数えられる伝統行事。およそ280本の竿燈に約1万個の提灯が夜空を埋め尽くす、幻想的な秋田竿燈まつりに出かけよう!

秋田竿燈まつり

[8月3〜6日]夜空に揺らめく光の稲穂と差し手の妙技に感動
真夏の病気や邪気をはらう「ねぶり流し」の行事が、今の形に定着した秋田の伝統行事。市内中心部の約1kmを主会場とし、46個の提灯を掲げたおよそ280本の竿燈が夜空を舞う。

「竿燈」って何?
ねぶり流しの行事として、竹竿に提灯を掲げて練り歩いたのが竿燈の由来とされている。竿燈は高さ12m、重さ50kg、提灯46個からなり、子供用の小さいサイズのものもある。

竿燈まつりの主会場はココ!

竿燈大通りと呼ばれる、二丁目橋交差点から山王十字路の区間で開催。有料観覧席は通りの中央に設けられている。

【じっくり見るなら】

有料観覧席がおすすめ
観覧するならゆっくり座れる有料席がおすすめ。春からその年の予約を開始するので、詳しくは秋田竿燈まつり公式HPで確認しよう。

【スケジュールはこちら】

[8/3〜6]夜本番(竿燈大通り)※予定
18:15…交通規制開始
18:50…竿燈入場
19:25…竿燈演技開始
20:35…ふれあい竿燈(写真撮影や竿燈体験ができる)
20:50…竿燈退場
21:30…交通規制解除

[8/4〜5]昼竿燈(エリアなかいち にぎわい広場)
9:00〜15:40…妙技会

[8/6]
9:20〜15:00

※いずれもおおよその時刻です。

竿燈の名称と妙技を知っておこう

流し
次の差し手が竹を継ぎやすいよう支える。2人で竿燈を起こし、次の差し手が継竹を足す。

平手
手のひらで支え高々とかざす、力強く豪快な竿燈の基本技。静止して持ちこたえるのが要。


重量感あふれる大技のひとつ。額に乗せて大きく両手を広げ、バランスをとって静止。


差しやすく最も覚えやすい技。竿燈をまっすぐ肩に下ろし、軸足と肩を一直線に。


かなりの修練を要する派手な大技。両足の開き方と腰の傾け方など、バランス感覚が必要。

昼竿燈もチェック!

夜本番とは違い、腕自慢の妙技が冴える竿燈妙技会。流し、平手、額、肩、腰の5種目とも30秒、すべて利き手で操り妙技を競い合う。エリアなかいちのにぎわい広場で開催。

妙技を競い合う昼竿燈。審査員も厳しくチェックする

お囃子にも力がこもり会場のムードを盛り上げる

出番待ちをしている間にも緊張が伝わってくる

さらに竿燈を楽しむなら

竿燈に触れる

演技終了の20時35分頃から、一般の観光客も竿燈に触れることができる。とくに女性や子供たちに好評で、一緒に記念撮影を楽しむ人も多い。

普段は竿燈に触れることができない観光客も大喜び

戻り竿燈も狙い目

祭り終了後に地元町内などに帰って、そこで竿燈をお披露目する行事。地元の人の歓声を浴びて竿燈を掲げるさまは、なんとも味があるもの。

地元への感謝の意味合いもあり普段とは違う演出も

電線をかいくぐって掲げられる戻り竿燈

屋台村でグルメ三昧

主会場の東西両側には屋台村が設けられ、見物客のお腹を満たしてくれる。横手やきそばやホルモン焼、田沢湖ビールなど、秋田県各地の名物グルメが大集合。竿燈も気になるけれど、こちらも気になってしまう!

多くの人で賑わう屋台村

ここにも行ってみよう

秋田市民俗芸能伝承館 (ねぶり流し館)

東北三大祭りのひとつ、秋田竿燈まつりの資料を展示するなど、秋田市の民俗行事や芸能の歴史を伝える施設。1階に展示されている竿燈は、実際に手に持つことができる。

竿燈の起源といわれる七夕行事「ねぶり流し」から愛称がつけられた 

本物の竿燈を展示

筆者:mapple

まっぷる秋田 角館・乳頭温泉郷’19

発売日:2018年01月25日

Amazonで購入する

この記事の出典元は「まっぷる秋田 角館・乳頭温泉郷’19」です。掲載した内容は、2017年6月~11月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には改めて事前にご確認ください。

エリア

 >  >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

×
×