関西のおすすめの温泉・入浴施設スポット

関西のおすすめの温泉・入浴施設スポットをご紹介します。美湯 松帆の郷、足湯 うずのゆ、御所の湯など情報満載。

美湯 松帆の郷 (ビュー マツホノサト) 明石海峡に架かる吊り橋の壮大な眺めを独り占め

自慢の露天風呂は明石海峡大橋を一望する格好のビューポイント。一度に約300名が入浴できる和風・洋風の2種の浴場があり、一日ごとに男女交替する。レストランで味わう淡路の幸料理もおいしい。

美湯 松帆の郷
美湯 松帆の郷
美湯 松帆の郷
美湯 松帆の郷

美湯 松帆の郷の詳細情報

住所
兵庫県淡路市岩屋3570-77
交通
岩屋港から無料送迎バスで10分
営業期間
通年
営業時間
11:00~21:00(閉館22:00)
休業日
第1木曜、1・4・5・8月は無休
料金
入浴料=大人700円、小人(4歳~小学生)400円/(淡路市在住の65歳以上・障がい者(いずれも要証明書)入浴料600円)

足湯 うずのゆ (アシユ ウズノユ) 海を眺めて癒される

福良湾を見渡す好立地。うず潮やたこ壺をイメージしたオモシロ足湯をはじめ、対面足浴、片面足浴、手浴とユニークなアイテムがそろう。休憩テラスや更衣室もあって設備は充実。

足湯 うずのゆ
足湯 うずのゆ
足湯 うずのゆ

足湯 うずのゆの詳細情報

住所
兵庫県南あわじ市福良甲1528-7
交通
洲本高速バスセンターから淡路交通福良行きバスで48分、終点下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
10:00~17:00(閉館)
休業日
無休(点検期間休)
料金
無料

御所の湯 (ゴショノユ) 城崎外湯のなかで一番人気。豪快な滝風呂が好評

後堀河天皇の姉、安嘉門院が入浴したことから名付けられ、京都御所を模した高貴な設計。地元産檜丸太を組み上げてガラス屋根を施した内湯「天空風呂」と一の滝、二の滝、三の滝を設けた「滝の露天風呂」が野趣あふれる豪快な湯あみ処の風情を実現している。

御所の湯
御所の湯
御所の湯
御所の湯

御所の湯の詳細情報

住所
兵庫県豊岡市城崎町湯島448-1
交通
JR山陰本線城崎温泉駅から徒歩10分
営業期間
通年
営業時間
7:00~22:40(閉館23:00)
休業日
第1・3木曜、祝日の場合は営業
料金
入浴料=大人800円、小人(1歳~小学生)400円/

一の湯 (イチノユ) 天然の岩をけずった洞窟風呂が名物

「開運招福の湯」といわれる城崎外湯の筆頭。温泉医学の祖、香川修徳が著書『薬選』に天下一の湯と記したことから名付けられ、その昔は大名も駕籠で通ったほど。桃山様式の外観は今も城崎を代表する景観のひとつだ。館内は近代的な造りで、神秘的な洞窟風呂が名物。

一の湯
一の湯
一の湯
一の湯

一の湯の詳細情報

住所
兵庫県豊岡市城崎町湯島415-1
交通
JR山陰本線城崎温泉駅から徒歩10分
営業期間
通年
営業時間
7:00~22:40(閉館23:00)
休業日
水曜、祝日の場合は営業
料金
入浴料=大人600円、小人(1歳~小学生)300円/家族風呂(40分)=3000円/

鴻の湯 (コウノユ) 城崎最古の湯と伝わる外湯

舒明天皇の時代、コウノトリが足の傷を癒していたことが源泉の発見につながり、城崎最古の湯と伝わっている。「しあわせを招く湯」として親しまれ、とくに山々の緑を仰ぐ静かな露天岩風呂を目指して訪れる観光客も多い。

鴻の湯
鴻の湯
鴻の湯
鴻の湯

鴻の湯の詳細情報

住所
兵庫県豊岡市城崎町湯島610
交通
JR山陰本線城崎温泉駅から徒歩20分
営業期間
通年
営業時間
7:00~22:40(閉館23:00)
休業日
火曜、祝日の場合は営業
料金
入浴料=大人600円、小人(1歳~小学生)300円/
×