トップ > 北海道 > 知床・阿寒・釧路・稚内 > 稚内・利尻・礼文 > 

利尻の移動手段

島に点在する観光名所をぐるっと網羅するなら、バスやスクーターがおすすめ。鴛泊港周辺にはいくつか見どころがあるのでレンタサイクルを利用するのもいい。

★定期観光バス

利尻の代表的なスポットをめぐる2コースがある。鴛泊フェリーターミナルから時計回りにめぐり、フェリー到着後15分ほどしか時間がない場合があるが、急げば乗り継ぎは可能だ。「利尻B」コースは利尻空港で降車も可能。
0163-84-2550(宗谷バス利尻営業所)

おもな定期観光バス
【利尻A・秀峰利尻富士めぐり】
■運行期間/5月上旬~9月(5月上旬~下旬は運休日あり)
■料金/3300円
■発車到着時刻/9:10→12:45(5月上旬・下旬は9:25→13:00)※鴛泊フェリーターミナル発着
■所要時間/3時間35分
鴛泊フェリーターミナル➡姫沼➡野塚展望台(車窓)➡資料館➡オタドマリ沼➡仙法志御崎公園➡人面岩・寝熊の岩(車窓)➡利尻空港(降車可能)➡鴛泊フェリーターミナル
※8~9月はコースが一部変更になる

【利尻B・利尻スポットめぐり】
■運行期間/6~9月
■料金/3100円
■発車到着時刻/14:25→17:05(鴛泊フェリーターミナル発着)
■所要時間/2時間40分
鴛泊フェリーターミナル➡野塚展望台(車窓)➡オタドマリ沼➡仙法志御崎公園➡人面岩・寝熊の岩(車窓)➡沓形岬公園➡鴛泊フェリーターミナル

★路線バス

一周できる利尻島をぐるっと網羅。沓形港から鴛泊港を経由するAコースと仙法志経由のBコースがある。観光スポットである姫沼へも行ける。4月下旬~10月は路線バスが1日乗り放題になる「1DAY乗車券」もある。
0163-84-2550(宗谷バス利尻営業所)

★レンタサイクル

鴛泊フェリーターミナル前にある「レンタルバイク 雪国」で貸し出し。マウンテンバイクやママチャリ、子ども用自転車があり、レンタル料は1時間400円。スクーターの貸し出しも行なう。50ccスクーター1時間1000円。
0163-82-1046(レンタルバイク雪国)

礼文の移動手段

スコトン岬や澄海岬など、島の広範囲をめぐるなら、バスやスクーターがおすすめ。桃岩展望台コースの入口まではフェリーターミナルから徒歩で行くことができる。

★定期観光バス

香深フェリーターミナルで発着し、島の北側にある澄海岬やスコトン岬へ行くコースがある。Aコースは映画のロケセットが残る「北のカナリアパーク」にも行けるのがうれしい(香深フェリーターミナルで途中降車可能)。
0163-86-1020(宗谷バス 礼文営業所)

おもな定期観光バス
【礼文A・夢の浮島礼文めぐり】
■運行期間/5月上旬~9月(5月上旬~下旬は運休日あり)
■料金/3300円
■発車到着時刻/8:35(5月上旬・下旬は8:40)→12:35※香深フェリーターミナル発着
■所要時間/4時間前後
香深フェリーターミナル➡西上泊・澄海岬➡スコトン岬➡桃台猫台➡香深フェリーターミナル(降車可能6~9月)➡北のカナリアパーク➡香深フェリーターミナル

【礼文B・礼文スポットめぐり】
■運行期間/6~9月
■料金/3100円
■発車到着時刻/14:05→16:30(香深フェリーターミナル発着)
■所要時間/2時間25分
香深フェリーターミナル➡西上泊・澄海岬➡スコトン岬➡香深フェリーターミナル

★路線バス

スコトン岬行きの路線バスや桃岩展望台コースの終着点の最寄りバス停がある知床方面を行き来する路線バスなどが運行。便数が少ないため時間は要確認。いずれも香深フェリーターミナルを経由する。
0163-86-1020(宗谷バス 礼文営業所)

★レンタサイクル

香深港フェリーターミナル前にある「Cat★Rock」で貸し出し。3段変速自転車(1時間500円)や電動アシスト付き自転車(1日貸切3000円)がある。スクーターの貸し出しもあり50ccスクーターは1時間1000円~。
090-7517-1095(Cat★Rock)

1 2

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください