>  >  >  >  >  【舞鶴】で人気!おすすめの観光・グルメ・ショッピングスポット

【舞鶴】で人気!おすすめの観光・グルメ・ショッピングスポット

【舞鶴】で人気!おすすめの観光・グルメ・ショッピングスポット

舞鶴公園(田辺城跡・田辺城資料館)

桜の名所として知られる歴史公園
戦国時代、細川幽斎が築いた田辺城跡本丸跡を整備した公園。歴代藩主の資料を展示する田辺城資料館がある。春は桜の名所としても有名。

舞鶴公園(田辺城跡・田辺城資料館)

平成4(1992)年に整備した田辺城城門。2階は資料館

舞鶴公園(田辺城跡・田辺城資料館)

住所
京都府舞鶴市南田辺15-22
交通
JR舞鶴線西舞鶴駅から徒歩5分
営業期間
通年
営業時間
入園自由、田辺城資料館は9:00~17:00
休業日
無休、資料館は月曜、月曜の祝日の場合は翌々日休、祝日の翌日休(12月29日~翌1月3日休、臨時休あり)
料金
無料

エル・マールまいづる 

プラネタリウムのあるミュージアム
日本初の海上プラネタリウム搭載のアミューズメント施設。プラネタリウムのほかエネルギー体験館や世界の船旅を楽しめる船の体験館がある。

エル・マールまいづる 

展望デッキからは風光明媚な舞鶴湾が一望できる

エル・マールまいづる

住所
京都府舞鶴市千歳897-1 舞鶴親海公園内
交通
JR舞鶴線東舞鶴駅からタクシーで24分
営業期間
通年
営業時間
9:30~17:30
休業日
火・水曜、祝日の場合は翌営業日休、荒天時(12月29日~翌1月3日休)
料金
入館料=無料/プラネタリウム観覧料=高校生以上200円、小・中学生100円、小学生未満無料/(障がい者手帳持参でプラネタリウム観覧料が本人と介護者1名まで無料)

金剛院

小説の舞台にもなった山間の名刹
天長6(829)年、高岳親王が開いたと伝えられる古刹。三島由紀夫の小説『金閣寺』の舞台になった。境内の三重塔は重要文化財。紅葉の名所。

金剛院

緑に包まれた山のふもとに建つ三重塔

金剛院

住所
京都府舞鶴市鹿原595
交通
JR舞鶴線東舞鶴駅から京都交通若狭高浜駅行きバスで15分、鹿原下車、徒歩10分
営業期間
通年
営業時間
9:00~16:00
休業日
不定休
料金
拝観料=300円/宝物殿=500円/

松尾寺

霊験あらたかな馬頭観音
西国三十三所第29番札所。病気平癒や交通安全の観音で知られる馬頭観音が本尊。国宝の絹本着色普賢延命像など多くの寺宝を所蔵している。毎年5月8日に仏舞を奉納。

松尾寺

西国三十三所の札所の一つ

松尾寺

住所
京都府舞鶴市松尾532
交通
JR舞鶴線東舞鶴駅からタクシーで20分
営業期間
通年(宝物殿は春・秋期のみ)
営業時間
8:00~17:00、宝物殿は9:00~16:00
休業日
無休
料金
拝観料=無料/宝物殿=800円/

舞鶴ふるるファーム

海を眺めながら農業体験を
自然豊富な農業公園。地元の野菜を使った料理が楽しめるビュッフェスタイルのレストランや、手作りのお菓子工房、新鮮野菜や加工品などの直売所、コテージなどがある。

舞鶴ふるるファーム

土・日曜、祝日は、子どもが喜ぶポニーの乗馬体験も行っている

舞鶴ふるるファーム

住所
京都府舞鶴市瀬崎60
交通
JR舞鶴線東舞鶴駅からタクシーで20分
営業期間
通年
営業時間
レストランは11:00~14:00(閉店15:00)、土・日曜、祝日は11:00~15:00(閉店16:00)、18:00~20:30(閉店21:00)、お菓子工房は10:00~17:00、マーケットは9:00~16:00、コテージはイン16:00、アウト10:00
休業日
火曜(1月1日休、冬期は臨時休あり)
料金
レストラン(ビュッフェ)=大人1750円/コテージ(4名1泊)=平日18360円~(1名増ごとに3510円増加)、休前日20520円~(1名増ごとに4050円増加)/(ランチとディナーはシルバー、子ども料金設定あり)

レストラン タケウチ

食材の旨さを引き出す創作フレンチ
野菜は有機野菜を自家栽培し、魚介は地元の漁港に揚がったものを仕入れる。ランチメニューはその日の収穫と仕入れによって変わる1種のみ。一日3組限定。

レストラン タケウチ

新鮮な旬の素材をたっぷり使った人気のランチコース

レストラン タケウチ

住所
京都府舞鶴市浜254
交通
JR舞鶴線東舞鶴駅から徒歩10分
営業期間
通年
営業時間
12:00~13:30(L.O.)、18:00~(閉店時間は要問合せ、要予約)
休業日
不定休
料金
ランチ=3300円/ディナー=5500円~/ 平均予算(昼):3300円, 平均予算(夜):5500円

松きち

季節の味覚が楽しめる地魚割烹
舞鶴港に近く、近海の魚を使った本格的な割烹料理が味わえる。昼のおまかせ弁当は松竹梅の3種あり、旬の素材が盛り込まれた人気メニュー。夜はすっぽん料理、冬期はふぐやかになども味わえる。

松きち

女性に人気のうにめし御膳は、いろいろなメニューが少しずつ楽しめる

松きち

住所
京都府舞鶴市浜150 八条富士角
交通
JR舞鶴線東舞鶴駅から徒歩15分
営業期間
通年
営業時間
11:30~14:00(閉店)、17:30~21:00(閉店)
休業日
不定休、要問合せ(12月30日~翌1月3日休)
料金
生うにめし=1900円/うにめし御膳=3550円/あなごめし=1650円/ふんわり玉子のかにめし(冬)=1650円/玉子でとじた岩がきめし(夏)=1650円/舞鶴かき丼(冬)=1650円/おまかせ弁当=2200円~/お造り定食=1650円/季節の御膳=3300円/ 平均予算(昼):1600円, 平均予算(夜):8000円
筆者:まっぷるマガジン

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。

この記事の出典元は「まっぷる城崎・天橋立 竹田城跡’19」です。掲載した内容は、2018年1月~5月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には改めて事前にご確認ください。

この記事に関連するタグ

エリア

 >  >  >  >  > 
×