トップ >  中国・四国 > 四国 > 四万十・足摺岬 > 四万十市・中村 > 

【四万十町・黒潮町】で人気!おすすめの観光・ショッピングスポット

まっぷるマガジン編集部

更新日: 2024年2月24日

この記事をシェアしよう!

【四万十町・黒潮町】で人気!おすすめの観光・ショッピングスポット

川、山、海を有する四万十町はキャンプやマリンスポーツなどでアクティブに楽しめる。カツオの一本釣りが盛んな黒潮町では海の恵みを味わいたい。

旅のPICK UP

砂浜美術館

美しい砂浜がまるごと美術館

全長約4㎞にわたって広がる入野海岸の砂浜全体を美術館に見立てている。Tシャツアート展やキルト展などのイベントを開催。

砂浜美術館

まるで洗濯物のようにTシャツが風におどるTシャツアート展

砂浜美術館

住所
高知県幡多郡黒潮町入野
交通
土佐くろしお鉄道中村線土佐入野駅から徒歩10分
営業期間
通年
営業時間
見学自由(イベントにより異なる)
休業日
無休
料金
見学料=無料(イベント時は別料金の場合あり)/ニタリクジラのフィギュア=840円/

入野海岸

約4㎞の白浜青松の砂浜。いまや高知県を代表する大人気イベントのTシャツアート展(協力金:中学生以上300円)は5月上旬のゴールデンウィークに、11月中旬には「潮風のキルト展」が開催される。

入野海岸

住所
高知県幡多郡黒潮町入野
交通
土佐くろしお鉄道中村線土佐入野駅から徒歩10分
営業期間
通年
営業時間
情報なし
休業日
情報なし
料金
情報なし

入野松原

入野海岸にある延長3㎞の松原。長曽我部氏の家臣谷忠兵衛が植栽を行なったと伝えられている。見事な黒松が数万本も並ぶ。

入野松原

ウォーキングにぴったり

入野松原

住所
高知県幡多郡黒潮町入野
交通
土佐くろしお鉄道中村線土佐入野駅から徒歩10分
営業期間
通年
営業時間
情報なし
休業日
情報なし
料金
情報なし

轟公園

巨大な石の風車がシンボル

高さ約5m、重さ18.5tの巨大な石の風車が目を引く公園。園内には緑地広場や多目的広場、フィールドアスレチックなどの施設がある。

轟公園

4月下旬にはツツジが咲く

轟公園

住所
高知県高岡郡四万十町大正1205-17
交通
JR予土線土佐大正駅から徒歩20分
営業期間
通年
営業時間
入園自由
休業日
無休
料金
情報なし

四万十オートキャンプ場ウェル花夢

長期滞在も快適な大型キャンプ場

四万十川中流域に位置し、高台に広がるオートキャンプ場。水道、流し台付きのオートサイトのほか、ケビンやサニタリー施設が整う。

四万十オートキャンプ場ウェル花夢

充実した設備で快適なキャンプを

四万十オートキャンプ場ウェル花夢

住所
高知県高岡郡四万十町江師546
交通
高知自動車道四万十町中央ICから国道56号で四万十町窪川へ。国道381号へ右折、四万十高校先、国道439号へ直進し現地へ。四万十町中央ICから27km
営業期間
通年
営業時間
イン15:00~18:00、アウト13:00(宿泊施設はイン15:00、アウト10:00)
休業日
不定休
料金
サイト使用料=オートキャンプ1区画4400円、AC電源付き1区画5500円、テント専用テント1張り3300円/宿泊施設=ケビン4人まで17000円、追加1人2200円/

うなきち

ウナギ料理を堪能する

ウナギを、タタキや皿鉢料理といった土佐流メニューにアレンジした料理が並ぶ。白焼きのウナギに、薬味をのせたうなぎタタキは2300円。

うなきち

ふっくら焼き上げたうなぎ蒲焼きとうなぎタタキ

うなきち

住所
高知県高岡郡四万十町本町1-14
交通
JR土讃線窪川駅から徒歩5分
営業期間
通年
営業時間
7:00~15:00(閉店)、16:30~19:00(閉店20:00)
休業日
不定休
料金
うなぎ蒲焼き(単品)=2300円/うなぎタタキ=2300円/うなぎ石焼トルネード=1350円/

本格的なコーヒーでブレイク

一粒ずつ丁寧に選別した豆はその日に使う分だけを焙煎する。4種の豆をブレンドしたオリジナルコーヒーは380円。

淳

香り高いコーヒーを堪能

住所
高知県高岡郡四万十町茂串町6-6
交通
JR土讃線窪川駅から徒歩7分
営業期間
通年
営業時間
8:00~18:30(閉店19:00)
休業日
火曜、祝日の場合は営業
料金
オリジナルコーヒー=380円/ウィンナーコーヒー=490円/サンドウィッチ=570円/

