トップ >  関東・甲信越 > 首都圏 > 内房 > 館山・南房総 > 千倉 > 

千葉の海カフェ 房総おすすめシーサイドカフェ8選

ブラックフィッシュ

更新日: 2024年2月21日

この記事をシェアしよう!

千葉の海カフェ 房総おすすめシーサイドカフェ8選

千葉・房総でのんびり過ごすなら、海沿いのカフェがおすすめです。
せっかくのお出かけなら、ドライブの休憩にロケーションにもこだわりたいですよね。

房総西南部にある館山は、海の透明度が高いと海水浴にも人気のエリアで、海風が心地よいすてきなカフェが集まっています。
ほかにも、千葉・房総には海を望む開放的なカフェがいっぱい!

館山を中心におすすめする、とっておきの海沿いのカフェをご紹介します!

千葉の海沿いカフェ:1.海を目の前にテラス席でまったり!「なぎさ食堂」(館山)

千葉の海沿いカフェ:1.海を目の前にテラス席でまったり!「なぎさ食堂」(館山)

「“渚の駅”たてやま」の2階に併設のカフェ&レストラン。
遮るもののない一面に広がる館山湾と開放的なテラス席が、旅気分を高めてくれます。

ロケーションだけでなく、地元の食材をたっぷり使ったメニューも魅力。朝獲れた地魚を使った海鮮メニューや地元産の野菜を存分に味わえるパスタなど、和洋の料理が楽しめます。

アフタヌーンティーなど、パティシエ特製のスイーツもありますよ。

千葉の海沿いカフェ:1.海を目の前にテラス席でまったり!「なぎさ食堂」(館山)

旬の地魚などがのった「海鮮丼特上」

千葉の海沿いカフェ:1.海を目の前にテラス席でまったり!「なぎさ食堂」(館山)

季節ごとの多彩なケーキとドリンクが選べる「ケーキセット」。14:30~16:30の限定メニュー

千葉の海沿いカフェ:1.海を目の前にテラス席でまったり!「なぎさ食堂」(館山)

大窓の店内からも海が眺められる。子連れでも入りやすい空間

館山なぎさ食堂

住所
千葉県館山市館山1564-1渚の駅たてやま
交通
JR内房線館山駅から徒歩15分
営業期間
通年
営業時間
朝食8:00~10:30、ランチ11:00~14:30、カフェ14:30~16:30
休業日
無休
料金
房総なめろう丼=1800円/

千葉の海沿いカフェ:2.館山湾と富士山を眺めながら ほっこりアジアンランチ「CAFE TSUMUGI」(館山)

千葉の海沿いカフェ:2.館山湾と富士山を眺めながら ほっこりアジアンランチ「CAFE TSUMUGI」(館山)

北条海岸近くのレトロなビルをリノベーションした一軒。時間がゆったり
流れているかのような静かな店内で、タイやベトナム、台湾などアジア各国の料理が味わえます。ベトナムプリンやベトナムぜんざいなど手づくりのスイーツも好評。

千葉の海沿いカフェ:2.館山湾と富士山を眺めながら ほっこりアジアンランチ「CAFE TSUMUGI」(館山)

「ナシゴレン」は辛みとうま味がクセになるインドネシア料理。スパイシーなサンバルソースも手作りするこだわりの一品。

千葉の海沿いカフェ:2.館山湾と富士山を眺めながら ほっこりアジアンランチ「CAFE TSUMUGI」(館山)

「ベトナムプリン・バインフラン」と「ロータスティ」。ベトナム製の食器もかわいい

CAFE TSUMUGI

住所
千葉県館山市館山1560-162階
交通
JR内房線館山駅から徒歩15分
営業期間
通年
営業時間
11:30~16:00(L.O.)
休業日
土曜、祝日(臨時休あり)
料金
ナシゴレン=850円/ベトナムプリン・バインフラン=450円/ロータスティ=400円/

千葉の海沿いカフェ:3.おしゃれな海沿いカフェと言えばこちら「SEA DAYS」(館山)

