>  >  >  >  >  > 

千葉【沖ノ島】で島遊び!美しい海に囲まれた無人島

まっぷるマガジン編集部

更新日:2021年4月21日

この記事をシェアしよう!

千葉【沖ノ島】で島遊び!美しい海に囲まれた無人島

一度に海と森の両方で遊べる無人島では、楽しい発見が盛りだくさん。海水浴や磯遊び、島内探検など、大人から子供まで楽しめるポイントを紹介。

千葉・館山湾の南側に位置する「沖ノ島」

美しい海に囲まれた歩いて渡れる無人島
館山湾の南側に位置する、周囲約1kmの小さな無人島。歩いて約30分で一周できる。海は透明度が高く、さまざまな生き物が生息。島へは砂浜を歩いて渡れる。

沖ノ島とは…
以前は沖合にある島だったが、関東大震災の隆起などにより陸続きとなった。タブノキなどの温暖帯の海岸林と、イソギンチャクなどの海岸動植物が共存する。サンゴの世界最北限地域でもある。

千葉・館山湾の南側に位置する「沖ノ島」

【千葉×沖ノ島】①小島と海水浴場が砂州でつながった「沖ノ島海水浴場」

沖ノ島と半島を結ぶ浜辺。海水の透明度が高く、夏には人気の海水浴場となる。海水浴場の開設期間は7月中旬~8月中旬。

【千葉×沖ノ島】①小島と海水浴場が砂州でつながった「沖ノ島海水浴場」

潮の流れがゆるやかなので小さな子供も安心。海水浴シーズンは家族連れで賑わう

沖ノ島海水浴場

住所
千葉県館山市富士見付近
交通
JR内房線館山駅から館山日東バス館山航空隊行きで12分、終点下車、徒歩25分
料金
協力金(1口)=500円/

【千葉×沖ノ島】②30mほどの小さな入り江「北の入り江と岩礁 」

30mほどの小さな入り江は、シュノーケリングのポイントとしてもおすすめだ。入り江の外は潮の流れが速いところもあるので注意しよう。

【千葉×沖ノ島】②30mほどの小さな入り江「北の入り江と岩礁 」

潮が引いたあとは、岩礁のあたりで磯遊びが楽しめる。珍しい生き物と出会えるかも

【千葉×沖ノ島】③磯遊びにぴったり「裏(西)の浜 (うら にし のはま)」

島の裏側は潮の流れが速く、波が押し寄せることもあるので遊泳には不向き。その代わり、貝殻やシーグラスが多く集まるので、磯遊びにはぴったり。

【千葉×沖ノ島】③磯遊びにぴったり「裏(西)の浜 (うら にし のはま)」

ここに茂るハマゴウは、葉を揉むと甘い香りが漂う。夏には青紫色の花が咲く

【千葉×沖ノ島】④戦時中に造られたといわれる「洞窟 」

戦時中に造られたといわれる洞窟は、全長10mほど。内部はいくつかの小部屋に分かれている。壁は地層のラインがはっきりとわかる。

【千葉×沖ノ島】⑤地域の発展を願う「宇賀明神 (うがみょうじん)」

嘉保3(1096)年に、この地域の発展を願って建てられたといわれる。裏には高さ18mにも及ぶ推定樹齢300年のご神木、タブノキがそびえている。

【千葉×沖ノ島】⑤地域の発展を願う「宇賀明神 (うがみょうじん)」

産業の神である倉稲魂命(うかのみたまのみこと)を祀る

沖ノ島

住所
千葉県館山市富士見
交通
JR内房線館山駅から館山日東バス館山航空隊行きで12分、終点下車、徒歩25分
料金
情報なし

【沖ノ島】千葉の自然の豊かさを実感できるエコツアーへ出発!

【沖ノ島のエコツアー】豊かな自然と美しい海を満喫「たてやま・海辺の鑑定団」

館山・沖ノ島の豊かな自然と美しい海を一緒に満喫しませんか?お待ちしています!
シュノーケリングや漂流物を使ったアクセサリー作り、沖ノ島の島内探検など、海の面白さを体験できるプログラムを実施。

たてやま・海辺の鑑定団

住所
千葉県館山市沖ノ島ほか
交通
JR内房線館山駅から館山日東バス館山航空隊行きで12分、終点下車、徒歩25分(沖ノ島での開催の場合)
料金
参加費(要問合せ)=1500円~/(体験、活動内容により異なる、要問合せ)

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください