コツまでわかる国内観光旅行情報サイト|マップルトラベルガイドコツまでわかる国内観光旅行情報サイト

×

 >  >  >  >  >  石見銀山【銀山地区】史跡めぐり♪おすすめスポット!

石見銀山【銀山地区】史跡めぐり♪おすすめスポット!

by mapple

更新日:2018年9月15日

かつて銀の生産拠点として賑わったエリアで、最盛期には約20万人が住み、1万3000軒の住居があったと伝わる。現在は緑深い森の中に坑道跡や製錬所跡、寺社などが残り、往時の隆盛をしのばせる。

めぐり方NAVI

銀山公園から龍源寺間歩までは片道約2.3kmとロングコースなので、レンタサイクルが便利。行きはゆるい上り坂が続くため、電動サイクルで一気に龍源寺間歩まで行き、ゆっくり戻りながら観光するのがおすすめ。ベロタクシーもある。

レンタサイクル

料金
●普通自転車▶3時間500円(以降30分ごとに100円)
●電動自転車▶2時間700円(以降30分ごとに200円)

貸自転車 弥七

大森バス停の近くにある

レンタサイクル河村

電動四輪車もある

【これも便利】ベロタクシー石見銀山

自然にやさしい自転車タクシー。定員は大人2名、幼児1名。

龍源寺間歩

石見屈指のスケールを誇る代官所直営の大坑道跡
代官所直営の間歩「御直山」のひとつ。江戸時代前半に開発され、200年以上にわたり良質な銀や銅を産出した。全長約600mのうち157mを公開する。通り抜け用に設けられた新しい坑道には、石見銀山絵巻(写真)の一部を展示。

江戸時代前半に開発された大坑道跡。壁面にはノミの跡が当時のまま残る

小さな入り口から坑道の中へ

排水用として垂直に掘られた竪坑

 ↓ 徒歩5分

佐毘売山神社

製錬の神を祀る日本最大級の山神社
今も地元の人に「山神さん」の名で親しまれている鉱山の守り神で、15世紀中頃の創建と伝わる。100段の石段を上ると境内には本殿や拝殿などが建ち、山吹城跡の山容が見渡せる。

パワースポットとしても注目を集める

 ↓ 自転車5分

清水谷製錬所跡

明治時代の製錬技術を伝える近代化遺産
明治27(1894)年に起工し、翌1895年に完成。当時のお金にして約20万円の巨費を投じ、最先端の技術を駆使して作られた。しかし、利益が得られず、わずか1年半で閉鎖した。梅の名所としても知られる。

高さ33m、幅100m、8段の壮大な石垣は一見の価値あり

苔むした石垣が時の流れを感じさせる

 ↓ 自転車2分

【休憩スポット】喫茶やまぶき

店主自慢の自家製スイーツを味わいながらひと休み
銀山地区の中間付近にあるアットホームなカフェ。店主がサイフォンで入れる珈琲と地元のサツマイモを使った手作りスイーツが味わえる。さつま芋ドーナッツ(110円)はテイクアウトもできる。

スイートポテト(120円)とホットコーヒー(300円)

清水谷製錬所跡へ向う橋の近くにある

【時間があればここもオススメ】清水寺

銀山開発にかかわった領主や代官らの信仰を集めた真言宗の寺。推古天皇の時代に創建されたとの寺伝が残る。

創建時は仙ノ山の頂上にあったと伝わる

 ↓ 自転車3分

大久保長安の墓

シルバーラッシュをもたらした初代奉行の逆修墓
銀山川沿いの遊歩道からほど近く、大久保長安が自分の名から二文字とって建立した大安寺跡にある墓所。石見銀山で最大規模を誇る大久保間歩を開発し、黄金時代を築いた長安の墓碑と功績を記した紀功碑が立つ。

寺地内には100基以上の墓石が並ぶ

 ↓ 自転車3分

渡辺家住宅

武家住宅らしい造りが残る地役人の遺宅
江戸時代、銀山経営に携わった坂本家の住まい。文化8(1811)年に建てられた、銀山地区で唯一の地役人住宅の遺構でもある。土塀が囲む敷地内に、格式を感じさせる木造平屋(一部2階)の主屋と土蔵が並ぶ。国指定史跡。

式台付の玄関が格式の高さをうかがわせる

まだある!立ち寄りスポット

かおり本舗中村屋

銀山ゆかりの香りが楽しめる
龍源寺間歩の出口付近にある。銀山での酸欠防止に用いられていたと伝わる香木クロモジを、巾着に詰めた香り袋を販売する。

店内にはクロモジの香りが漂う

みやげに最適な香り袋は650円から

Café 住留

メニューもインテリアも地元色豊か
築100年の民家をモダンに改装。立派な梁が印象的な店内では、地元の篠原メタル工房のオブジェが目を楽しませる。3日間煮込んで作る牛すじトロトロハヤシが看板メニュー。

島根和牛を煮込んで作る牛すじトロトロハヤシ(850円)

レトロな風情が心地よい

筆者:mapple

まっぷる松江・出雲 石見銀山’19

発売日:2018年04月11日

Amazonで購入する

この記事の出典元は「まっぷる松江・出雲 石見銀山’19」です。掲載した内容は、2017年12月~2018年2月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には改めて事前にご確認ください。

エリア

 >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

×
×