無手無冠

清流沿いの美しい自然の中で造る酒

明治創業の蔵元。四万十川源流の湧き水や地元産の契約栽培米を使った、純米生原酒「無手無冠」、栗焼酎「ダバダ火振」などをみやげに。

無手無冠

無手無冠(1.8ℓ)3051円

無手無冠

無手無冠

住所
高知県高岡郡四万十町大正452
交通
JR予土線土佐大正駅から徒歩10分
営業期間
通年
営業時間
8:00~17:00(閉店)
休業日
日曜(1月1~5日休)
料金
純米生原酒「無手無冠」(1.8リットル)=3051円/紫いもリキュールダバダロゼ(500ml)=1214円/ダバダ火振=1588円(900ml)、1696円(化粧箱付き、900ml)、2300円(1.8リットル)/

地酒屋

土佐の地酒をみやげに

土佐酒アドバイザーがいる地酒専門店。土佐の酒蔵の酒を小瓶に詰め合わせた酒の皿鉢(要予約)は1万800円から。

地酒屋

ダバダ火振など高知の地酒が手に入る

地酒屋

住所
高知県高岡郡四万十町大正459-13
交通
JR予土線土佐大正駅から徒歩10分
営業期間
通年
営業時間
8:00~17:00(閉店)
休業日
不定休(1月1日休)
料金
酒の皿鉢(要予約)=10800円~/栗焼酎ダバダ火振(720ml)=1534円/

中国・四国の新着記事

【香川県・琴平駅徒歩圏内】雨の日でも楽しめる!絶対に外さない人気スポット3選

雨の日は外出を控えがちですが、雨の日でも楽しめる人気のスポットがあるのをご存じでしょうか。 せっかくの休日、雨だからといっておでかけしないのはもったいない! この記事では雨でも楽しめる、絶...

【岡山県・津山駅徒歩圏内】雨の日でも楽しめる!絶対に外さない人気スポット3選

雨の日は外出を控えがちですが、雨の日でも楽しめる人気のスポットがあるのをご存じでしょうか。 せっかくの休日、雨だからといっておでかけしないのはもったいない! この記事では雨でも楽しめる、絶...

【島根県・出雲大社前駅徒歩圏内】雨の日でも楽しめる!絶対に外さない人気スポット3選

雨の日は外出を控えがちですが、雨の日でも楽しめる人気のスポットがあるのをご存じでしょうか。 せっかくの休日、雨だからといっておでかけしないのはもったいない! この記事では雨でも楽しめる、絶...

【岡山県・岡山駅周辺】雨の日でも楽しめる!絶対に外さない人気スポット3選

雨の日は外出を控えがちですが、雨の日でも楽しめる人気のスポットがあるのをご存じでしょうか。 せっかくの休日、雨だからといっておでかけしないのはもったいない! この記事では雨でも楽しめる、絶...

【香川県・高松駅周辺】雨の日でも楽しめる!絶対に外さない人気スポット3選

雨の日は外出を控えがちですが、雨の日でも楽しめる人気のスポットがあるのをご存じでしょうか。 せっかくの休日、雨だからといっておでかけしないのはもったいない! この記事では雨でも楽しめる、絶...

【無料のWEBマガジン】月刊まっぷる5月号:特集は「ひみつの絶景スポット」「とっておきのリトリート旅」「ばってん少女隊の長崎推しガイド」、連載企画「聖地巡礼」「アンテナショップでご当地グルメ!」「月イチご褒美ラーメン」「日本の吊り橋」「ご当地名物食べ比べ」「いぎなり東北産の推しみやげ」「12星座占い」

国内・海外の旅行情報を紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドシリーズ『まっぷる』がお届けする、無料の月刊WEBマガジン「月刊まっぷる」。 WEBマガジンならではのアクションで、読者の「もっと知りたい!」「...

【岡山駅】GWの夜遅くまで楽しめる夜ごはんスポット!おいしいが止まらないおすすめ店6選

待ちに待ったゴールデンウィーク。 観光やおでかけを楽しんだ後にゆったりと夜ごはんを楽しんだり、家でゆっくりと過ごして少し遅めの夜ごはんをとったりと、ゴールデンウィークはいつもより少し遅い時間から...

【瓦町駅】GWの夜遅くまで楽しめる夜ごはんスポット!おいしいが止まらないおすすめ店6選

待ちに待ったゴールデンウィーク。 観光やおでかけを楽しんだ後にゆったりと夜ごはんを楽しんだり、家でゆっくりと過ごして少し遅めの夜ごはんをとったりと、ゴールデンウィークはいつもより少し遅い時間から...

【胡町停留所】GWの夜遅くまで楽しめる夜ごはんスポット!おいしいが止まらないおすすめ店6選

待ちに待ったゴールデンウィーク。 観光やおでかけを楽しんだ後にゆったりと夜ごはんを楽しんだり、家でゆっくりと過ごして少し遅めの夜ごはんをとったりと、ゴールデンウィークはいつもより少し遅い時間から...

【高知駅】GWの夜遅くまで楽しめる夜ごはんスポット!おいしいが止まらないおすすめ店9選

待ちに待ったゴールデンウィーク。 観光やおでかけを楽しんだ後にゆったりと夜ごはんを楽しんだり、家でゆっくりと過ごして少し遅めの夜ごはんをとったりと、ゴールデンウィークはいつもより少し遅い時間から...
もっと見る

※掲載の情報は取材時点のものです。お出かけの際は事前に最新の情報をご確認ください。

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。