千葉の海沿いカフェ:3.おしゃれな海沿いカフェと言えばこちら「SEA DAYS」(館山)

通りを挟んで北条海岸が広がる海沿いのカフェ。
カフェとヨガなどのフィットネスクラブを兼ねた複合施設で、健康に配慮したグリーンスムージーやスイーツメニューも好評です。

木を多用したナチュラルでスタイリッシュな店内は、2階まで吹き抜けで居心地のいい空間。
海風を感じたいなら、屋上のテラス席やテイクアウトして海岸でくつろぐのもおすすめです。

千葉の海沿いカフェ:3.おしゃれな海沿いカフェと言えばこちら「SEA DAYS」(館山)

「グリーンスムージー(デトックス)」。ほかにも旬のフルーツや、葉野菜を使ったものなど全3種類ある

千葉の海沿いカフェ:3.おしゃれな海沿いカフェと言えばこちら「SEA DAYS」(館山)

遠くまで見渡せる屋上テラス席もある

SEA DAYS

住所
千葉県館山市北条2307-52
交通
JR内房線館山駅から徒歩5分
営業期間
通年
営業時間
10:00~20:30、土・日曜、祝日は~16:30
休業日
月曜、祝日の場合は営業
料金
グリーンスムージー=580~680円/アサイーボウル=860円/ドリップコーヒー=360円/

千葉の海沿いカフェ:4.海の町に佇む人気カフェ「TRAYCLE Market&Coffee」(館山)

千葉の海沿いカフェ:4.海の町に佇む人気カフェ「TRAYCLE Market&Coffee」(館山)

フェアトレードをコンセプトにした海沿いの人気カフェ。北条海岸からほど近く、2階席の窓側から海が眺められます。

地元食材を使った、見た目もかわいいおからマフィンは絶品!
6か国7種類から選べるフェアトレードコーヒーを、注文を受けてから1杯ずつハンドドリップして淹れてくれます。

建物は築100年ほどのかつて銀行として使われていたもので、レトロな空間がゆったりとした時間を演出してくれます。

 

千葉の海沿いカフェ:4.海の町に佇む人気カフェ「TRAYCLE Market&Coffee」(館山)

「おからマフィン」は日替わりで8~10種類から選べる

千葉の海沿いカフェ:4.海の町に佇む人気カフェ「TRAYCLE Market&Coffee」(館山)

オーナー夫婦が笑顔で迎えてくれる温かいお店。注文は1階カウンターで

千葉の海沿いカフェ:4.海の町に佇む人気カフェ「TRAYCLE Market&Coffee」(館山)

かつて銀行だった建物は国の有形文化財

TRAYCLE Market & Coffee

住所
千葉県館山市館山95-70
交通
JR内房線館山駅からタクシーで5分
営業期間
通年
営業時間
11:00~18:00(L.O.)、夜イベント開催時は~18:00(閉店)
休業日
月・火曜、祝日の場合は振替休あり
料金
フェアトレードコーヒー=280円~/おからマフィン(日替わり)=300円~(1個)/オーガニックオレンジジュース=300円/カフェラテ(ホット、アイス)=各360円/日替わりマフィン&野菜スープランチ(平日限定)=900円~/

千葉の海沿いカフェ:5.のどかな海景色を望む穴場カフェ「海の見えるカフェ ストロベリーポット」(千倉)

千葉の海沿いカフェ:5.のどかな海景色を望む穴場カフェ「海の見えるカフェ ストロベリーポット」(千倉)

地元の海女さんが営む海辺のカフェ。
眺めのいいオープンデッキでは、千倉ののどかな里山風景の先に青い海が広がります。

名物は千倉の天然天草を使ったみつまめやところてん。実はオーナーが自身で獲った天草を煮詰めて手作りしたもの。
ほかにも自家栽培しているコシヒカリ米が味わえるカレーや、自家製の青海苔などを使ったメニューもそろいます。

 

千葉の海沿いカフェ:5.のどかな海景色を望む穴場カフェ「海の見えるカフェ ストロベリーポット」(千倉)

