>  >  >  >  >  > 

この記事の目次

【京都×カフェ】8.青き光に満たされた幻想的な“夜”の中へ「喫茶ソワレ」<四条河原町>

【京都×カフェ】8.青き光に満たされた幻想的な“夜”の中へ「喫茶ソワレ」<四条河原町>
ソワレといえばこちら。宝石のように輝くフルーツポンチ750円

高瀬川のほとりにあり、フランス語で「夕暮れ・素敵な夜」を表す店名がぴったりな昭和の名喫茶。BGMのない静かな室内を照らす青い光は、女性を美しく見せてくれるのだとか。

レトロな彫刻が浮かび上がり別世界のよう

喫茶ソワレ

住所
京都府京都市下京区西木屋町通四条上ル
交通
阪急京都線京都河原町駅から徒歩3分
料金
ゼリーポンチ=750円/ゼリーコーヒー=750円/ブレンドコーヒー=600円/

【京都×カフェ】9.豪華客船をイメージしたバロック調のサロン「きんせ旅館」<京都駅周辺>

【京都×カフェ】9.豪華客船をイメージしたバロック調のサロン「きんせ旅館」<京都駅周辺>
かつては芸術家たちが集うサロン的存在だった

江戸末期の元揚屋を当時のままの姿で活用した旅館&カフェ。オーナーの祖母により大正後期に改装された1階を現在カフェとして営業しています。大正ロマンの美しい意匠に包まれ、優雅な時間が過ごせます。

きんせ旅館

住所
京都府京都市下京区西新屋敷太夫町79

【京都×カフェ】10.喫茶ブームを先駆けた老舗の変わらぬ味「スマート珈琲店」<市役所周辺>

【京都×カフェ】10.喫茶ブームを先駆けた老舗の変わらぬ味「スマート珈琲店」<市役所周辺>
オーナーのおばあ様のレシピを受け継ぐホットケーキ700円

スイスの山小屋をイメージした落ち着いた喫茶。自家焙煎のブレンドコーヒーや2階の洋食ランチの変わらぬ味が創業以来愛され続けています。

床板やゆったりとした椅子が艶めく空間に人が絶えない

スマート珈琲店

住所
京都府京都市中京区寺町三条上ル
交通
地下鉄京都市役所前駅からすぐ
料金
フレンチトースト=700円・1200円(セット)/ホットケーキ=700円・1200円(セット)/スマートランチ=1200円/タマゴサンドウィッチ=750円/ブレンド珈琲=550円/プリン=600円/

【京都×カフェ】11.昔懐かしいのに新しいカラフルなクリームソーダ「喫茶ゾウ」<京都御所周辺>

【京都×カフェ】11.昔懐かしいのに新しいカラフルなクリームソーダ「喫茶ゾウ」<京都御所周辺>
ゾウのクッキーがかわいい。ブルーハワイ726円(右)、レモンスカッシュ682円(中)、ストロベリー726円(左)

2019年にオープンした、ゾウがトレードマークの昭和レトロな喫茶店。看板商品は乙女心をくすぐるクリームソーダ。かわいいゾウのクッキー付きを選んでSNS映えを狙いましょう。

純喫茶の趣そのままにほっこりくつろげるネオレトロ喫茶

喫茶ゾウ

住所
京都府京都市上京区三丁町440-3

【京都×カフェ】12. 京の季節を映し出す 宝石のような 琥珀のきらめき 「大極殿本舗六角店 甘味処 栖園」

【京都×カフェ】12. 京の季節を映し出す  宝石のような  琥珀のきらめき 「大極殿本舗六角店 甘味処 栖園」
手入れの行き届いた坪庭を眺められる和の空間

カステラの栖園として親しまれる、1885(明治18)年創業の菓子茶房。かき氷やもちもちのわらび餅をはじめ、甘味ファンをとりこにするのは月替わりの琥珀流し。坪庭を望む町家で季節感とともに味わいましょう。

閑静な街並みにとけ込む築140年の町家

■大極殿本舗六角店 甘味処 栖園
住所:京都市中京区六角通高倉東入南側
交通:地下鉄・烏丸御池駅から徒歩6分
電話:075-221-3311
時間:10:00〜17:00LO(販売は9:30〜18:30)
定休日:水曜
駐車場:なし

【京都×カフェ】13. 南フランスで3代続く味を 坪庭を眺めながらゆったりと 「La maison JOUVAUD 京都祇園店」<祇園>

【京都×カフェ】13. 南フランスで3代続く味を  坪庭を眺めながらゆったりと 「La maison JOUVAUD 京都祇園店」<祇園>
ブール・ショコラ(ドリンク付)2200円/ショコラボールにフルーツコンポートが隠されたデセール。熱々チョコをかけてどうぞ

プロヴァンスで1948(昭和23)年に創業した人気パティスリー。花街祇園に構える町家ののれんをくぐると、1階のブティックには南仏で親子3代が紡いできたケーキやショコラがずらりとならんでいます。

通りに面した格子からは光が回り込み、店内を照らす

■La maison JOUVAUD 京都祇園店
住所:京都市東山区大和大路新橋上ル元吉町71-5
交通:京阪・祇園四条駅から徒歩5分
電話:075-525-5211
時間:10:00~21:00(LO20:45)
定休日:無休
駐車場:なし

【京都×カフェ】14.乙女心をくすぐる和洋が調和したかざり羹「うめぞの茶房」<西陣>

【京都×カフェ】14.乙女心をくすぐる和洋が調和したかざり羹「うめぞの茶房」<西陣>
かざり羹 各350円~/餡を寒天とわらび粉で固め、なめらかな食感に。果物やハーブなど、遊び心ある組み合わせが楽しい

甘味で有名な「梅園」の姉妹店。看板スイーツは、こし餡を寒天とわらび粉で流し固めた「かざり羹」。カカオや抹茶、フランボワーズなどを定番に、季節の味を加えた8種類ほどがそろっています。

個性豊かな店が集まる鞍馬口通りにある

うめぞの茶房

住所
京都府京都市北区紫野東藤ノ森町11-1
交通
JR京都駅から市バス206系統千本通北大路バスターミナル行きで40分、大徳寺前下車、徒歩5分
料金
かざり羹カカオ=320円/こしあん=350円/
1 2 3 4 5

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください