コツまでわかる国内観光旅行情報サイト|マップルトラベルガイドコツまでわかる国内観光旅行情報サイト

×

 >  >  >  >  >  >  京都【東福寺】紅葉が舞う日本屈指の渓谷美!

京都【東福寺】紅葉が舞う日本屈指の渓谷美!

by fotolia - ©vanhop

by mapple

更新日:2018年5月23日

東福寺

渓谷を埋め尽くす木々が真っ赤に染まる京都屈指の紅葉スポット
月輪山の山麓にある。紅葉の名所として知られ、とくに「通天橋」からの眺めがすばらしい。公家の九條家を祀るために、孫の道家が京都最大の寺を造ろうとしたのが始まり。京都五山のひとつとなって大いに栄えた。現存する禅堂、愛染堂、仁王門、六波羅門などはすべて重要文化財、三門と龍吟庵は国宝という貴重な寺。なかでも三門は室町初期の建築で、禅寺の三門としては日本最古といわれている。方丈を取り囲む「本坊庭園」は昭和を代表する作庭家・重森三玲が手がけたもので、現代の名庭といわれる。

知っておきたいキーワード

●通天橋から見える紅葉のパノラマ
●重森三玲が手がけた4つの本坊庭園
伝統的で変化に富んだ庭園。禅の教えを取り入れた、一切の無駄をしない設計となっている

おすすめ!参拝コース

通天橋

普門院

本坊庭園

偃月橋

龍吟庵

仏殿

三門【国宝】
所要 約60分

通天橋

本堂から開山堂に至る渓谷(洗玉澗)に架かる橋廊。紅葉の名所として名高いが新緑の頃もすばらしい。

by fotolia - ©vanhop

北庭(本坊庭園)

八相の庭のひとつで苔と敷石が市松模様を描いている。サツキが咲く頃が美しい。

東庭(本坊庭園)

星座の「北斗七星」を表現した庭園。円柱、白川砂、苔、二重生垣を巧みに配している。

三門

室町時代の建立。禅宗様、和様、大仏様の建築様式を取り入れ、禅宗寺院の三門としては最古。

東福寺の塔頭

光明院

白砂と苔の緑がモダンな名庭
南北朝時代に創建された、鳥ケ峰の山腹にある塔頭。重森三玲作庭の枯山水庭園「波心の庭」がある。虹の苔寺とも呼ばれる。

石組みを直線的に配している

芬陀院

雪舟作の枯山水「鶴亀の庭」
室町時代に関白・一條内経が創建。雪舟が手がけた枯山水「鶴亀の庭」があるため、雪舟寺ともいう。

雪舟作と伝えられる苔の美しい庭

霊雲院

雲と水の美しさを砂で表現する
「臥雲の庭」は重森三玲の作庭。「九山八海の庭」には、細川家から贈られた遺愛石がある。

室町前期の創建。重森三玲が修復を手がけた九山八海の庭

同聚院

古来、崇敬される不動明王
本尊は1006(寛弘3)年建立の不動明王(国指定重要文化財)。坐像としては日本最大を誇る。

十万不動とも呼ばれる不動明王坐像は必見

泉涌寺

御寺(みてら)と呼ばれる皇室の菩提寺
月輪大師俊芿(しゅんじょう)が開山の真言宗泉涌寺派の総本山。四条天皇の御陵が造営されて以降、多くの天皇陵が築かれた。観音堂に楊貴妃観音が安置されている。

御座所
1818(文化15)年に建てられた京都御所内にある皇后宮の御里御殿を移築。

紅葉の名所

今熊野観音寺

巡礼の寺を包む一面の錦秋
本尊は十一面観音。西国三十三所の第十五番札所として多くの参拝者が訪れる。頭痛、ぼけ封じのご利益があるといわれ、頭の観音さんとして知られる。

真言宗の寺院。平安時代825(天長2)年頃創建。紅葉スポットとしても人気がある

新春恒例の行事ご利益いっぱい七福神めぐり

泉涌寺山内の七福神めぐり。毎年成人の日に行なわれる。即成院に福禄寿、戒光寺に弁財天、観音寺に恵比須神、来迎院(写真)に布袋尊、雲龍院に大黒天、悲田院に毘沙門天、法音院に寿老人が祀られている。

by fotolia - © kikisora

筆者:mapple

まっぷる京都’19

発売日:2018年01月11日

Amazonで購入する

エリア

 >  >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

×
×