「クリームあんみつ」。地元の海女さんが採ってきた天草を使ったところてんが入っている

海の見えるカフェストロベリーポット

住所
千葉県南房総市千倉町忽戸549-1
交通
JR内房線千倉駅から館山日東バス安房白浜行きで10分、忽戸下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
11:00~16:00(閉店)
休業日
火曜(5~9月、年末年始は臨時休あり)
料金
クリームあんみつ=550円/秋冬限定ガトーショコラ=450円/

千葉の海沿いカフェ:6.海さんぽの立ち寄りスポット「散歩カフェ」(千倉)

千葉の海沿いカフェ:6.海さんぽの立ち寄りスポット「散歩カフェ」(千倉)

「道の駅 ちくら・潮風王国」内にあるカフェ。
海を目の前にした施設で、店名の通り海辺のさんぽ途中に寄りたいお店です。

船や貝殻をモチーフにしたマリングッズが置かれた店内は、まるでサマーハウスのよう。
イートインするのもいいですが、海を感じたいならピザやスムージーなどをテイクアウトをして、広場でピクニックするのがおすすめ!

千葉の海沿いカフェ:6.海さんぽの立ち寄りスポット「散歩カフェ」(千倉)

カフェに隣接した広場。テラス席もあり海を目の前にピクニックできる

千葉の海沿いカフェ:6.海さんぽの立ち寄りスポット「散歩カフェ」(千倉)

白と青を基調にした爽やかな店内

千葉の海沿いカフェ:6.海さんぽの立ち寄りスポット「散歩カフェ」(千倉)

店内ではマリングッズの販売も

散歩カフェ

住所
千葉県南房総市千倉町千田1051潮風王国内
交通
JR内房線千倉駅から館山日東バス安房白浜行きで13分、七浦小学校前下車、徒歩10分
営業期間
通年
営業時間
8:30~16:30(閉店17:00)
休業日
水曜(GW・盆時期・年末年始は営業)
料金
ピザ=630円/ホットドッグ=350円/ソフトクリーム=380円/ブレンドコーヒー=340円/

千葉の海沿いカフェ:7.砂浜ビーチを望むくつろぎのカフェ「浜茶屋太海」(鴨川)

千葉の海沿いカフェ:7.砂浜ビーチを望むくつろぎのカフェ「浜茶屋太海」(鴨川)

太海海水浴場を目の前にした、穴場の海沿いカフェ。
常連や地元客が通うアットホームな雰囲気で、窓からは青いビーチと砂浜、仁右衛門島なの島々が広がります。

サップやカヤックなどのマリンアクティビティや、バーベキューなども用意。カフェ利用はもちろん、さまざまな楽しみ方ができますよ。

営業日・営業時間の詳細は公式ホームページで確認を。

【データ】
電話:080-3536-5516
住所:鴨川市太海浜252
アクセス:JR太海駅から徒歩5分
営業時間:10:00~17:00(春・秋期は11:00~16:00)
定休日:無休(春・秋期は平日休、冬期は予約のみ営業)
駐車場:5台

千葉の海沿いカフェ:7.砂浜ビーチを望むくつろぎのカフェ「浜茶屋太海」(鴨川)

イサキやヒラマサなど、鴨川でその日獲れた魚を使った「おさしみ唐揚げ」が名物

千葉の海沿いカフェ:7.砂浜ビーチを望むくつろぎのカフェ「浜茶屋太海」(鴨川)

カウンターでオーダー・会計を

リンク先での売上の一部が当サイトに還元される場合があります。
1 2

内房の新着記事

【浜金谷駅】ゴールデンウィーク暇すぎる人、絶対ここ行って!すぐ行けるおでかけスポット5選

ゴールデンウィークの予定を「まだ決めていない」という方へ、耳寄りな情報をお届けする今回の特集記事。 大型連休だからといって遠出をする必要はありません。本日は編集部厳選の、浜金谷駅周辺(徒歩20分...

