おでかけ情報満載!「まっぷる」の観光旅行メディア|まっぷるトラベルガイド国内おでかけ情報満載!「まっぷる」の観光旅行メディア

×

 >  >  >  >  >  【マイントピア別子】鉱山跡地の観光スポット!

【マイントピア別子】鉱山跡地の観光スポット!

【マイントピア別子】鉱山跡地の観光スポット!

by mapple

更新日:2019年2月16日

マイントピア別子

別子銅山

足尾銅山、日立銅山と並ぶ日本三大銅山のひとつ。1691(元禄4)年に、住友家が採掘を開始。一時は世界最高の産銅量を誇るまでになり、山中には鉄道が敷かれ、銅山で働く人のために学校が作られた。産出量は通算65万トン、坑道の総延長は約700kmにもおよぶ。

別子銅山

東平貯鉱庫跡
第三通洞経由で運ばれてきた鉱石と新太平坑、東平を結ぶ太東索道から運ばれてきた鉱石を、一時的に貯蔵していた場所。

めぐり方アドバイス!

見学は移動含め約3時間
2つのゾーンは10kmほど離れた場所にあり、所要時間は車で約30分の距離。東平ゾーンへ続く道は細い山道で、悪天候時や冬期は通行止めになるので要注意。

定期観光バスあり
端出場ゾーン発着の、ガイド同行でめぐるお手軽バスツアーでの観光もおすすめ。所要は約2時間。

東平ゾーン 3~11月開園

鉱山遺構が残る東洋のマチュピチュ

かつて別子銅山の採鉱本部が置かれた標高約750mの山中にある。社宅や小学校、娯楽場などもあり、1968(昭和43)年に休止するまで鉱山町として賑わいをみせ、最盛期には約5000人が住んでいた。当時の施設の多くは取り壊されたが、索道基地跡などの鉱山関連施設は現存。見学しやすいよう、駐車場や遊歩道、トイレが整う。

東平歴史資料館

当時の町並みや学校の様子を再現したジオラマやパネルなどが展示されている。周囲には実際に使われていた坑道やレンガ造りの鉱山遺構が多く残されており、東平の歴史を学ぶことができる。

東平歴史資料館

まるで坑道のような造りの資料館

索道基地跡

東平ゾーンを象徴する遺構。東平と端出場を結ぶ主要輸送機関(リフト)で、鉱石運搬はもちろん、日用品や郵便、新聞もこの索道で運ばれた。

索道基地跡

インクライン跡

東平へ運ばれた物資は、傾斜21度、斜長95mのインクライン(傾斜面を走る軌道)を通じて荷揚げされていた。現在は、220段の階段になっている。

インクライン跡

旧第三変電所

1904(明治37)年に建てられた当時のままの姿が残る。赤レンガ造りで、外観のみ見学できる。

旧第三変電所

小マンプ(東平隧道)

鉱山鉄道のトンネル跡。当時の鉱山関連機械をはじめ、住民も利用した「かご電車」などの実物展示が並ぶ。

小マンプ(東平隧道)

端出場ゾーン

銅山をテーマにしたレジャー施設

1930(昭和5)年から閉山まで採鉱本部が置かれた場所に作られた銅山テーマパーク。約6万㎡の広大な敷地には、観光の拠点となるマイントピア本館をはじめ、銅山の歴史を学べる観光坑道、砂金採りや銅細工の体験施設などが点在。旧水力発電所などの産業遺産も見学できる。

端出場ゾーン

観光坑道までは鉄道で移動

端出場ゾーン

坑道内は夏でも涼しい

観光坑道

旧火薬庫を利用したアトラクション。坑道の入口までは、本館2階の「端出場駅」から、鉱山鉄道「別子1号」に乗って行こう。長さ333mの坑道内は歩いてめぐる。所要は約50分~1時間。入場料は1200円。

観光坑道

●江戸ゾーン
江戸時代の鉱山で働く人の様子や、銅ができるまでの流れを人形で再現。
音声が流れ迫力満点

観光坑道

●近代ゾーン
明治から昭和にかけての銅山の様子や人々の生活を巨大ジオラマで紹介。
ボタンを押すと人形が動く

観光坑道

●体験ゾーン(遊学ゾーン)
ドリルの穴あけ体験など、遊びながら鉱山について学ぶことができる。
子供に人気の索道ゴンドラ

砂金採り体験パーク

専用のパンニング皿で砂をすくい、純度100%の金を採る。採れた砂金は持ち帰ることができる。

砂金採り体験パーク

採った砂金をボトルに入れて、ストラップ(800円)にできる

マイントピア本館

ファミリーで楽しめる!

4階建ての館内には、レストランや温泉、売店などを備える。観光の拠点として利用しよう。

マイントピア本館

赤レンガ造りのマイントピア本館

売店

本館1階にある売店。銅細工をはじめ、菓子や雑貨、地酒など幅広く扱う。限定みやげは要チェック!

売店

銅山~たから~のRing 1296円

レストランもりの風

人気メニューは、別子銅山をイメージしたマチュピチュカレーや、旬の味覚が楽しめる。

レストランもりの風

別子銅山を表現したマチュピチュカレー950円

あかがねキッズパーク

温泉施設に併設。ベビーエリア(乳児用)、交流あそびエリア(低年齢用)、アクティブエリア(高年齢用)に分かれ、安心して遊ぶことができる。

別子温泉〜天空の湯〜

2016年4月にリニューアルした「マイントピア本館」4階の温泉施設。露天風呂と岩盤浴が各2種追加、キッズパークも併設され、家族連れで楽しめる温泉施設になっている。

別子温泉〜天空の湯〜

泡のカで・美肌効果や血行促進が期待できる炭酸泉・酸素泉(天然温泉)

筆者:mapple

まっぷる愛媛 松山・道後温泉 しまなみ海道’19

発売日:2018年10月09日

Amazonで購入する

エリア

 >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

×