コツまでわかる国内観光旅行情報サイト|マップルトラベルガイドコツまでわかる国内観光旅行情報サイト

×

 >  >  >  >  >  >  【出雲】2大伝統グルメ!出雲そば&出雲ぜんざい!

【出雲】2大伝統グルメ!出雲そば&出雲ぜんざい!

by mapple

更新日:2018年10月20日

出雲名物として有名なそばとぜんざいは、いにしえの時代から行われる「神在祭」にゆかりある食べ物。出雲大社への参拝を終えたら、まずはこの伝統の味を堪能したい。

そば処 かねや

“三たて”を守る出雲大社御用達の店
昭和4(1929)年創業。出雲大社の御用達として知られるそば店。そばはひきたて、打ちたて、ゆでたての“三たて”にこだわる。そばつゆはウルメイワシと日高昆布を使ったこっくり甘めの味わいだ。釜揚げそばもおすすめ。

三色割子1100円
割子と呼ばれる丸い椀に盛られた冷たいそば。3段重ねで一人前

そば
そばの実を甘皮ごとひくので黒っぽく、歯ごたえと豊かな風味が楽しめる。

薬味
もみじおろしとネギ、のりが基本。卵やとろろなどの具がのることも。

そば湯
地元では食事中にもそば湯を飲むよ
栄養たっぷりのそばのゆで汁。つゆや薬味を入れ、好みの味にして飲もう。

つゆ
かけすぎ注意!
ウルメイワシのだしをベースに醤油などで味をととのえる店が多い。

テーブル席のほか、小上がり席もある

平和そば本店

住宅街にある隠れ家的なそば処
国産、地元産の玄そばを使用し、ていねいに手打ちしたそばは香り高く、コシが強い。細めでのどごしがよい二八そばは地元でも評判。ウルメ節ベースの甘めのつゆでいただく。店名は終戦直後だった創業当時に、平和への願いを込めて付けられた。

三色割子蕎麦 950円
細めの二八そばを大根おろし、とろろ、天かす、薬味で味わう

座敷のほか、テーブル席もある

荒木屋

創業約220年の老舗
江戸時代後期から約220年も続く出雲そばの老舗。地元出雲の玄そばを中心に国産そばをていねいに石臼びきし、香り高くコシの強い麺が特徴だ。ウルメイワシからとった伝統のつゆは、さっぱり上品な味わい。

割子そば3段 810円
2段の割子そばとぜんざいがセットになった縁結びセット940円も人気

門前で参拝者を迎えてきたそばの老舗

そば処 田中屋

石臼びきの風味豊かなそば
国産のそばをすべて石臼でひき、ブレンドするこだわりの店。風味と香りがいいそばがいただける。名物はゆでたてを釜から直接丼に入れる釜揚げそば。風味豊かでモチモチ食感のそばととろりとした汁との取り合わせが絶妙。

釜揚げそば 720円
少しずつつゆをかけ、あまりかき混ぜずに食べるのがポイント

自然木を基調とした明るく風情ある店内

日本ぜんざい学会壱号店

神門通りのぜんざい専門店
出雲ぜんざいを全国に広める「出雲ぜんざい学会」のアンテナショップ。大粒の大納言小豆を使用。甘辛の両方を楽しむために塩味を効かせ、汁が多いのが特徴だ。白玉や焼き餅など具もバリエーション豊か。

出雲ぜんざい500円
手作りの紅白団子はモチモチ食感!


ふっくらと炊き上げた小豆がたっぷり!

箸休め
きゅうりや大根などの漬物が添えられる。


店により紅白の白玉団子や伸びの良いゆで餅、香ばしい焼き餅が入る。

縁結びぜんざい 600円
“やきもち焼くほど仲がいい”にかけて、奥出雲の仁多米を使った紅白の焼き餅が入る

神門通り沿いにある店

甘味喫茶・お好み焼きみちくさ

抹茶やミルクなど種類豊富
毎朝店で小豆を炊き、注文が入ってから餅を焼く手作りのぜんざいが味わえる。ほろ苦い抹茶やふわふわに泡立てたラテ風のミルクぜんざいなど、オリジナルメニューも豊富にそろう。

抹茶ぜんざい594円
ほろ苦〜い濃厚な抹茶と甘い餡がベストマッチ!

食事と甘味メニューの両方があるので使い勝手がいい

大社門前いづも屋

手間暇かけた格別な味わい
出雲ぜんざいや門前だんごが評判の甘味処。おいしさの秘けつは仁多のもち米を100%使った餅をはじめ店主によって厳選された素材だ。6種類ある門前だんごも人気。

出雲ぜんざい540円
大ぶりの焼き餅がもっちりとしていてうまい!

門前だんご、ぜんざい、しじみ汁など郷土の味がそろう

出雲ぜんざい餅

老舗が作る名物ぜんざい
創業明治5(1872)年の和菓子屋・坂根屋が手がける出雲ぜんざいの店。出雲産の大納言を使用し、ふっくらと炊き上げたぜんざいは、あっさりとした甘さ。店内には広い座敷があり、休憩にもぴったり。

こだわり小豆のぜんざい 600円
出雲大納言という特別な小豆を使った餡は粒感がしっかりしていてほどよい甘さ

ご縁横丁にある店

夏限定のぜんざいも人気!

冷やしぜんざい600円
冷たくしていただく、さっぱりとした甘味の出雲ぜんざい。出雲産の大納言小豆を使用

ぜんざい氷750円
出雲の氷をあふれるほど削り出し、ぜんざい小豆と栗、紅白餅がこぼれそうなボリューム感。特製の白蜜をかけていただく名物氷

筆者:mapple

まっぷる松江・出雲 石見銀山’19

発売日:2018年04月11日

Amazonで購入する

この記事の出典元は「まっぷる松江・出雲 石見銀山’19」です。掲載した内容は、2017年12月~2018年2月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には改めて事前にご確認ください。

エリア

 >  >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

×
×