山と高原地図2024年版は新刊「三浦・房総」が登場!

山と高原地図2024年度版、おかげさまで好評配信中です。 今年は新エリア「三浦・房総」がラインアップに加わって益々パワーアップ! 本ページでは商品の魅力をたんとご紹介します。...

千葉県の桜の名所・お花見スポットおすすめ10選-2024年はどこの桜を見に行く?

いよいよお花見シーズンの到来です。今年は全国的に平年並みか平年より早い開花となりそう。 今年は早いところで3月25日頃からお花見を楽しめそうです。この季節だけの特別な景色を楽しむために、事前に見ごろ...

千葉県市原市のゴルフ場を詳しく比較!初心者から上級者まで完全ガイド

千葉県市原市は、自然豊かな環境とアクセスの良さを兼ね備えた、初心者から上級者まで幅広く楽しめるゴルフ場が多数存在します。 本記事では、市原市のゴルフ場についてご紹介します。 これから市原市...

【関東・いちご狩り】たくさんの品種があるいちご!自分好みのいちごはどれかしら?関東でおすすめのいちご狩りスポット36選

いちご狩りのベストシーズンがやってきました! いちごは冬~GW頃まで長く収穫できますが、1月半ばから3月頃までが一番おいしい時期なのです。 今回は関東で楽しめるいちご狩りについての基本情報...

【千葉県・いちご狩り】たくさんの品種があるいちご!自分好みのいちごはどれかしら?千葉でおすすめのいちご狩りスポット9選

いちご狩りのベストシーズンがやってきました! いちごは冬~GW頃まで長く収穫できますが、1月半ばから3月頃までが一番おいしい時期なのです。 今回は千葉県で楽しめるいちご狩りについての基本情...

【千葉・初日の出2024】日の出時間やアクセスなど情報満載!千葉の初日の出スポットおすすめ5選

2024年の日の出は、新しい時代を照らすご来光です。新年はおめでたい初日の出を拝み、新たなスタートをきりましょう。今回はまっぷる編集部が厳選した初日の出スポットを中心に、千葉のおすすめの初日の出スポッ...

【関東・初詣2024】参拝時間やアクセス、例年の人出など情報満載!関東の初詣スポットおすすめ57選

新年の恒例行事と言えば初詣。正月三が日に参拝したり、おみくじをひいたり、破魔矢や絵馬を買い求めたりする人も多いと思います。この記事では、関東のおすすめ初詣スポットをご紹介します。どこへ初詣に行くか迷っ...

【千葉県・秋の味覚狩り】ブドウやナシ・サツマイモなど 収穫時期や品種の情報が満載!千葉のおすすめ味覚狩り9軒

2023年の千葉県のおすすめ果物狩りスポットをご紹介します。 収穫時期や収穫できる果物などから、お好みの果物狩りスポットを探すことができます。写真や体験内容、アクセスなども盛りだくさん。 ...

【千葉県・バーベキュースポット】「シーサイドでバーベキュー」「自然を感じる木立のなかのバーベキュー」「設備充実のスポット」など!トイレや屋根付きエリアの有無など情報盛りだくさん!千葉のおすすめBBQスポット10軒をご紹介!

2023年の千葉のおすすめのバーベキュースポットをご紹介します。 現地の写真や営業期間、アクセス、トイレや屋根付きエリアの有無など情報盛りだくさん。 ぜひ、参考にしてみてくださいね。...
もっと見る

※掲載の情報は取材時点のものです。お出かけの際は事前に最新の情報をご確認ください。

国内、海外を問わず、旅行系のメディアを制作するチーム。30年近くにわたって、旅行ガイドブックや旅雑誌などを制作し続けています。とくに箱根や千葉、新潟は、現地での広いネットワークを生かして多彩な情報を発信。各地をじっくりとめぐったからこそ見つけられた、知られざる穴場スポットも続々と発掘していきます。
さらに、それぞれ異なる趣味趣向を持ったメンバーが集まっていますので、多彩なジャンルの記事も手がけていく予定です!