コツまでわかる国内観光旅行情報サイト|マップルトラベルガイドコツまでわかる国内観光旅行情報サイト

×

 >  >  >  >  >  富山【高岡】人気おすすめスポット!見る、食べる、買う!

富山【高岡】人気おすすめスポット!見る、食べる、買う!

by mapple

更新日:2018年8月27日

雨晴海岸

白い砂浜と松林が続く景勝地
源義経が岩陰で雨宿りをし、雨が晴れるのを待ったという伝説から、この地名がついた。能登半島国定公園に位置づけられる世界有数の景勝地で、夏は海水浴客で賑わう。冬晴れの日に、富山湾越しに眺める立山連峰は絶景。

おくのほそ道の風景地「有磯海」として国の名勝にも指定された

高岡市万葉歴史館

万葉歌人・大伴家持と越中万葉の世界
「万葉集」をテーマにした全国初の専門施設。越中国守として赴任し、5年間の在任中に223首もの歌を詠んだ大伴家持と、越中万葉の世界を紹介。

グラフィックパネルと展示品でわかりやすく紹介。企画展も開催

高岡古城公園動物園

地元の子どもたちに人気のスポット
高岡古城公園内にある無料動物園。ペンギンコーナーでは、飼育員がペンギンに餌を与えるのを見学することができる。公園を散歩がてら、動物に会いにいこう。

広い公園の一画にある

フラミンゴやニホンザル、ウサギなどがお出迎え

吉宗

全国的に人気があるカレーうどん
つゆ代わりのカレールーと、ほどよくからみつく太麺の相性が抜群の「カレーうどん」が人気。囲炉裏風テーブルなど風情ある雰囲気も魅力。

予算
昼 900円 夜 900円

来客の8割以上が注文するカレーうどん900円

越中膳所 海の神山の神 高岡店

旬の味を豊富なメニューで楽しめる
高岡駅からすぐの海鮮居酒屋。千本格子や地場産の銅板などを配した店内で、富山ならではの旬の食材を使った料理を味わえる。刺身や焼魚、天ぷら、煮物など豊富なメニューが揃う。

予算
夜5000円

富山ならではの海の幸が楽しめる

菓子工房マルエ

富山名物を取り入れたご当地ラスク
お母さんの手作りのような優しい味わいの焼き菓子が充実。10種類のラスクは、高岡昆布百選のコンブラスクや、新湊白えびラスクなど、富山らしい味わいが揃う。

かわいらしい店内には、ラスクをはじめとした焼き菓子が並ぶ

新湊白えびラスク340円、コンブラスク300円。富山ならではの味

道の駅 万葉の里 高岡

県内中のおみやげが揃う
館内には観光・道路情報施設のほか、地元の名産・名品を約2000種取り揃えるおみやげコーナーなどがあり、多くの観光客や地元の人が訪れる。富山県が推奨する県内各地のカラーラーメン全8種が食べられ、白えびや昆布を使った料理も人気。

高岡ゆかりのドラえもんコーナーもある

カラーラーメン各800円~。高岡グリーンなど全8色

高岡のスイーツ&カフェ

COMMA,COFFEE STAND

さっくり焼きたてシュークリームが人気
土蔵づくりのまち・山町筋の一角に佇むおしゃれなカフェ。築100年以上の商家を改装した店内には、高岡市福岡町の特産「菅笠」など、地元への愛情を感じるアイテムが。地元食材にこだわったランチもおすすめ。

高岡産の卵を使った特製シュークリームを、農園や生産方法にこだわったコーヒーとともに。シュークリーム+ホットコーヒー800円

日替わりで登場する、リゾットやパスタのランチセット1180円

Café mimpi

心も体も元気になるカフェ
自家菜園や地元野菜を使ったベジスイーツが人気。季節によっていろんな味わいが楽しめる野菜&果物のベジタブルパフェが特におすすめだ。カウンター席から眺める古城公園の四季折々の姿も楽しみのひとつ。

野菜と果物のベジタブルパフェ890円

窓から古城公園の四季が楽しめる

merry* smile cafe

伝統工芸品の器で楽しむランチが人気
まちなかの空き家を再生させる“高岡まちっこプロジェクト”で誕生したカフェ。漆器やすず紙など高岡の伝統工芸品の器でランチを楽しめる。ビジネスをシェアする「シェアビズ」会員の企画やイベントも多数開催。

ナチュラルな雰囲気

高岡クラフト膳1000円。器も購入できる

三井アウトレットパーク 北陸小矢部

北陸みやげも買い物三昧
天候を気にせず快適に過ごせる屋内型のモールに、国内外の有名ブランドやスポーツブランドなど約170店舗が集結。観光客のニーズに応える北陸の特産品や、観光案内ブースも設置されている。

観覧車のゴンドラはショッピングバックの形をしている

ミュゼふくおかカメラ館

全国のカメラ好きが集まるミュージアム
カメラと写真・映像文化の魅力を伝えるミュージアム。国内外のクラシックカメラなどを収蔵・展示しているだけでなく、第一線で活躍する写真家の企画展なども開催。安藤忠雄氏が手掛けた建築にも注目だ。

年代、デザイン、生産国やメーカーなど様々な角度からカメラの魅力を伝える

旅ネタ! ドラえもんに会えるまち・高岡

高岡市はマンガ『ドラえもん』の作者で知られる藤子・F・不二雄氏の出身地。そのため、ドラえもんに会えるスポットが街に点在している。JR高岡駅北側の商業施設「ウイング・ウイング高岡」前の広場にはドラえもんに登場するキャラクター像12体が立ち並ぶ。おなじみの人気キャラクターたちとの記念撮影もおすすめだ。同施設2階には藤子・F・不二雄氏のまんがを読める市立図書館もある。

筆者:mapple

まっぷる富山 立山・黒部 五箇山・白川郷’19

発売日:2018年04月12日

Amazonで購入する

この記事の出典元は「まっぷる富山’19」です。掲載した内容は、2017年9月~2018年2月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には改めて事前にご確認ください。

エリア

 >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

×
×