>  >  >  >  >  島根【美保関】で人気!おすすめの観光・グルメスポット

島根【美保関】で人気!おすすめの観光・グルメスポット

島根【美保関】で人気!おすすめの観光・グルメスポット

島根半島の東端にある海岸沿いの景勝地で、縁結びで有名な美保神社が人気。中海に浮かぶ大根島は美しいボタンで知られ、島内の日本庭園由志園も観光名所。

美保神社

さまざまな縁を結ぶえびす様
本殿は大社造りを2棟並べた美保造りと呼ばれる珍しい建築様式。主祭神はミホツヒメノミコトと「えびす様」ことコトシロヌシノカミ。とくに仕事での縁結びにご利益があるほか、漁業、海運、商売繁盛の守り神として信仰されている。【見る】【神社】

美保神社

荘厳な雰囲気が漂う社殿

美保神社

全国各地にある「えびす様」の総本宮

美保神社

住所
島根県松江市美保関町美保関608
交通
JR松江駅から一畑バス美保関ターミナル行きで40分、終点で美保関コミュニティバス美保関行きに乗り換えて30分、終点下車、徒歩5分
営業期間
通年
営業時間
境内自由
休業日
無休
料金
情報なし

美保関灯台

山陰最古の白亜の灯台
島根半島最東端に立つ石造りの灯台で、明治31{hlb}(1898)年建造。高さ14m、水面からの高さ83mで世界歴史的灯台百選に選ばれている。【見る】【灯台】

美保関灯台

海の日と灯台記念日には内部が見学できる

美保関灯台

住所
島根県松江市美保関町美保関
交通
JR松江駅から一畑バス美保関ターミナル行きで40分、終点で美保関コミュニティバス美保関行きに乗り換えて30分、終点下車、タクシーで5分
営業期間
通年
営業時間
見学自由(外観のみ)
休業日
無休
料金
情報なし

青石畳通り

情緒あふれる古い町並みを歩く
美保神社から佛谷寺まで続く青石畳の道は、江戸時代に敷かれたもの。古い家並みと調和し、風情ある景観を造り出している。【見る】【町並み】

青石畳通り

約250mにわたって石畳が続く

青石畳通り

住所
島根県松江市美保関町美保関
交通
JR松江駅から一畑バス美保関ターミナル行きで40分、終点で美保関コミュニティバス美保関行きに乗り換えて30分、終点下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
情報なし
休業日
情報なし
料金
情報なし

牡丹庭園 大根島本陣

溶岩庭園にボタンが映える
溶岩庭園に2万本のボタンの花が咲く。県天然記念物の金魚「出雲ナンキン」の展示場もある。【見る】【庭園】

牡丹庭園 大根島本陣

出雲ナンキンや牡丹は購入も可能

牡丹庭園 大根島本陣

住所
島根県松江市八束町入江441-1
交通
JR松江駅から市営バス八束町中央行きで35分、田島下車、徒歩5分
営業期間
通年
営業時間
9:00~17:00(閉園、4・5月は8:00~18:00)
休業日
不定休
料金
入園料=無料/入園料(4月中旬~5月中旬)=500円/

味処・民宿 まつや

冬はカニ好きの常連客で賑わう
創業50年以上の民宿と食堂で、魚・カニ料理が地元で好評。日本海定食(2160円)がおすすめ。【食べる】【和食店】

味処・民宿 まつや

新鮮な海の幸が存分に楽しめる

味処・民宿 まつや

住所
島根県松江市美保関町森山716
交通
JR松江駅から一畑バス美保関ターミナル行きで40分、終点で美保関コミュニティバス美保関行きに乗り換えて13分、宇井下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
11:00~14:30(L.O.)、17:00~19:30(閉店20:30、材料がなくなり次第閉店、水曜は昼のみ)
休業日
日曜(GW休、盆時期休、年末年始休)
料金
日本海定食=2160円/まつや定食=2700円/松葉ガニ単品料理=2160円~/松葉ガニ定食=4320円/ 平均予算(昼):2000円, 平均予算(夜):2000円

メテオプラザ

美保関いん石で宇宙の神秘を探る
46億年前に誕生し6100万年もの間、宇宙を旅した美保関いん石を常設するミュージアムの他、サウナや浴場、リラックスルームがある。【見る】【複合施設】

メテオプラザ
メテオプラザ

民家を直撃したいん石

メテオプラザ

住所
島根県松江市美保関町七類3246-1
交通
JR松江駅から一畑バス美保関ターミナル行きで43分、終点で美保関コミュニティバス七類方面行きに乗り換えて23分、メテオプラザ下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
9:00~17:00(施設により異なる)
休業日
水曜、祝日の場合は翌日休(12月28日~翌1月1日休)
料金
ミュージアム=大人500円、中・高校生350円、小学生250円/温海水プール=大人410円、中学生300円、3歳以上200円/リラックスルーム1回(25分)=1020円/(障がい者半額)
筆者:まっぷるマガジン

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。

この記事の出典元は「まっぷる松江・出雲 石見銀山’19」です。掲載した内容は、2017年12月~2018年2月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には改めて事前にご確認ください。

この記事に関連するタグ

エリア

 >  >  >  >  > 
×