コツまでわかる国内観光旅行情報サイト|マップルトラベルガイドコツまでわかる国内観光旅行情報サイト

×

 >  >  >  >  >  >  【奈良・斑鳩エリア】で人気!おすすめの観光スポット

【奈良・斑鳩エリア】で人気!おすすめの観光スポット

【奈良・斑鳩エリア】で人気!おすすめの観光スポット

by mapple

更新日:2019年4月6日

田園風景のなかに世界遺産の法起寺、ほほえみの仏像が鎮座する中宮寺などの名刹や歴史スポットが見えてくる。

法輪寺

三重塔と傑作仏像に癒されて
[見学時間 約30分]
推古天皇30(622)年、聖徳太子の病気回復を願って、長子である山背大兄王が建立したと伝わる。飛鳥仏や平安仏を数多く所蔵していて、その特徴的なディテールを間近で鑑賞できる。落雷によって三重塔は一度焼失したが、昭和50(1975)年に創建当初の様式で再建された。

法輪寺

江戸時代に再建された金堂

法輪寺

法隆寺の宮大工を務めた、西岡常一棟梁が再建した法輪寺の三重塔。飛鳥様式をそのままに、現代に蘇った

吉田寺

安らかな往生を祈る寺
[見学時間 約20分]
本尊・丈六阿弥陀如来像の前でご祈祷を受けると長患いなく極楽往生を遂げることができるという霊験があり、ぽっくり寺の名で広く信仰を集めている。本尊と多宝塔が重要文化財指定。

吉田寺

室町時代に建てられた多宝塔

吉田寺

極楽往生を願う高齢者を中心に、幅広く信仰を集めている

法起寺

【世界遺産】田園に建つ世界最古の三重塔
[見学時間 約40分]
聖徳太子の子である山背大兄王が創建。当初の姿を残すのは三重塔のみで、慶雲3(706)年頃の造立といわれている。高さは約24 m、初層・2層の柱間が3間、3層の柱間が2間という安定感が特徴。また寺の周辺にコスモスが咲くことでも有名。

法起寺

三重塔としては日本最古。日本の木造建築としては珍しい形式で造られており、安定感がある

筆者:mapple

エリア

 >  >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

×
×