東福寺・伏見のおすすめ観光・旅行スポット

東福寺・伏見のおすすめの観光・旅行スポットをご紹介します。伏見稲荷大社、東福寺、梅香堂など情報満載。

伏見稲荷大社 (フシミイナリタイシャ) 朱色の鳥居が連なる幻想的な風景

全国に約3万社ある稲荷神社の総本宮で稲荷山の麓にある。室町時代に再興された荘厳な本殿が建ち、その背後には崇敬者より奉納された千本鳥居が幽玄に建ち並ぶ。千本鳥居の先には、山中の塚や祠を参拝するお山巡りの道が続く。初詣は京都一賑わう。

伏見稲荷大社
伏見稲荷大社
伏見稲荷大社
伏見稲荷大社

伏見稲荷大社の詳細情報

住所
京都府京都市伏見区深草藪之内町68
交通
JR奈良線稲荷駅からすぐ
営業期間
通年
営業時間
境内自由、お守お札授与所は7:00~18:00
休業日
無休
料金
情報なし

東福寺 (トウフクジ) 紅葉もいい、新緑もいい方丈庭園の不思議も必見

公家の九條家を祀るために、孫の道家が京都最大の寺を造ろうとしたのが始まり。京都五山の一つとなって大いに栄えた。現存する禅堂、愛染堂、仁王門、六波羅門などはすべて重要文化財、三門と龍吟庵、方丈は国宝という貴重な寺。なかでも三門は室町初期の建築で、日本最古といわれている。方丈を取り囲む「八相の庭」は昭和を代表する作庭家・重森三玲が手がけたもので、現代の名庭といわれる。

東福寺
東福寺
東福寺
東福寺

東福寺の詳細情報

住所
京都府京都市東山区本町15丁目778
交通
JR奈良線東福寺駅から徒歩10分
営業期間
通年
営業時間
9:00~16:00(閉門16:30)、11~12月上旬は8:30~、12月上旬~翌3月は~15:30(閉門16:00)
休業日
不定休
料金
東福寺本坊庭園=大人400円、小・中学生300円/通天橋・開山堂=大人400円、小・中学生300円/(障がい者手帳持参で本人と同伴者1名無料)

梅香堂 (バイコウドウ) 盛りの良さに大満足

小倉抹茶パフェなどが人気の甘味処。季節により種類豊富なかき氷やホットケーキも味わえる。ソフトクリームは持ち帰りもできる。店内禁煙。

梅香堂
梅香堂
梅香堂
梅香堂

梅香堂の詳細情報

住所
京都府京都市東山区今熊野宝蔵町6
交通
JR京都駅から市バス208系統東福寺・九条車庫前行きで15分、今熊野下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
10:00~18:00(L.O.)
休業日
火曜(5月5日休、1月1~3日休)
料金
小倉クリームホットケーキ(9月のお彼岸~翌4月下旬)=630円/バターホットケーキ(9月中旬~翌5月上旬)=550円/小倉抹茶ゼリーパフェ=830円/抹茶ゼリーパフェ=800円/チョコレートパフェ=780円/クリームあんみつ=700円/ソフトクリーム=280円(イートイン)・200円(テイクアウト)/宇治ミルク時雨氷(5月~10月中旬)=800円/トロピカルマンゴー(5月~10月中旬)=800円/ 平均予算(昼):700円

伏見稲荷 参道茶屋 (フシミイナリ サンドウチャヤ) 昔ながらの茶店で休憩

伏見稲荷大社への参道にある茶店。参拝したあとは、神話に因んだ焼き餅入りの甘酒でひと息いれよう。きな粉と小豆餡をのせた名物の田舎餅はもちろん、宇治抹茶や作りたての最中、夏は抹茶の自家製蜜のかき氷もおすすめ。

伏見稲荷 参道茶屋
伏見稲荷 参道茶屋
伏見稲荷 参道茶屋

伏見稲荷 参道茶屋の詳細情報

住所
京都府京都市伏見区深草開土町1-10
交通
JR奈良線稲荷駅から徒歩3分
営業期間
通年
営業時間
10:00~17:30(L.O.)
休業日
無休(臨時休あり)
料金
抹茶とお菓子=570円/冷やし抹茶=410円/焼き餅入りぜんざい=520円/田舎餅=570円/わらび餅=460円/かき氷=360円~/焼き餅入り稲荷甘酒=520円/甘酒=360円/ 平均予算(昼):500円

藤森神社 (フジノモリジンジャ) 勝運と馬の社

5月5日の藤森祭では、勇壮な駈馬神事が行われる。6月は紫陽花の社としても有名。古くより勝運のご利益があるとして知られ、スポーツや学問、仕事、また近年では競馬ファンはもちろん、騎手をはじめ競馬関係者がたくさん訪れる。

藤森神社
藤森神社

藤森神社の詳細情報

住所
京都府京都市伏見区深草鳥居崎町609
交通
JR奈良線JR藤森駅から徒歩5分
営業期間
通年
営業時間
境内自由、御札等授与所は9:00~17:00
休業日
無休(宝物殿は祭礼行事のため休館日あり)
料金
参拝=無料/紫陽花苑入苑料(6月上旬~7月上旬)=中学生以上300円/
×